やめておいた方がいい?SPEEDIA光のスペックや概要を徹底解説

SPEEDIA光という光回線を聞いたことがあるでしょうか。

当サイトの管理者も様々な光回線を調べてより良い光回線を紹介しているのですが、SPEEDIA光という光回線は初めて耳にしました。

今回はSPEEDIA光についてスペックや概要を解説していきます。

SPEEDIA光を検討している人向けに今回は調査して他の光回線と比較した上で、結論を出していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • SPEEDIA光は有名な光回線ではない
  • SPEEDIA光はキャッシュバックやスマホセット割がない
  • SPEEDIA光の価格はフレッツ光よりも若干安いがSo-net光プラスよりも高い
  • SPEEDIA光を選ぶなら同じサービス内容で月額1,000円安いSo-net光プラスがおすすめ
So-net光プラスを導入する人へのメリット
  • 光回線業界で最安の月額料金!
  • NTT回線を利用しているので全国的に対応している!
  • 光コラボで工事費が無料になるケースも!
  • auユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される!

\業界最安値の光回線を契約する

So-net光プラスはこちら

SPEEDIA光とはどんな光回線なのか?

SPEEDIA光とはどんな光回線なのか?

SPEEDIA光はNTT回線を利用した光回線で、全国的に対応している光回線です。

運営している会社は株式会社スピーディアという会社で宮城県の仙台市を本社としている会社です。

SPEEDIA光を運営している会社情報

SPEEDIA光を運営している会社の情報を調べました。

会社名 株式会社スピーディア
代表 並里 武裕(なみさと たけひろ)
所在地 仙台本社
〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-9-1
仙台トラストタワー7F( 仙台駅西口より徒歩10分 )
神楽坂オフィス
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-5
龍公亭ビル 4F
連絡先 TEL 022-723-0570
FAX 022-723-0571
設立 2001年4月24日
資本金 1億4,700万円
営業時間 月曜~金曜 9:00~17:00

事業内容として、今回解説しているSPEEDIA光を取り扱う業務を主要業務として扱っているようです。

他にもネットワーク系のインフラ整備などの事業を展開しています。

資本金の額は会社の規模を表しており、案外大きな会社です。

SPEEDIA光のスペックは?

SPEEDIA光のスペックは?

SPEEDIA光の通信速度、価格等のスペックを表にしてまとめました。

SPEEDIA光のスペック
月額【戸建て】 4,990円(税別)
月額【マンション】 3,990円(税別)
ひかり電話 500円(税別)
キャッシュバック額 無し
通信速度 下り最大1Gbps/上り最大1Gbps
工事費 18,000円(税別)
スマホ割 無し
契約期間 2年間(自動更新)
提供エリア 全国
メリット ・全国的に対応している
・光コラボが使える
デメリット ・キャッシュバックが一切ない
・スマホ割が適応されない
おすすめする人
当サイトおすすめ度
おすすめ度
(1.0)

NTT回線を使っていることもあり、全国対応していて光コラボも使えます。

通信速度もNTT回線と同じく1Gbpsが最大通信速度となっています。

NTT回線からの転用であれば工事費はかかりません。

その一方で光回線特有のキャッシュバックがなく、スマホ割も適応されないので月額料金がそのままのしかかってくるようなイメージです。

NTT回線を利用している光回線はSPEEDIA光の他にも多数存在し、キャッシュバックもなく月額料金がそこまで安くないSPEEDIA光を使うメリットはそこまで無いように感じました。

SPEEDIA光と他の光回線との比較

SPEEDIA光と他の光回線との比較

SPEEDIA光が他の光回線と比べてどの部分が秀でているのか比較してみました。

月額料金

毎月支払う月額料金は光回線を選ぶ上で1つの判断基準になります。

他の光回線よりも高額な場合はそれ以上にメリットがあるものでなければ、わざわざ高額なものを選ぶ必要はありません。

人気な光回線と比べてSPEEDIA光は若干高いような印象を受けました。

戸建て月額料金 マンション月額料金
SPEEDIA光 4,990円 3,990円
NURO光 4,743円 1,900~2,500円
auひかり 5,100円 3,800円
So-net光プラス 3,980円 2,980円
ソフトバンク光 4,700円 3,800円

キャッシュバック

キャッシュバックなどのキャンペーンはユーザーを多く取るために、ある程度の光回線が実施しています。

SPEEDIA光はどうなのでしょうか。

戸建てキャッシュバック金額 マンションキャッシュバック金額
SPEEDIA光 無し 無し
NURO光 45,000円 25,000円
auひかり 45,000円 40,000円
So-net光プラス 無し 無し
ソフトバンク光 33,000円 33,000円

SPEEDIA光の場合は月額料金が高い割にキャッシュバック金額も設定されていませんでした。

スマホセット割

スマホセット割は光回線各社が大手キャリア(au、docomo、Softbank)のいずれかと連携していると適応されます。

大手キャリア
SPEEDIA光 無し
NURO光 Softbank
auひかり au
So-net光プラス au
ソフトバンク光 Softbank

スマホとセットにすることで毎月1,000円程度のセット割が適応され、スマホ代から割引がされます。

SPEEDIA光はどのキャリアとも連携しておらず、セット割が適応されません。

対応エリア

戸建てエリア マンションエリア
SPEEDIA光 全国 全国
NURO光 一部地域 一部地域
auひかり 関西、東海地方以外 全国
So-net光プラス 全国 全国
ソフトバンク光 全国 全国

NTT回線であるため、SPEEDIA光は全国的に対応しています。

独自回線を持っている光回線の場合はまだ対応していないエリアがあり、日本全国対応とはいきませんが実測値がNTT回線よりも期待できるメリットがあります。

SPEEDIA光と他の光回線の比較をしていきましたが、そこまでSPEEDIA光に魅力は感じられません。

同じNTT回線であるのであれば、So-net光プラスがそれにあたりますが、当サイト管理者であればSo-net光プラスを選びます。

キャッシュバックはSPEEDIA光とSo-net光プラスのどちらもありませんが、月額料金で毎月1,000円ほど違うのは使い手にとっても大きな判断材料になります。

同じ条件で毎月1,000円高い費用を支払うメリットが他にあればいいのですが、当サイトの調査では残念ながら確認できませんでした。

SPEEDIA光を使っているユーザーの評価を口コミで解説

SPEEDIA光を使っているユーザーの評価を口コミで解説

戸建て マンション
SPEEDIA光 ????? ?????
NURO光
おすすめ度
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
auひかり
おすすめ度
(4.5)
おすすめ度
(4.5)
So-net光プラス
おすすめ度
(4.5)
おすすめ度
(4.5)
ソフトバンク光
おすすめ度
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

実際にSPEEDIA光を使っているユーザーの口コミを調べてみました。

口コミを見るにあたって、Twitterでの口コミは実際に光回線を利用しているユーザーの口コミを調べることができます。

しかし、SPEEDIA光のTwitter上の口コミは全くと言ってよいほど見つかりませんでした。

他の光回線はそれなりに口コミがあり、その評価数をおすすめ度として記載しています。

SPEEDIA光はそこまでメジャーな光回線でもないのでインターネット上での販売促進に力を入れていないようにも見えました。

SPEEDIA光を使うならどの光回線を使う方がお得なのか?

SPEEDIA光を使うならどの光回線を使う方がお得なのか?

SPEEDIA光について様々な点で比較をしていきましたが、結果としてそこまで良い点は見つかりませんでした。

ではSPEEDIA光を契約するのであれば他の光回線はどれを契約すればいいのでしょうか?

選ぶならSo-net光プラス

So-net光プラスはSPEEDIA光とほとんど同じサービス内容で、毎月1,000円ほど安い金額で光回線を使うことができます。

さらにSo-net光プラスはauスマホとのセット割が適応されるので、auユーザーはお得に使うことができます。

NTT回線を使った光回線の中では最もお得で、プロバイダ料金も別にかかることはありません。

通信速度もフレッツ光の通信速度がそのまま反映されるので速いです。

SPEEDIA光には初期費用として、契約手数料とは別に事務手数料が3,000円取られてしまいますので、初期費用面でもマイナスになります。

公式のSo-net光プラスのスペックは以下のようになっています。

月額料金(マンション) 2,980円
月額料金(戸建て) 3,980円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 500円×48カ月(合計24,000円)
契約手数料 3,000円
契約期間 3年間の継続契約
契約解除料 20,000円
キャッシュバック
工事立ち合い 必須

工事費用がこちらのSo-net光プラスの方が高いです。

しかし、So-net光プラスの工事費は月額料金に元々入っているので、実質支払う必要がありません。

SPEEDIA光の場合は18,000円取られてしまいますが、So-net光プラスの場合は実質無料ということになっています。

SPEEDIA光に比べてSo-net光プラスは相当安いことがわかります。

So-net光プラスの評判

NTT回線の中では最も安く、有名なので口コミも多数ありました。

NTT回線を引いているので通信速度も速いです。

キャッシュバックがないにしても、月額料金が破格の金額なのでその点でも口コミは良いようです。

So-net光プラス公式ページ

https://www.so-net.ne.jp/

フレッツ光は選ばない方がいい

NTT回線と言えばフレッツ光が一番王道です。

SPEEDIA光と比べた時にフレッツ光はどうなのでしょうか。

フレッツ光は東日本と西日本で料金形態が違います。

東日本の場合

OCN
接続プラン
フレッツ光回線タイプ 最大通信速度 月額費用
下り 上り OCN
月額基本料
フレッツ光
利用料
合計
ファミリー
タイプ
(戸建向)
フレッツ 光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
概ね1Gbps 1,100円 5,000円 6,100円
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
200Mbps 100Mbps 4,500円 5,600円
マンション
タイプ
(集合住宅向け)
フレッツ
光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
プラン2
(16世帯以上)
概ね1Gbps 900円 3,250円 4,150円
プラン1
(8世帯以上)
3,650円 4,550円
ミニ
(4世帯以上)
650円 4,250円 4,900円
フレッツ
光ネクスト
マンション・ハイスピード
タイプ
プラン2
(16世帯以上)
200Mbps 100Mbps 900円 2,750円 3,650円
プラン1
(8世帯以上)
3,150円 4,050円
ミニ
(4世帯以上)
650円 3,750円 4,400円

※フレッツ光公式サイト引用
※税抜き表示

西日本の場合

OCN
接続プラン
フレッツ光回線タイプ 最大通信速度 月額費用
下り 上り OCN
月額基本料
フレッツ光
利用料
合計
ファミリー
タイプ
(戸建向)
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・スーパー
ハイスピードタイプ 隼
概ね1Gbps 1,100円 4,300円 5,400円
マンション
タイプ
(集合住宅向け)
フレッツ
光ネクスト
マンション・
スーパー
ハイスピード
タイプ 隼
プラン2
(16世帯以上)
概ね1Gbps 810円 2,850円 3,660円
プラン1
(8世帯以上)
3,250円 4,060円
ミニ
(6世帯以上)
3,950円 4,760円

※フレッツ光公式サイト引用
※税抜き表示

OCN月額利用料はプロバイダのことです。

フレッツ光の場合は光回線の利用料とは別でプロバイダ料金がかかってきます。

東日本の場合は1Gbpsの戸建てで6,100円、マンションで4,150~4,900円です。

西日本では戸建て5,400円で、マンションは3,660~4,760円となっています。

マンションタイプはプラン1、プラン2、ミニと3種類の料金形態がありますが、同じマンションにどのくらいフレッツ光のユーザーがいるかで料金がわかれています。

SPEEDIA光の場合は戸建て4,990円、マンション3,990円なので、西日本のマンションタイプのプラン2以外の場合は契約しない方がお得でした。

ほとんどの場合ではフレッツ光を選ぶのであればSPEEDIA光を選んだ方が良いという結果になりました。

SPEEDIA光の営業が来た場合にはしっかりと既存のサービスと比べることが大切

SPEEDIA光の営業が来た場合にはしっかりと既存のサービスと比べることが大切

調査しているとSPEEDIA光はインターネットでの販売促進に力を入れていないことがわかりました。

インターネット以外で顧客を増やしているのだと思われます。

基本的にインターネット以外の営業には人件費がかなりかかっているケースがある

インターネット上で営業をするメリットとして、人件費をそこまでかける必要がないことが挙げられます。

営業を他の企業に委託したり、ホームページを用意したりして、ユーザーが勝手に契約してくれるような仕組みを形成している場合には最低限の人件費で済みます。

しかし、インターネット以外の営業となれば人が直接電話や訪問などで営業するケースが多いので、どうしても人件費がかかってきてしまいます。

その分の人件費は光回線を使うユーザーが負担するしかないので、気づかないうちに負担させられているケースも多くあります。

実際に電話などで営業が電話をかけてくるということはそれなりにぼったくられる覚悟が必要かもしれません。

代理店が営業を行っている場合はキャンペーンを付けてくれる場合がある

営業は代理店が行っているケースもあり、その都度SPEEDIA光に何かキャンペーンを付ける場合があります。

本来キャンペーンがついていないサービスにキャンペーンを付けているので、何かしらの条件が必要な場合もあります。

今回紹介したSo-net光プラスなどと比較し、そのキャンペーンを付けた上でSPEEDIA光がお得になるのであればSPEEDIA光を検討しても良いと言えるでしょう。

比較した上でSPEEDIA光よりもSo-net光プラスの方が良いと判断されるようであればSo-net光プラスを契約するようにしましょう。

やめておいた方がいい?SPEEDIA光のスペックや概要を徹底解説まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSPEEDIA光のまとめ記事になりました。

SPEEDIA光を調べていくと口コミもなかったので、そこまで認知されていない光回線だということもわかりました。

現在光回線のサービスを公開している会社は100社以上あるので、魅力のない光回線はどんどん埋もれていくのは当然です。

SPEEDIA光とSo-net光プラスはほとんど同じサービス内容なので、SPEEDIA光を検討している場合で何か特定のキャンペーンがない場合にはSo-net光プラスを検討することをおすすめします。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です