イオンモバイルは格安SIMの中で1番優秀!?口コミをまとめてみた

イオンモバイルの契約を検討しているけどイオンモバイルって実際どうなんだろう?

本当に格安SIMはイオンモバイルでいいのだろうか?

そんな疑問を持つ方に今回イオンモバイルについてもっと深堀していこうと思います。

当サイトではイオンモバイルを強く推しています。

それにはそれ相応の理由があり、他の格安SIMと優れている点や劣っている点を細かく解説していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • イオンモバイルは最強のコスパを持っている
  • 回線速度がかなり速く大手キャリアにも負けない
  • イオンモバイルの良い口コミが多数ありユーザー満足度がかなり高い
  • イオンモバイルはau、docomo回線に対応している

イオンモバイル

イオンモバイルの公式サイトはこちら

\当サイトでも激推し!!/

最低利用期間無しイオンモバイルを試してみる

イオンモバイルの格安SIMとは?

イオンモバイルの格安SIMとは?

イオンモバイルを始めて知った方も多いと思います。

イオンモバイルはイオンモールのグループ会社であるイオンリテール株式会社が提供しているサービスです。

格安SIMブームの火付け役となったとも言われているこのイオンモバイルですが、他にはどんな特徴があるのか?

紐解いてイオンモバイルの格安SIMについて簡単に説明します。

イオンモバイルの要点

・イオンモバイルの料金プラン
・イオンモバイルのキャンペーン
・イオンモバイルの特徴

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの公式サイトが公開している現在の料金プランです。

イオンモバイルは料金プランも他の格安SIMよりも安くで抑えられており、業界最安値の水準です。

データ専用SIM

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円

音声通話SIM

音声通話SIMプラン
音声500MBプラン 1130円
音声1GBプラン 1280円
音声2GBプラン 1380円
音声4GBプラン 1580円
音声6GBプラン 1980円
音声8GBプラン 2680円
音声12GBプラン 3280円
音声20GBプラン 4680円
音声30GBプラン 5680円
音声40GBプラン 6980円
音声50GBプラン 8980円

イオンモバイルのキャンペーン

現在行われているイオンモバイルのキャンペーンは以下です。

最新スマホをゲット!フォロー&リツイートキャンペーン
イオンモバイルの公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートでHUAWEI nova 5Tが合計9名さまに当たります!

期間:2019年11月29日~2020年1月13日

スマホ代節約で出費分カバー!キャンペーン
イオンモバイル回線に他社からお乗り換え&月額料金をイオンマークのカードでのお支払いで5,000WAONポイントプレゼント!

期間:2019年11月8日~2020年1月13日

やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー
イオンモバイル60歳以上のお客さま対象!お得なオプションが付いた、やさしいスマホサービスがスタート!

期間:2019年9月6日~

イオンモバイルご紹介キャンペーン
あなたのご家族・ご友人にイオンモバイルを紹介しよう!紹介した人・された人に1GBクーポンをプレゼント!

期間:無期限

イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン
イオン店舗にて2016年2月25日以前にご契約のお客さま対象!イオンスマホからイオンモバイルに乗り換えていただくと、SIMカード代金(事務手数料相当額)が1円&3,000WAONポイントプレゼント!

期間:2017年12月8日~

イオンモバイルの特徴

格安SIMは30社以上の会社が現在参入しており、サービスを公開しています。

そのたくさんの格安SIMにはそれぞれ特徴があり、イオンモバイルにはどのような特徴があるのか記載していきます。

回線速度が速い

イオンモバイルは回線速度が落ちがちで不安定な格安SIMの中でも、安定していて速い回線速度を誇っています。

当サイトではイオンモバイルの回線速度を実際に測定し、他の格安SIMと比較していきます。

まずはわかりやすいように他社の格安SIMと比較してみましょう。

イオンモバイルの格安SIMとは? イオンモバイルの格安SIMとは? イオンモバイルの格安SIMとは?

※東京の一部の地域で測定を行いましたので場所によっては測定結果が異なる可能性があります。
※計測は2019年12月に行いました。

時間帯によって、回線速度に差が出る格安SIMも多い印象です。

以下がイオンモバイルの朝、昼、夜の回線速度です。

イオンモバイルの格安SIMとは?

朝の通勤ラッシュの時間帯でもイオンモバイルは安定した回線速度をほこっています。

イオンモバイルの格安SIMとは? イオンモバイルの格安SIMとは?

混雑している時間帯でも安定した回線速度をほこっているので、1日を通して回線速度が安定している珍しい格安SIMです。

\回線速度がかなり速い!/

イオンモバイルはこちら

月額料金が安い

上記の料金プランを見ていただければわかると思いますが、月額料金が他の格安SIMに比べても安いです。

この価格帯は格安SIMの中でも最安値水準ですので、毎月の固定費を抑えたい人にはうってつけの格安SIMとなっています。

イオンモバイルはそこまで他の格安SIMに比べてそこまで広告を打っておらず、イオンモール内での宣伝を行っているため月額料金を抑えることができています。

イオンモバイルを知らない人も多いので、知る人ぞ知る格安SIMとなっています。

au、docomo回線に対応している

イオンモバイルはauとdocomoの回線に対応していて、どちらも料金は同じで設定されています。

回線の違いは現在お使いの端末がau、docomoいずれかのキャリアに属しているならば、その端末のSIMロックを解除することなくそのまま使うことができます。

他にも、電波の入りにくい場所に自宅があったりする場合には回線を2つから選ぶことができるので、電波の入りやすい方を選んで運用していけるメリットもあります。

最低利用期間が設定されていない

通常、データ専用SIMは他の格安SIMの会社では最低利用期間が設定されておらず、いつでも無料で解約ができるのですが、音声通話SIMに関しては最低利用期間を設けている格安SIMが多いです。

最低利用期間内に解約をしてしまうと解約金という形で数千円取られてしまうのが一般的ですが、イオンモバイルでは音声通話SIMでも最低利用期間を設けておらず、いつでも無料で解約ができます。

他の格安SIMよりもイオンモバイルが頭一つ抜けています。

店舗が多い

格安SIM業界はWebでの契約が一般的であり、店舗にかかる固定費(人件費、店舗運営費など)を削減して価格を抑えています。

イオンモバイルは大手ショッピングモールのイオンのグループ会社、イオンリテールが運営を行っているサービスで、イオンの中の1ブース内で運営を行っています。

通常の携帯電話会社のキャリアだと1から店舗の建設、居ぬき物件でも改装からしなくてはならないわけですが、イオンモバイルはショッピングモールのブースという形で簡易的で日本全国に店舗を作ることができます。

通常の店舗で数百万~数千万円かかる初期費用が他の格安SIMよりも格段に安く抑えられていますので、料金も一般的な格安SIMよりも安く抑えられていることが予想されます。

サポート体制も店舗があることで充実しております。

イオンモバイルの良い口コミや評判

イオンモバイルの良い口コミや評判

イオンモバイルの良い口コミや評判をまとめました。

様々な良い点がありましたのでカテゴリごとにわけて記載していきます。

今回はTwitterの口コミを参考にしています。

Twitterの口コミは実際に利用しているユーザーがリアルタイムでツイートを行っているので、直近の利用状況がわかり、信憑性があります。

良い口コミの要点

・回線速度が速い
・プランがかなり多い
・音声通話SIMの最低利用期間が設定されていない
・低速・高速で回線速度が切り替えられる
・全国のイオンモールで契約と解約が可能

\良い口コミ多数!/

イオンモバイルはこちら

イオンモバイルは回線速度が速い

イオンモバイルはとにかく回線速度が速いと有名な格安SIMで、大手キャリアよりも速い時間帯もあるとのことで人気があります。

通常の格安SIMは朝の通勤ラッシュの時間や昼休憩でみんなが使う混雑時には回線速度がかなり落ちてしまうというデータがある中、混雑時でも安定した回線速度を出せることが記録されています。

格安SIMに一番重要なのは大手キャリアにも負けないくらいの回線速度と言っても過言ではないので、回線速度が速い格安SIMはたくさんある格安SIMの中でも人気が高くなることは当然のことです。

回線速度に関するTwitterでの口コミ

やはりTwitterの口コミを見ても回線速度は速いようです。

格安SIMは大手キャリアの通信設備の一部を借りて運用しているわけですので、回線速度は格安SIMが借りている通信設備の大きさとユーザーの多さに比例します。

回線速度は速いので借りている通信設備は大きいはずです。

あとはユーザーの多さですが、他社に比べてそこまで広告を打っている印象でもないので知る人ぞ知る格安SIMなのではないでしょうか。

イオンモバイルはプランが多く価格が安い

イオンモバイルはプランが多くて価格が他の格安SIMと比べてお手頃です。

ここで言うプランとは申し込みの際に選ぶデータ容量のことです。

プランが多いと選択肢が増えるので他社でありがちな、「本当は8GBプランがほしいけど、一番近いのが6GBプランで次が12GBプランなので6GBで節約して使うか12GBプランを契約して余るけれども使うしかない。。。」ということが少なくなります。

自分に合ったデータ容量を細かく区切られたたくさんのプランから選ぶことができるのは案外大きなメリットです。

下記がイオンモバイルのプランになります。音声通話プランもありますが、今回はデータ専用プランのみ記載しています。

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円

1GB~50GBまでとライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーに対応できます。

10個のプランがある格安SIMはかなり珍しく、顧客満足度も高いようです。

プランに関するTwitterでの口コミ

プランが多いことはユーザーからも便利なようです。

プランは実際に使ってからというよりも最初に決断する部分なので、そこまで口コミは多くなかったのですが、格安SIMを検討しているユーザーは口コミを残しているように見えました。

データ専用SIMはもちろん、音声通話SIMの最低利用期間が設定されていない

格安SIMは基本的にデータ専用SIMの最低利用期間が設定されていないことが多いです。

音声通話SIMに関しては最低利用期間を設定している格安SIMが多く、6か月や12か月の間に解約すると数千円取られてしまうケースが多いです。

しかし、このイオンモバイルはデータ専用SIM、音声通話SIM共に最低利用期間を設定していない珍しい格安SIMとなっているので、いつでも無料で解約することができることはメリットが大きい部分です。

最低利用期間に関するTwitterでの口コミ

格安SIMは場所によって通信速度がかわったりするため、最初はテスト的な意味も込めて運用しだす人も多いようです。

そこでダメだった場合は最低利用期間が6か月や12か月とある格安SIMは解約金を支払わなければならないか、もしくは嫌々最低利用期間が設定されていないを終えるまで使い切らなければなりませんので、選びにくいですよね。

音声通話SIMの最低利用期間が設定されていないことはユーザーから見てもメリットが大きいようです。

低速回線と高速回線で切り替えができる

データ容量の使い過ぎをユーザー自身が制限できる切り替え機能。

大手キャリアでもこの手のサービスはありますが、イオンモバイルにもついており、こちらもなかなかの反響があります。

筆者自身そこまでこの切り替えサービスは使わないのですが、この切り替え機能がない格安SIMもありますので、使っている人からすれば結構重要なところ。

イオンモバイルには専用のアプリが開発されており、この切り替えが行えることはもちろんのこと、現在の回線速度まで出してくれる優れものです。

低速回線と高速回線の切り替え機能に関するTwitterでの口コミ

この切り替え機能があるだけでイオンモバイルに決定する人も多いようで、なかなか重要な機能であることはユーザーの口コミからもわかります。

全国のイオンで契約、解約が可能

イオンモバイルはイオングループが出しているサービスなのでお近くのイオン店頭で契約や解約ができます。

もし、不安な点などがあればイオンに直接足を運ぶことで店員さんから細かい話が聞けますし、安心できます。

しかし、これは実体験なのですが、店員さんから話を聞くと様々なオプションを勧められますのでうまく断れる人向けと言ってもよいです。

この辺は大手キャリアと同じです。

イオンモバイルの店舗に関するTwitterでの口コミ

ちょっとネットに疎い人は店舗があるだけでも安心できます。

店舗で契約してもネットで契約しても価格は変わりませんが、店員さんのオプションの話もあるので、ネットから契約することを基本的にはおすすめします。

イオンモバイルの悪い口コミや評判

イオンモバイルの悪い口コミや評判

上記でイオンモバイルの良い口コミや評判をまとめました。

しかし、口コミは良いものばかりではなく、悪い口コミも存在します。

Twitterからのリアルな口コミを元にイオンモバイルのデメリットを記載していきます。

悪い口コミの要点

・MNP転出料金が高い
・未成年者やクレジットカードを持っていない方はイオンモバイルの契約ができない
・解約がWeb上からできない
・解約方法に関するTwitterでの口コミ

MNP転出料金が高い

MNP転出とは、携帯電話会社を変更した場合に電話番号はそのままで、変更後の大手キャリアや格安SIMで変更前と同じ電話番号を利用できるサービスです。

MNPの転出を行わなければ新しい電話番号が発行されてしまいますので、以前使っていた電話番号を使いたい場合にはMNP転出が必要となります。

MNP転出には現在利用している携帯会社とこれから利用する予定の携帯会社で手続きが必要です。

図解もご用意しておりますのでご覧ください。

イオンモバイルの悪い口コミや評判

イオンモバイルではこのMNP転出の費用が高いです。

具体的な費用についてはイオンモバイル契約日から90日以内なら15000円。契約日から91日以降ならば3000円となっています。

確かに15000円というのは高いように思います。

大手キャリアのdocomoと比較した場合、この手数料は2000円なので91日以降だとしても1000円ほど高い値段になります。

他格安SIMでもMNP転出料金は3000円程度なので、大手キャリアよりは1000円高いですが、一般的な料金価格帯と言えるでしょう。

イオンモバイルのMNP転出料金が高いと言われているのは、契約日から90日以内に電話番号の乗り換えをした際にのみ起こることです。

一般的に90日以内に電話番号の移行が必要な契約を破棄することはあまり行われませんから、そこまで気にしなくてもいいとは思います。

イオンモバイルには音声通話SIMの最低利用期間が設定されていませんが、電話番号の引き継ぎが必要な人には実質、90日間の最低利用期間が設定されていると考えるべきでしょう。

MNP転出に関するTwitterでの口コミ

そもそもイオンモバイルは満足度が高いのでMNP転出で他の携帯会社に移行する人は少なかった印象です。

さすがに15000円はやりすぎな気もしますが、3か月だけ契約しておけば3000円に大幅に値下がりするので無理に解約する必要はなさそうです。

未成年者やクレジットカードを持っていない方はイオンモバイルの契約ができない

イオンモバイルを契約するためには、本人確認書類とクレジットカードが必須となります。

本人確認書類は以下のようになっています。

・運転免許証
・日本国パスポート
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住証明書
など

イオンモバイルでは未成年者(20歳未満)の方は契約ができません。

20歳未満でイオンモバイルを契約したい場合には保護者にお願いして、代わりに本人確認書類などの提出をすることで契約ができます。

格安SIMでの支払い方法はクレジットカードが主に採用されており、口座振替やデビットカードに対応している格安SIMはそこまで多くありません。

イオンモバイルでも支払い方法はクレジットカードを採用しているので、クレジットカードを持っていない方は契約自体できませんのでご注意ください。

未成年者の契約拒否や支払い方法に関するTwitterでの口コミ

未成年の口コミはそこまでなかったのですが、クレジットカードに関しては様々な意見が飛び交っているように見えました。

中でもクレジットカードを持たない派の人は嫌々クレジットカードを契約することになりますので、何気にストレスとなるでしょう。

ただ、インターネットが普及してきた現代で、クレジットカードを1枚持っておくと決済の手間が格段に減るので、1枚くらいは持っておくのがいいのではないでしょうか。

他にもクレジットカードには有効期限がありますから、その有効期限が切れてイオンモバイルから通知が来ていたりすることもあるようです。

解約がWeb上からできない

イオンモバイルでは他の格安SIMと違い、Web上からの解約ができません。

電話と店舗でのみ対応しています。

Web上からできないのも珍しいですが、フリーダイアルの電話で行うことができるので、そこまで手間ではありません。

イオンモバイルの悪い口コミや評判

電話の場合は平日だけでなく、土日もやっていて年中無休ですが、時間帯が少し短い印象なので時間には気を付ける必要がありそうです。

解約方法に関するTwitterでの口コミ

解約の際はICCID(識別番号)を口頭で言わなければならず、これを用意していない場合は手間取るようです。

このICCIDはWeb上からも確認できますが、SIMカードの裏面やSIMカードが取り付けられていた台紙にも記載されています。

解約の場合はこれを事前に用意しているとスムーズに解約することができます。

イオンモバイルはこちら

イオンモバイルはどんな人におすすめなの?

イオンモバイルはどんな人におすすめなの?

ではイオンモバイルはどんな人におすすめなのでしょうか。

イオンモバイルはコスパの良さや回線速度の速さから、大抵の方にはおすすめできる格安SIMです。

わかりやすいように他の格安SIMとも比較しながら見ていきましょう。

イオンモバイルはどんな人におすすめなのか

・速い回線速度を求める方
・料金を抑えたい方
・サポートを求める方

回線速度を求める方

イオンモバイルの回線速度は速いと明記しましたが、イオンモバイルよりも回線速度が速い格安SIMは存在します。

それがUQモバイルです。

UQモバイルはau回線を使用しており、格安SIMの中で一番回線速度が速い格安SIMだと言われており、当サイトでも実際に速度計測を行った結果、UQモバイルが1番回線速度が良かった結果があります。

※場所や時間帯によって回線速度は変わります。

ただ、こちらのUQモバイルはデータ専用SIMのプランが弱く、3GBのプランしかありません。

電話も兼用して使える音声通話SIMであればプランが多く、使い勝手もいいのですが、3GBプランだけとなると少ないと感じる人も多いのではないでしょうか。

回線速度1位のUQモバイルに比べ、イオンモバイルは回線速度2位の実績を誇っています。

イオンモバイルはデータ専用SIMでも1GB~50GBと幅広いプランを用意していますので、回線速度の速いデータ専用SIMを使いたい方や音声通話SIMでも細かいプランを設定したい方におすすめできます。

安い料金プランで運用したい方

イオンモバイルは回線速度が速いにも関わらず、かなり安いです。

何か裏があるのでは?と思うくらい安いですが、当サイトで調べつくして実際に契約までしてみましたがしっかりしていてとても満足しています。

実は格安SIMの中で節約することは当サイトではおすすめしておりません。

その理由として、安かろう悪かろうの商品も実際に格安SIMの中にはあるからです。

具体的に話すと、安くて回線速度が遅く、使い物にならない。といった例が挙げられます。

格安SIMは大手キャリアの通信設備の一部を借りてサービスを提供しているので、昼などのみんなが使う混雑時には回線速度が遅くなってしまうデメリットがあります。

大抵の格安SIMはこの混雑時に遅くなってしまうのですが、イオンモバイルは混雑時でも安定した回線速度をほこっています。

値段の安さに説明がつかないほどサービスの質がいいのでとてもおすすめできます。

サポートを求める方

格安SIMはWeb上のみで契約まで完了することが一般的です。

しかし、イオンモバイルは全国のイオンモールにブースが用意されておりますので、そこで契約ができます。

店員さんと話し合ってから決めたい方にはおすすめです。

大手キャリアと同じ形態なので、オプションの追加を勧められると思います。

推しに弱い方はそこまで難しくはありませんので、Web上で完結させることをおすすめします。

\格安SIM業界最安値水準!/

イオンモバイルはこちら

【まとめ】イオンモバイルの口コミと評価!

今回はイオンモバイルについて詳しく解説していきました。

口コミもかなり良く、これ以上ないコスパで素晴らしい格安SIMということがわかりました。

格安SIMを検討している方には是非使っていただきたい格安SIMとなっています。

格安だと言っても失敗はしたくないですからね。。。

今回の内容をまとめると、

  • イオンモバイルはコスパ最強
  • かなり回線速度が速い
  • 音声通話SIMの最低利用期間が設定されていない
  • 口コミもかなり良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です