使い放題のSIMはお得?騙されてはいけないその裏にあるデメリット

使い放題 sim

自宅などにあるインターネット回線。

これは無制限で使い放題のものが多く、サクサク動画が見られてとてもいいですよね。

一方スマホでは容量が決められており、使い放題ではないのが一般的でした。

しかし、最近の格安SIMでは使い放題プランがちらほら存在しています。

これで外でもyoutubeが見放題だ!

そう思うかもしれませんが、本当に自宅のWi-Fiのように使い放題なのでしょうか?

今回は格安SIMの使い放題プランがある会社を徹底比較し、疑問を紐解いていきましょう。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • 使い放題のSIMには欠点がある
  • youtubeなどのエンタメで容量を使う人にはBIGLOBEモバイルがおすすめ
  • 使い放題SIMで最安はロケットモバイルの神プラン
  • 使い放題のSIMでなくとも大容量プランを検討している人にはイオンモバイルがおすすめ

使い放題の格安SIMの大きなデメリットは回線速度が遅すぎる点

使い放題の格安SIMの大きなデメリットは回線速度が遅すぎる点

一見使い放題の格安SIMは値段だけ見ると、そこまで高くなくてメリットだらけじゃないかと思うかもしれませんが、大きなデメリットが存在します。

知らずに契約してしまうとがっかりしてしまうことになるので、しっかり把握した上で契約しましょう。

使い放題の格安SIMは回線速度が非常に遅いことが最大のデメリットになります。

逆にデータ容量を区切っているプランは高速データ通信と記載されている格安SIMもあり、高速データ通信は大手キャリアで言う普通のプランの回線になります。

例えば、高速データ通信プランと無制限プランどちらも扱うUQモバイルを例にして比較してみましょう。

使い放題の格安SIMの大きなデメリットは回線速度が遅すぎる点

UQモバイルはこちらのサービスはおすすめしていないのですが、データ高速プラン3Gで980円でデータ無制限プランで1980円となっています。

一見データ無制限プランでいいような気もしますが、通信速度の部分をご覧ください。

データ高速プランの方は受信最大225Mbps、送信最大は25Mbpsと表記されています。

一方でデータ無制限プランの方は送受信最大500kbpsとなっており、550分の1の回線速度が最大となっています。

この表記はあくまで目安なので実際に計測してみると数値は違うことが多いのですが、それにしても550分の1はさすがに遅いです。

UQモバイルのデータ高速プランの方を計測した実績がありますが、最低でも10Mbpsは出ていました。

最大でも500kbpsしかでないということはかなり遅いことがわかります。

また、この最大500kbpsという速度は回線が混んでいない時間帯や場所によってはyoutubeなどの動画がギリギリ視聴できる程度の回線速度です。

簡単に言えば速度制限を常に受けているような感覚です。

データ高速プランと無制限プランではこの違いが一番大きいと言えます。

また、今回はUQモバイルを比較対象として出しましたが、他のデータ無制限プランを提供している格安SIMも同じようなもので、無制限プランにすると一気に回線速度が落ちてしまいます。

自宅のWi-Fi環境のようにスムーズに動画が視聴できたり、アプリをダウンロードできるわけではないということですね。

ただ、すべての使い放題プランの格安SIMが低速であるわけではないようです。

下記でも紹介していますが、U-mobileの使い放題プランはLTEの高速回線を使用しており、一概に使い放題だから遅いというわけではないとの記載があります。

使い放題の格安SIMは契約しない方がいいのか?

使い放題の格安SIMは契約しない方がいいのか?

使い放題のプランは使い放題で残りのデータ容量を気にしなくてもいいというメリットの反面、速度が遅くなってしまうというデメリットがわかりました。

では次に使い放題の格安SIMは利用しない方がいいのか?と疑問に思う人も多いと思います。

使用用途によっては使い放題の格安SIMの方が向いている人もいます。

どんな人が使い放題の格安SIMが合うのか

どんな使い方をするかによって使い放題の格安SIMを契約するかどうかが変わってきます。

あくまでWi-Fi環境外での話なので、自宅やオフィスにWi-Fi環境がある方は外での使い道になります。

動画の閲覧をしない人

動画の視聴やアプリのダウンロード等のデータ容量を使うことをWi-Fi環境外でよく行う人には向いていません。

外でyoutubeを144p以上の高画質動画を閲覧することはもちろん、AbemaTV、U-NEXT、ネットフリックスなどの動画サービスを満足に見ることはできません。

動画のダウンロードにも時間がかかるため、外で仕事で使う動画をダウンロードしたり、友人から送られてきた動画をすぐに見ることができません。

Webページを頻繁に閲覧しない人

よく調べものをする方はWebページを閲覧する人が多いと思いますが、使い放題の格安SIMだとWebページの読み込みが遅くなってしまったりしてしまいます。

Webページは文字の多いページならば意外とサクサク見れるのですが、画像や動画がページ中に入れられている場合は遅れて表示されたりすることがあるようです。

マップの機能を使わない人

現在のスマホには元々マップ情報が閲覧できるアプリが標準装備されているスマホも多いですが、このマップは意外と回線速度がないとスムーズに使うことができません。

出張などで知らない土地に行くことが多い人等は、Wi-Fi環境外でこそ使用するメリットのあるこのマップの機能が使えないのが困るという方は使い放題の格安SIMは使わない方がいいでしょう。

音楽をブラウザ経由で聞いていない人

Apple Musicなどのブラウザから直接音楽をダウンロードしてきているようなサービスが最近は増えています。

しかし、この音楽でさえも使い放題の格安SIMはスムーズに聴くことができません。

音楽を聴くこと自体はできるのですが、止まることがある印象です。

LINEのトークや通話は通常通り使える

LINEのトークやスタンプ、通話に関しては高速データ通信時とさほど変わらない速度で送信が可能です。

通話もしっかりしていてクリーンに聞こえます。

しかし、画像や動画の送信となると遅くなってしまいます。

どこの格安SIMでも低速になれば大体使い放題

実際、どこの格安SIMでも元々契約しているデータ容量プランを使い切ってしまうと低速になるように設定されています。

データ容量プランを3GBで契約していて、その3GBを月の半ばくらいに使い切ってしまうとすると、残りの半月は使えないのかと言われればそうではありません。

低速で使えるように設定されており、しかも無制限で使うことができます。

低速の具体的な数値は格安SIMでは200kbpsが一般的です。

ちなみに大手キャリアでもこのシステムが採用されており、大手キャリアの場合は低速で128kbpsとなっております。

大手キャリアの通信制限の際よりも少し速い速度が設定されているようですね。

自分には使い放題プランが合っている!おすすめの使い放題格安SIM

自分には使い放題プランが合っている!おすすめの使い放題格安SIM

使い放題の格安SIMを利用するデメリットを理解した上で、自分には使い放題の格安SIMが合っているという人にはおすすめの使い放題の格安SIMをまとめています。

価格はかなり安くで設定されているものが多いので、データ高速プランが一切不要という方にはコスパがいいプランです。

U-mobile:使い放題なのに高速回線が使える格安SIM

自分には使い放題プランが合っている!おすすめの使い放題格安SIM

使い放題のプランはdocomo回線を利用しているU-mobile。

このU-mobileが素晴らしいのはLTEの高速回線が使い放題で使えるところ。

通信制限が起こるようですが、公式にはこの趣旨は記載されておりません。

当サイトで検証と行ったところ、大体3日で1G~3G程度使用すると速度が落ちてしまうようです。

LTE回線は保証されていないとの記載も見受けられるので、LTEが空いているときには使っていいけれども空いていないときには使えませんよと言った印象です。

当サイトの調査で使い放題で高速回線があるのはこのU-mobileだけでした。

U-mobileの料金プラン

U-mobileの料金プランは以下のようになっています。

自分には使い放題プランが合っている!おすすめの使い放題格安SIM

U-mobileの使い放題プランは低速でも600kbpsくらいは出るとの口コミもあり、通常の格安SIMの使い放題プランとは少し違うような印象を受けました。

低速にしても少し回線速度が速めの格安SIMを選びたい方にはおすすめの格安SIMとなっています。

U-mobileの公式ページ

https://umobile.jp/

ロケットモバイル神プラン:使い放題格安SIMで最安を誇る

自分には使い放題プランが合っている!おすすめの使い放題格安SIM

使い放題の格安SIMの中でも一番安いのがロケットモバイルの神プラン。

なんとデータ専用SIMで月額298円で使える優れもの。

音声通話SIMでも月額948円と千円以下。

回線速度は最大で200kbpsと一般的な格安SIMの制限速度並みになってしまいますが、データ高速プランが不要な人にとってはとても嬉しいプランとなっています。

ロケットモバイルの口コミ

しかし、200kbpsという数値は公式ロケットモバイルのページに記載されていたことで、実際にはもっと回線速度は出ているのではないか?と個人的に思い、Twitterの口コミを見ることにしました。

実際に使っているユーザーはどんな風に思っているのでしょうか?

人によっては案外そこまで遅いと感じていないようです。

iPhoneに元々入っているアプリであるFaceTimeも使えるとのことで、テレビ電話機能も十分使えているようです。

ここに記載していない他の口コミも調査していましたが、総合的に値段の割には良いという評価でした。

youtubeなどのエンタメを使い放題にしたい

youtubeなどのエンタメを使い放題にしたい

使用用途でyoutubeなどのエンタメを使うことがメインの人にはカウントフリーのオプションを付けることで、データフリーで使うことができるオプションを設けている格安SIMもあります。

カウントフリーオプションを付けることで安くなることもありますので、よく使うエンタメを確認しておくことも節約につながります。

カウントフリー機能とは

youtubeなどのエンタメを使い放題にしたい

カウントフリー機能は、あるアプリケーションのデータ容量が、使用したデータとして累積されず、自由にそのアプリケーションの通信量を気にせずに利用し放題のサービスを指します。

YouTubeも契約項目に含まれている場合が多く、カウントフリーによって、いくら動画を視聴してもかかったデータのキャッシュやデータの通信量が累積されません。

通信速度制限にかからずに、いくらでもエンタメを楽しめるサービスです。

BIGLOBE モバイル:回線速度も速くてカウントフリーがオプションで付けられる

youtubeなどのエンタメを使い放題にしたい

エンタメフリーのオプションが入っている格安SIMはBIGLOBE モバイル以外にも存在しますが、サービスの質の良さから、当サイトではBIGLOBE モバイル一択でおすすめしています。

回線速度も安定して速いのがこのBIGLOBE モバイル。

プランが豊富で幅広いユーザーに活用されています。

回線もauとdocomoから選べるので便利です。

BIGLOBE モバイルの料金プラン

BIGLOBE モバイルの料金プランは以下のようになっています。

youtubeなどのエンタメを使い放題にしたい

au回線を選ぶ場合はSMSオプションが最初から入っています。

docomo回線の場合はSMSありかなしで選べます。

SMSありの方は月額料金が120円高く設定されています。

都会の方でも高速回線であることが口コミで広がっているので大手キャリアの回線のキャパを広くとっているのかもしれません。

ユーザーが増えて過密してしまう前に契約しておくのもありだと思います。

エンタメフリーオプション

BIGLOBEモバイルに使い放題のプランはありませんが、エンタメオプションを付けることでデータフリーにすることができる格安SIMです。

エンタメオプションには下記のようなサービスが付属しており、下記のサービスを利用するにあたってデータ容量が消費されないメリットがあります。

動画配信 YouTube
AbemaTV
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信 Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spoti
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
電子書籍配信 dマガジン
dブック
その他のアプリ Facebook Messenger

例えばyoutubeを外でよく見る人にはエンタメオプションを付けることで、youtubeで使用された分のデータ容量は消費されないので、BIGLOBE モバイルの最低容量である3GBプランを契約したとしても、無制限に上記のサービスを利用することができます。

エンタメフリーオプションの価格は下記のようになっています。

youtubeなどのエンタメを使い放題にしたい

 

BIGLOBE公式ページ

https://www.biglobe.ne.jp/

使い放題ではないが高速で大容量のおすすめ格安SIM

使い放題ではないが高速で大容量のおすすめ格安SIM

使い放題プランにはデータ通信が低速になってしまうことがデメリットとして挙げられました。

データ低速は困る方やエンタメ以外でのデータ通信を使う方には、大容量のプランを提供している格安SIMを契約するしか方法がありません。

そこで、大容量のプランを提供している格安SIMをまとめました。

イオンモバイル:50GBプランまで存在する超大容量格安SIM

使い放題ではないが高速で大容量のおすすめ格安SIM

イオンが提供しているサービスです。

プランが豊富で50GBまでのデータ容量が用意されている格安SIMです。

回線速度も安定して速く、大手キャリアと並ぶくらい速い時間帯もあったりします。

50GBまで用意されている格安SIMはなかなかなく、その中でもイオンモバイルが一番おすすめです。

音声通話プランでの解約金や最低利用期間がないこともこの格安SIMの特徴で、もしサービスに不満があったり急遽解約したい事情がある場合なども安心して無料で解約ができます。

auとdocomo回線どちらにも対応しているのでSoftbankユーザー以外ならSIMロックを解除する必要がありません。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円
音声通話SIMプラン
音声500MBプラン 1130円
音声1GBプラン 1280円
音声2GBプラン 1380円
音声4GBプラン 1580円
音声6GBプラン 1980円
音声8GBプラン 2680円
音声12GBプラン 3280円
音声20GBプラン 4680円
音声30GBプラン 5680円
音声40GBプラン 6980円
音声50GBプラン 8980円

回線は別ですが、Softbank回線よりも速いとの口コミもあり、地域にもよると思いますがかなり速い回線速度をほこっているように感じます。

大容量プランを検討している人以外にもとてもおすすめの格安SIMとなっています。

イオンモバイルの公式ページ

https://aeonmobile.jp/

使い放題のSIMはお得?騙されてはいけないその裏にあるデメリットのまとめ

使い放題のSIMを契約することで思わぬデメリットの理解が深まったかと思います。

使用するデータ容量の消費方法によってはデータフリーで高速回線でエンタメを楽しめたり、使い放題でもLTEの高速回線が使用できるSIMも存在しました。

自分がどのような使用用途で格安SIMを使うかで契約するプランやサービスは変わってきます。

自分に合ったプランを選んで効率的に格安SIMを運用していきましょう。

この記事のまとめ
  • 使い放題のプランは回線速度の上限が遅く設定されている
  • 使い放題プランでもLTE回線を使いたいならU-mobile
  • youtubeなどのエンタメを利用するならBIGLOBEモバイル
  • 大容量を検討しているならイオンモバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です