【実証】格安SIMの通信速度は本当に遅いのか?口コミを調べてみた

格安SIM 遅い

格安SIMをこれから購入しようと考えていて、格安SIMが本当に遅いのか知りたい人や、今お使いの格安SIMの回線速度が遅いと感じる人が一定数います。

格安SIMを購入することで、毎月の固定費であるスマホ代が大手キャリアよりも5000円程度安くなることはとても大きなメリットですが、その反面で速度が遅くなってしまってストレスとなる場合には購入を断念する人もいるかと思います。

そこで今回は管理者の実体験と口コミを参考に、できるだけ回線速度の遅い格安SIMを選ばないようにランキング形式で最後にまとめています。

格安SIMの回線速度が遅いことを除けば最高の節約になりますから、是非参考にしていただければ幸いです。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • 格安SIMには回線速度が遅いSIMと速いSIMがある
  • 格安SIMは相互接続点(POI)が原因で回線速度が遅くなってしまう
  • たくさんの人がスマホを使っている時間帯、人口密度が高い場所は回線速度が遅くなりやすい
  • 大手キャリアから通信設備をたくさん借りている業者が回線速度は速い
  • 格安SIMの回線速度の速い順は、1位:Y!mobile、2位:イオンモバイル、3位:UQモバイル
データ専用SIMを検討しているならイオンモバイル
  • 格安SIM業界で1GB当たりの料金が最も安い!
  • 通信速度が他の格安SIMよりも速い!
  • docomo、au回線に対応!
  • 音声SIM、データSIMどちらも最低利用期間なし!

\業界最安値でコスパ最強の格安SIMを試す/

イオンモバイルはこちら

音声通話SIMを検討しているなら1番速いY!mobile
  • 格安SIM業界で1番通信速度が速い!
  • Softbank回線と自社回線を使っているので大手キャリア並みに速い!
  • 店舗もあるためサポート体制も万全!
  • 音声SIM、データSIMどちらも最低利用期間なし!

\爆速格安SIMで携帯代を安くする!/

Y!mobileはこちら

格安SIMの回線速度は本当に遅い?

格安SIMの回線速度は本当に遅い?

格安SIMは遅いと言われているけど本当に遅いのかな?と疑問に思った人は多いはずです。

今や格安SIM業者はかなりの数が進出しており、評判のいいSIMから評判の悪いSIMまで分けられるほどたくさんあります。

格安SIMの回線速度は遅いとよく言われていますが、格安SIMの中には回線速度が速いと言われているSIMも存在します。

では本当に格安SIMを使っている人で回線速度が速いと言っている人はいるのでしょうか。

今回は格安SIMの回線速度について、実際の口コミを参考にしていきましょう。

どうやら口コミでは格安SIMでも回線速度が速いという意見もあるので、すべての格安SIMが遅いというわけではなさそうです。

むしろ格安SIMで満足した回線速度で使えることもあるみたいなのでどの格安SIMを選ぶかも重要になってきそうですね。

速い格安SIMを選ぶにも、格安SIMの中でも回線速度には格差が生まれてしまうので、どの格安SIMの回線速度が速いのかを見極めて、自分に合った格安SIMを選ぶ必要があります。

格安SIMがどういった理由で回線速度が遅くなっているのか、またどのような条件で回線速度が遅くなってしまうのか気になる人は多いと思います。

では、今から気になる回線速度が遅くなる理由や条件について詳しく説明していきたいと思います。

格安SIMの回線速度が遅くなりがちな理由

格安SIMの回線速度が遅くなりがちな理由は、格安SIMの会社が大手キャリアの通信設備の一部を借りてユーザーに提供しているからです。

詳しく説明すると、私たちの格安SIMが備わったスマホは、相互接続点(POI)と呼ばれる所から大手キャリアの回線を使ってデータを受け取っています。

大手キャリアのSIMが備わったスマホの場合はあまり制限がなくPOIからデータを受け取ることができますが、格安SIMが備わったスマホはPOIによって受信できるデータ量が制限されてしまいます。

イメージとしては、格安SIM業者や大手キャリアの設備から送られてくるデータを、POIが中継して大手キャリアのSIMを利用している人にだけ優遇してデータを送り、格安SIMを利用している人には速度を制限するといった感じです。

このような理由で大手キャリアと格安SIMのデータを受け取る量、つまりは回線速度の差が生まれ、格安SIMの回線速度が遅くなるというわけです。

大手キャリアからの回線設備を借りている限り格安SIMは大手キャリアみたいな速い速度を実現するのは難しいでしょう。

ですが、それは基本的に格安SIMが背負っている宿命みたいなものなのなのであまり気にする必要はありません。

格安SIMの中で速いSIMを選ぶことでコスパのいい満足したSIMを選ぶことで、最高のパフォーマンスを出すことができるようになるでしょう。

実際に測定してわかった格安SIMの速度とおすすめの格安SIM

格安SIMは回線速度が遅くなる時間帯がある

現在様々な格安SIMが存在しますが、多くの格安SIMでは回線速度が遅くなる時間帯というものが存在します。

大手キャリアは自身が大きな通信設備を持っているので安定した回線速度で利用することができますが、格安SIMでは多くの場合が大手キャリアの一部を借りてきての通信なので、どうしても回線が混みあう時間帯ができてしまうのです。

回線速度が遅くなる時間帯は格安SIMごとに異なることもありますが、遅くなりやすい時間帯というものは存在します。

では具体的にどういった時間に回線速度が遅くなって、どういった時間に回線速度は速くなるのか気になるところです。

大体ですが、具体的には午前7~9時の通勤通学の時間帯、午後0~2時の昼休みの時間帯、午後9~11時の時間帯が遅くなりやすい印象です。

例えば、通勤通学の時間帯は学生や会社員が電車やバスでスマホを使っていて、昼休みの時間帯はランチとともにスマホを開いたりする人がいて、夜の時間帯は仕事や学校を終えた人がスマホのSNSを利用したりします。

三つの時間帯に共通していることはたくさんの人がスマホをさわっていて回線を利用しているということです。

どうやらたくさんの人が同じ時間帯にスマホを触ることで回線を利用する人も増え、回線速度に影響が出てしまうようですね。

これらの回線速度の遅さを避けたいならば人が回線を利用していない時間で使うこと

で改善されます。

もし快適な通信速度でスマホを使いたいのならば、人がスマホを利用してなさそうな時間帯で利用するのがよさそうです。

場所によっては回線速度が遅くなる

格安SIMではスマホを利用している場所によっても回線速度が遅くなってしまう場合もあるようです。

回線速度が遅くなってしまう例として、都市部や駅周辺などがあります。

都市部や駅周辺は基本的に人口が集中する場所であり、人口密度が高いせいか通信が混雑して回線速度が遅くなってしまいます。

そのほかにも、通信があまり届きそうにない場所なども回線速度は遅くなってしまうようです。

つまり、通信が混みあっていたり、届かなかったりするような場所が回線速度が遅くなる可能性が高いということになります。

周りの環境による回線速度の良し悪しはどうしようもないところがあるので、回線速度が遅いと感じたときは人が多い場所、回線が届かなさそうな場所を探して利用するのがよさそうです。

お使いの地域全体の回線速度が遅い場合もあるので、他の格安SIMに変えるというのも手です。

同じ回線だとしても他のSIMにすることで、改善されることも結構あります。

遅い格安SIMを選ばないようにする方法

遅い格安SIMを選ばないようにする方法

回線速度が遅い格安SIMを選ばないためには、大手キャリアから通信設備を多く借りているSIMを選ぶのがいいと思います。

格安SIMを利用している人の意見を見てみることで参考になりますので、実際に格安SIMユーザーの意見を見てみましょう。

「なんでこんなに回線速度の遅い格安SIMを選んでしまったんだ」と後悔していそう人はやはり多そうな印象が見受けられます。

中には、値段が安いからと格安SIMユーザーの中には通信速度は遅いものだと決めつけている人もいるようですね。

格安SIMの値段はどこも安く設定されているので、安い中で多少高い格安SIMを選んだとしても、回線速度が遅いSIMより速いSIMを選んだ方が得をします。

では、どうやって回線速度が遅くはないSIMを選ぶことができるのか疑問に思うと思います。

最初に言った通り、格安SIMの中で回線速度が遅いSIMを選ばないためには、大手キャリアの通信設備をたくさん借りているSIMを選ぶ必要があります。

しかし、格安SIMがどれほど大手キャリアから通信設備を借りているかわからないことがあると思います。

そんなときは単純に通信速度が安定して速い格安SIMを口コミから選ぶのが一番いい選択だと思います。

回線速度が速い時もあるけど極端に遅い時もあるというような格安SIMは、もしかすると大手キャリアから借りている通信設備が少ない可能性があります。

回線速度が安定して速いということは、結局は通信設備の規模が大きく回線が混みにくいということに繋がるというわけです。

ですので、大手キャリアから通信設備を多く借りているかどうかで判断して、その判断が無理なら安定して速い格安SIMを選ぶのがいいのではないかと思います。

回線速度が速い格安SIMランキング

回線速度が速い格安SIMランキング

回線速度のランキングを当サイトが厳選して作成しました。

使用する場所や格安SIMのユーザー数で速度が異なることがありますので、もしランキング上位のものをすでに使用していてその格安SIMが遅いと感じる場合は、次にランキングが高い格安SIMに変更するか、別回線に変更することで改善する可能性が高くなります。

1位 Y!mobile:回線速度が安定しており通話ユーザーにおすすめ

回線速度が速い格安SIMランキング

Y!mobileは自社回線とSoftbank回線を利用しているため、他の格安SIMに比べて回線速度が速いです。

他の格安SIMよりも値段的には少し高くなってしまいますが、それ以上のメリットがあるのもこのY!mobileです。

格安SIMの特徴である混雑時に回線速度が落ちてしまう特徴をうまく払拭したのがこのY!mobileです。

音声通話SIMでも最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金はかかりません。

かけ放題オプションも充実しており、Y!mobileは1500円のオプションで電話が無制限で使うことができます。

注意が必要なのは、Softbank回線も使っていますがSIMロックの解除はSoftbank端末でも必須なようです。

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの料金は下記になります。

回線速度が速い格安SIMランキング

他の格安SIMに比べて費用的には若干お高めですが、割引等も充実しているのもこの格安SIMのいいところ。

混雑時にイライラしたくない、安定した回線速度がいい方はY!mobileを使うことをおすすめします。

口コミも結構よくて、広い範囲で安定した回線速度が期待できるでしょう。

Y!mobileの公式ページ

https://www.ymobile.jp/

2位 イオンモバイル:回線速度が安定していてプランが多い

回線速度が速い格安SIMランキング

回線速度が二番目に速い格安SIMとして挙げられるのがイオンモバイルです。

イオンモバイルは大型ショッピングモールであるイオンが出している通信サービスです。

イオンモバイルには高速と低速の切り替えができる「イオンモバイル速度切り替え」があります。

回線をあまり使わないときは低速通信へ切り替え、回線を速く使いたいのであれば高速通信へ切り替えを行うことでデータを調節でき、自分に合わせての速度調節ができます。

さらに、イオンモバイルのコスパは格安SIMの中でもかなりいい方なのでおすすめです。

auとdocomo回線どちらにも対応しているのでSoftbankユーザー以外ならSIMロックを解除する必要がありません。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円
音声通話SIMプラン
音声500MBプラン 1130円
音声1GBプラン 1280円
音声2GBプラン 1380円
音声4GBプラン 1580円
音声6GBプラン 1980円
音声8GBプラン 2680円
音声12GBプラン 3280円
音声20GBプラン 4680円
音声30GBプラン 5680円
音声40GBプラン 6980円
音声50GBプラン 8980円

回線は別ですが、Softbank回線よりも速いとの口コミもあり、地域にもよると思いますがかなり速い回線速度をほこっているように感じます。

UQモバイルが合わなかった、docomoの端末を使っている、プランが多い方がいい人にはもってこいの格安SIMです。

イオンモバイルの公式ページ

https://aeonmobile.jp/

3位 UQ mobile:回線速度が速いと有名

回線速度が速い格安SIMランキング

回線速度が最も速い格安SIMとして挙げられるのがUQモバイルです。

UQモバイルはKDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社が提供する通信サービスです。

回線設備はauを利用しており、とても人気が高いサービスになっています。

通信速度の部門だけでなく格安SIMの総合満足度ランキングや、通話料金ランキングでも一位になっているので全体的に優秀なようですね。

どのくらい速い回線速度で快適に使えるか実際に自分のスマホで使ってみたい人もいるかと思います。

UQ mobileの料金プラン

UQ mobileの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ高速プラン(3GB) 980円
データ無制限プラン(無制限) 1980円
音声通話SIMプラン
データ高速+音声通話プラン(3GB) 1680円
データ無制限+音声通話プラン(無制限) 2680円

そんな人にはUQモバイルのSIMカードを体験できる15日間無料レンタルサービスの「Try UQ mobile」を試してみるのがいいと思います。

「Try UQ mobile」では、SIMカードをわざわざ購入しなくてもUQモバイルのSIMカードをレンタルして自分のスマホで試すことができます。

せっかく無料でUQモバイルSIMを体験できますし、どのくらい速い回線速度で自分のスマホを使うことができるのか試してみるといいでしょう。

口コミを見てもUQモバイルは速いようです。

一番最初に試すならUQモバイルがいいでしょう。

UQモバイルの公式ページ

https://www.uqwimax.jp/

まとめ:格安SIMの通信速度は本当に遅いのか?口コミを調べてみた

今回は格安SIMの回線速度が本当に遅いのかどうか口コミを参考に調べました。

口コミでは格安SIMでも十分に回線速度が速いという人もいれば、自分が利用している格安SIM業者の回線速度に不満を持っている人までいました。

格安SIMは回線速度が遅いと言われていますが、格安SIMには回線速度が遅いSIMと速いSIMに分かれるので、今回紹介したような、できるだけ回線速度が速いSIMを選ぶのがいいです。

格安SIMは大手キャリアと比べてかなり安くで利用できるため、格安SIMの中で節約して安い格安SIMを使おうとする意味はあまりありません。

ですので、格安SIMは料金で選ぶより回線速度が速いもので選ぶ方が結果的にはお得になるということがわかりました。

今回の内容についてまとめると

  • 格安SIMには回線速度が速いSIMと遅いSIMがある
  • 格安SIMは相互接続点(POI)が通信量を制限するため回線速度は遅くなる
  • 通勤通学の時間、お昼休みの時間、仕事・学校終わりの時間帯は特に回線速度は遅くなりやすい
  • 人口密度が高い場所は通信速度が遅くなりやすい
  • 遅い回線速度の格安SIMを選ばないためには、大手キャリアから通信設備を多く借りている格安SIMを選ぶと良い
  • 回線速度が速い速度ランキングは、1位:Y!mobile、2位:イオンモバイル、3位:UQモバイルである

何も考えないで格安SIMと契約すると、口コミでもあったように回線速度で後悔することがあるかもしれません。

そうならないためにも、今回紹介した内容を踏まえた上で自分に合った格安SIMを見つけていきましょう。

当サイト厳選通信速度が速く、コスパが良い格安SIM

データ専用SIMおすすめ

イオンモバイル【docomo,au】:https://aeonmobile.jp/

BIGLOBEモバイル【docomo,au】:https://www.biglobe.ne.jp/

音声通話SIMおすすめ

Y!mobile【Softbank,自社回線】:https://www.ymobile.jp/

UQモバイル【au】:https://www.uqwimax.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です