【2020年3月最新】イオンモバイルのキャンペーンは期待外れ?

イオンモバイル キャンペーン

イオンモバイルは格安SIMの中でも通信速度が速く、1GB当たりの料金が安いことからコスパ最強の格安SIMと言われています。

これからイオンモバイルを契約する人へもっとお得にイオンモバイルを契約する方法として、キャンペーンが挙げれらます。

イオンモバイルに限らず、格安SIMではキャンペーンがしばしば開催されており、うまく使うことで初期費用を抑えられたり、月額料金の割引があったりとメリットがたくさんあります。

そこで今回はイオンモバイルのキャンペーンについて解説していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • イオンモバイルのキャンペーンは音声通話SIM対象
  • イオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れている
  • 格安SIMのキャンペーンは力を入れている会社でもそこまでメリットにはならない
  • イオンモバイルのユーザー満足度はかなり高い
  • コスパ最強はイオンモバイル以外にはない

\業界最安値でコスパ最強の格安SIMを試す/

イオンモバイルはこちら

【2020年3月最新】イオンモバイルの現在開催されているキャンペーン一覧

イオンモバイルの現在開催されている キャンペーン一覧

イオンモバイルの最新のキャンペーン情報を解説しています。

3年学割:25歳以下の方に適応

イオンモバイルの現在開催されているキャンペーン一覧

イオンモバイルを新規で申し込む25歳以下の方に適応されるキャンペーンです。

音声通話SIMの4GB、6GB、8GBの3つのプランで4か月間月額料金が割引になり、3年間は毎月1GBデータ容量がプラスされるキャンペーンとなっています。

注意が必要なのはこちらは音声通話SIMの割引なので、データ専用SIMには適応されません。

イオンでんわ10分かけ放題

イオンモバイルの現在開催されているキャンペーン一覧

イオンモバイルの音声通話SIMにはイオンでんわというオプションが毎月850円で付けられます。

10分の間なら何回電話をかけても無料になるオプションですが、こちらが4か月の間は300円になり、通常よりも毎月550円割引になります。

乗り換え初期費用1円キャンペーン

イオンモバイルの現在開催されているキャンペーン一覧

大手キャリアや他の格安SIMから電話番号を引き継いで乗り換えがしたい場合には手数料が3,000円程度発生します。

しかし、イオンモバイルのキャンペーンではその費用を1円でしてくれるキャンペーンを行っており、初期費用を大幅にカットできます。

端末購入で5,000WAONポイント

イオンモバイルの現在開催されているキャンペーン一覧

イオンモバイルで対象の端末を購入するとイオングループで使えるWAONの電子マネーが5,000ポイントプレゼントされるキャンペーンです。

イオンモバイルで販売している端末はHUAWEI等の安さ重視の端末をそろえているので、android端末を使っていてそろそろ他の端末に機種変更したい場合などにはおすすめです。

ここで売られている端末はSIMフリースマホなので、SIMロックの解除も必要ありませんし、分割払いでの購入もできるので、大手キャリアと同じような契約ができます。

\業界最安値でコスパ最強の格安SIMを試す/

イオンモバイルはこちら

イオンモバイルはキャンペーンに力を入れていない?

イオンモバイルはキャンペーンに力を入れていない?

イオンモバイルは他の格安SIMに比べてそこまでキャンペーンに力を入れていないように見えます。

他の格安SIMのキャンペーンと比較してみました。

格安SIM キャンペーン キャンペーンおすすめ度
イオンモバイル ・イオンモバイルご紹介キャンペーン(紹介した人、紹介された人にそれぞれ1GBクーポンプレゼント)

・他社からの乗り換え、指定端末購入で5,000WAONポイント

他社からの乗り換えで、指定端末まで買わないと5,000WAONポイントがもらえないのでお得度が低いです。

UQmobile ・キャッシュバックキャンペーン(新規契約で3,000円)
・データ増量キャンペーン(最大13か月間、スマホのデータ容量が+3GB/月増量)
・UQ学割(18歳以下ならスマホプランが月額980円~(13か月間〈UQ家族割適用時〉)

格安SIMでは珍しくキャッシュバックキャンペーンがあり、現金がもらえるのは直接的にお得度を感じることができます。また、auのサブキャリアだけに、大手キャリア並みの割引プランが豊富です。
ワイモバイル ・ワイモバ学割(5歳~18歳の方、スマホベーシックプランM/Rの基本料から最大13か月割引)

・新規契約または他社からののりかえ(MNP)の方データ増量無料キャンペーン(データ増量オプションの月額料が1年間無料)

・60歳以上国内通話がかけ放題の「スーパーだれとでも定額」の月額料が無料
・YouTube Premiumが3か月無料でお試し


学割など大手キャリア同様の割引プランが多いです。また、ソフトバンクのサブキャリアだけに、PayPayの還元率アップなど、ソフトバンクグループの特典も多くあり、お得度が高いです。
mineo ・端末購入者プレゼントキャンペーン(mineo端末購入者に最大3,000円分の電子マネープレゼント)

・月額基本料金6カ月800円割引+データ容量1GB増量キャンペーン

・みんな無料で使い放題!パケット放題祭り開催!(mineoスイッチONで最大500kbpsの通信速度で使い放題となるパケット放題サービス)


端末購入者プレゼントキャンペーンは、iPhoneXRやXperia Ace、AQUOS sense3 plus SH-M11といった最新人気機種も含まれているので、格安SIM申込と同時にスマホも新しくしたい人にはおすすめ!
楽天モバイル ・楽天ひかり(光回線)とセット申込で、最大38,000円キャッシュバック

・楽天市場の買い物が楽天ポイント2倍キャンペーン(楽天モバイル通話SIM利用)

・スマホ大特価キャンペーン((例)Galaxy A7 23,000円~など)

・楽天ミュージック最大90日間無料+継続利用で900ポイントプレゼントキャンペーン

・友達紹介キャンペーン(一人紹介につき最大3,000ポイントプレゼント)


楽天グループならではの、楽天関連サービス絡みのキャンペーンが多いです。また、友達紹介キャンペーンは一人につき最大3,000ポイント更に紹介されたほうも最大1,000ポイントもらえるので、より多くの人を紹介できるとかなり高額ポイントが手に入ります。
IIJmio ・新規で音声SIMと対象端末を同時に申込の方、すでにIIJmio音声SIMを利用中で対象端末をお申し込みの方「選べるe-GIFT」(選べるギフト券)をプレゼント
新規申込でも、SIMカードのみではキャンペーン対象外で、対象端末の購入も必要のため、キャンペーンを得るにはややハードルが高いです。
BIGLOBEモバイル ・6か月間音声通話SIMプラン1,200円/月割引

・エンタメフリーオプション最大6か月無料

・自宅訪問設定出張サービス料 無料

・スマホと音声通話SIMをセットで購入端末割引特典


スマホと音声通話SIMを同時に申し込むことで、端末料金が実質1円(ポイント還元)ASUSZenFone Live (L1) (ZA550KL)のものもあり、分割払い可なのでより安いスマホにしたい人におすすめです。スマホの設定を自宅でやってくれる出張サービス無料は他社ではあまり見ないキャンペーンであり、スマホ操作に自信がないスマホ初心者にはもってこいではないでしょうか。
LINE mobile ・音声通話SIM申込の方、スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン

・学生応援キャンペーン(5,000ポイント)

・冬の格安スマホSALE(例)OPPO AX7 9,800円~

・招待URLから家族、友達が加入すると、LINEポイント最大3,000ポイント進呈×紹介した人数分


LINEなどSNSが使い放題(ギガ消費なし)のコミュニケーションフリープランが845円/月(3GB)と6か月間半額になるなど特に学生などにお得なキャンペーンが充実しています。付与はLINEポイントもしくはLINE PAYになるため、特にLINEヘビーユーザーは使い勝手が良いです。
nuroモバイル ・音声通話付きプラン最大3か月間0円(無料)

キャンペーンとしては、音声通話付きプラン最大3か月間0円(無料)しかないものの、最大3か月0円(無料)になるのは大きな魅力です。
例えば、Lプラン(13GB)では、月額3,400円のため、実質1万円以上割引となりお得度が高くなっています。

QTモバイル ・対象のスマホを購入で、抽選で10,000円プレゼント

・QTモバイル学割キャンペーン(指定の人気機種が大幅割引可能)

・BBIQ光インターネットとのセットで、対象スマホ10%キャッシュバック

・友達紹介特典(紹介者および友達へそれぞれ商品券2,000円分プレゼント)

キャンペーンは豊富にあるものの、抽選のものや光回線とのセット割などもあり、そこまでお得度は高くないように思えます。

ただ、友達紹介キャンペーンは、紹介をする人、される人両方に1人につき2,000円の商品券がもらえるので魅力的ではないでしょうか。

hi-ho モバイル ・全プラン初月無料キャンペーン

全プラン初月無料キャンペーンしかありませんが、hi-ho モバイル(SIMプラン)では解約の際の違約金は発生しない(縛りがない)ため、試しに作ってみるのも良いのではないでしょうか。

ヤマダニューモバイル ・即日受け取り可能店舗限定!事務手数料3,000円無料

・利用開始月の月額基本料が無料!

・人気のオプションが最大1ヶ月無料!(マカフィーモバイルセキュリティ、あんしんバックアップ、こども見守りセキュリティ、あんしん遠隔サポート、こども安心ブロッカー、つながる端末保証)

・毎月の通話料を1%還元(ヤマダポイント)

ヤマダ電機が運営している格安SIMだけに、近くにヤマダ電機があるなど、実店舗が近くにある人はよくお得を感じるキャンペーンが多いです。

OCN モバイル ONE ・人気のスマホセール

・あんしんモバイルパックダブルお得キャンペーン(お得な割引・優待サービス「えらべる倶楽部forOCN」が3か月利用可能+あんしんモバイルパックが3か月無料)

・OCN モバイル ONE SIMカード追加手数料無料キャンペーン

かなり魅力を感じるようなキャンペーンはなし。

HISモバイル ・海外通信SIMカード「変なSIM」プレゼント!

・利用量に応じて1,000~10,000円バック!(国内通話ビタッ!プラン、NTTドコモ 100MB~30GB国内通話ビタッ!プラン ソフトバンク 100MB~30GB)※価格.com経由申込者限定

海外で使用ができる、「変なSIM」本体(税別1,980円相当)が無料でもらえるので、海外旅行が多い人にはおすすめです。

このようにイオンモバイルは他の格安SIMと比べてもキャンペーンに力を入れていないように見えます。

しかし、イオンモバイルは他の格安SIMにないメリットがたくさんあります。

イオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れている

イオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れている

キャンペーンにはそこまで力を入れていないイオンモバイル。

他の格安SIMはキャンペーンを積極的に行っているのにも関わらず、なぜイオンモバイルはそこまでキャンペーンが魅力的ではないのか?

それはイオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れているからです。

格安SIM業界でも値段が安くプランが豊富

イオンモバイルは他の格安SIMと比べてもかなり価格が安く、プランがとても豊富です。

例えば、キャンペーンに力を入れているUQモバイルの料金を見てみるとわかります。

イオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れている

UQモバイルは3GB、9GB、14GBしかプランがなく、1,980~3,980円の料金となっているのに対し、イオンモバイルは以下です。

イオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れている

イオンモバイルの音声通話SIMは全部で12個のプランがあり、細かく使用するデータ容量に応じてプランを選べます。

さらに価格もUQモバイルが3GBで1,980円としているところをイオンモバイルは4GBで1,580円です。

同じデータ容量のプランがなかったので比較しにくいですが、これでも毎月400円の差が出ます。

どちらも音声プランでサービス内容は大きく変わりません。

たった400円ですが、1年経てば5,000円程度の開きが出てしまいます。

UQモバイルはキャンペーンを適応させることで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、半年以上格安SIMを使うのであれば、キャンペーンなしのイオンモバイルの方が安いことになります。

キャンペーンに力を入れている格安SIMでも3,000円程度のキャッシュバックしかないので、格安SIMにおいてキャンペーンをそこまで重視する必要はないのかなと言った印象です。

通信速度が速い

イオンモバイルは他の格安SIMと比べても通信速度が速い格安SIMであると人気です。

格安SIMは大手キャリアの通信設備の一部を借りて運営を行っていますが、どれだけの通信設備の幅を借りられるかでその格安SIMの通信速度が変わります。

イオンモバイルはキャンペーン以外のところに力を入れている

上記の図は大手キャリアと格安SIMの関係を表したものですが、格安SIM会社Aと格安SIM会社Bでは、通信ができる幅が異なっているのがわかります。

格安SIMは大手キャリアにお金を払って借りているので、イオンモバイルはキャンペーンに使うお金をこの通信設備に充てていると推測ができます。

他にも、イオンモバイルは他の格安SIMに比べて多額の費用がかかる広告をそこまで打たないので、その分、月額利用料金を抑えてユーザーに還元したり、通信設備に投資しているようです。

実店舗が全国各地にある

イオンモバイルは全国のイオンの一部のブースを借りた店舗があります。

イオンのグループ会社が行っているサービスなので、店舗をローコストで出すことができます。

ネットで契約からサポートまで完結させる格安SIMは店舗があることの方が少ないですが、実店舗があるとサポートが柔軟にできます。

何かわからないことがあったり、困ったときに店舗に持って行くことができれば早期解決につながります。

全国のイオンに備え付けられているので、都会だけに店舗が数個ある程度の他の格安SIMと比べてもメリットとなります。

イオンモバイルのキャンペーンは期待外れ?まとめ

今回はイオンモバイルのキャンペーンの解説になりました。

イオンモバイルはキャンペーンにそこまで力を入れていませんが、他の部分に力を入れていることがわかりました。

格安SIMは名前の通り、安さが売りなのでキャンペーンに力を入れているところでもそこまで大きなメリットにはなりません。

そのため、中途半端にキャンペーンを謳うよりもイオンモバイルのようにキャンペーン以外の部分に力を入れることで、ユーザーの満足度を上げる経営方針は素晴らしいです。

格安でキャンペーンがあっても、通信速度が遅い格安SIMは山ほどありますし、サポートが遅いところもあります。

今回の記事を読んでイオンモバイルの良さをさらに知ってもらい、イオンモバイルを検討している人の背中を後押しできる内容になっていれば幸いです。

\業界最安値でコスパ最強の格安SIMを試す/

イオンモバイルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です