ソフトバンク光の料金はバカ高い?料金を削減する方法と契約ページ

ソフトバンク光 料金

わかりにくい光回線の料金形態。

月額5,000円ぽっきりのはずが案外いろいろなところで料金が発生してしまうもの。

今回はソフトバンク光の料金について解説します。

ソフトバンク光の月額料金や初期費用、オプションにかかる料金まですべて解説しますのでソフトバンク光を検討している人は是非参考にしてみてください。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • ソフトバンク光の戸建てタイプは契約期間によって月額料金が変わる
  • ソフトバンク光はNTT回線からの乗り換えで工事料金が無料になる
  • ソフトバンク光の料金はスマホとのセット割でお得になる
  • ソフトバンク光の料金は最初の契約ページで数千円~数万円の差が付く
ソフトバンク光を導入する人へのメリット
  • ソフトバンク光は他社の違約金を最大10万円負担してくれる!
  • 違約金と同時に新規申込のキャッシュバックも受け取れる!
  • 優良代理店ページからの契約で公式ページよりもキャッシュバック金額や受取期間等でメリットが多数ある!
  • NTT回線なので全国的に対応している!
  • Softbankユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される!

auひかり 解約

\現在契約している光回線の違約金を0円にしてキャッシュバックを受取る

ソフトバンク光はこちら

ソフトバンク光の料金っていくらでどんな種類があるの?

ソフトバンク光の料金っていくらでどんな種類があるの?

ソフトバンク光で掛かる料金には月額料金や工事費用、オプション費用がある一方で、キャンペーンでキャッシュバックを受け取ることもできます。

まずはそれぞれの概要と金額を確認してみましょう。

月額料金

ソフトバンク光はまず、利用する建物が戸建てかマンションかで月額料金が変わります。そしてその中で選ぶ回線タイプでも月額料金が変わってきます。

ではさっそく戸建て、マンションごとに設定されている回線タイプごとの月額料金を見てみましょう。

戸建ての場合

ソフトバンク光の戸建ての回線タイプは東日本と西日本で違い、次のようになっています。

エリア 回線タイプ 契約期間 月額料金
東日本エリア ファミリー・ギガスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年/2年 5年:4,700円
2年:5,200円
東日本エリア ファミリー・ライト 2年 3,900円~5,600円
(従量制)
西日本エリア ファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年 5年:4,700円
2年:5,200円
西日本エリア ファミリー・ライト 2年 3,900円~5,600円
(従量制)

まず東日本エリアと西日本エリアを比べてみると、違いは「ファミリー・ギガスピード」と「ファミリー・スーパーハイスピード」となっています。このプランはどちらもインターネット使い放題、最大1Gbpsの速度が出るもので、2つの違いは「名称だけ」になっています。

そしてソフトバンク光のプランは契約期間の定めが必ずあり、戸建てでは2年契約か5年契約のどちらかを選ぶ形になっています。月額料金は5年契約の方が毎月500円安いのですが、その分契約期間中に解約すると解約違約金が発生してしまい、5年契約の方が期間の縛りが長くなっています。

そしてファミリー・ライトタイプだけは従量制のプランになっていて、他の使い放題プランと比べて月額料金を安く済ませることもできますが、月内で通信量をたくさん使ってしまうと一番高くなってしまい、最大で5,600円掛かる形になっています。

マンションタイプの場合

次にマンションタイプの場合です。こちらも回線タイプは東日本と西日本で違い、次のようになっています。

エリア 回線タイプ 契約期間 月額料金
東日本エリア マンション・ギガスピード
マンション・ハイスピード
マンション
2年 3,800円
西日本エリア マンション・スーパーハイスピード
マンション・ハイスピード
マンション
2年 3,800円

まず東日本エリアと西日本エリアを比べてみると、違いは「マンション・ギガスピード」と「マンション・スーパーハイスピード」となっていますが、こちらも戸建てと同様に名称だけが違う形になっています。

また契約期間の定めはマンションタイプでも必ずありますが、戸建てタイプと違ってマンションタイプでは2年契約の1種類のみとなっています。

そしてマンションタイプでは従量制のプランがありません。

工事費用

次にソフトバンク光の工事費用を見てみましょう。

工事費用はエリアによる違いはなく、フレッツネクスト光または他の光コラボを利用しているかと、立ち合い工事が必要か、立ち合い工事が必要な場合建物内工事が必要かによって変わり、次の通りです。

フレッツ光ネクスト/他の光コラボの利用状況 立ち合い工事必要の有無 開通工事費
フレッツ光ネクスト/他の光コラボを利用している場合 0円
フレッツ光ネクスト/他の光コラボを利用していない場合 立ち合い工事必要 24,000円
※ 建物内工事なし、室内工事のみの場合:9,600円
フレッツ光ネクスト/他の光コラボを利用していない場合 立ち合い工事不要 2,000円

まずフレッツ光ネクストか他の光コラボを利用している場合には、すでにソフトバンク光を利用するための回線は敷設されているので工事は不要になります。

次に立ち合い工事が必要かどうかは、光ファイバーがすでに設置されているかどうかによって決まり、設置されている場合には基本的に立ち合い工事は不要となります。ただし立ち合い工事が不要でもソフトバンク側で開通の作業があるため、その分で2,000円の費用が掛かります。

ユーザー側が指定することはできないので、契約前にソフトバンク光に確認されることをおすすめします。

そして宅内の配線設備を再利用する場合や光コンセントのあるひかり配線方式の場合、LAN配線方式の場合には、建物内工事の必要がなく室内工事のみで工事費は9,600円となります。

立ち合い工事が必要で、建物内工事と宅内工事も必要だった場合には24,000円の工事費が掛かりますが、支払いは一括か分割かを選ぶことができます。そして分割払いは24回、36回、48回、60回の中から選ぶことができ、毎月の支払いと合わせて払っていく形になります。

なお、電話サービスやソフトバンク光テレビを利用する場合には別途工事費が掛かりますので、そちらも見てみましょう。

まずは電話サービスの場合です。

申し込み状況 工事費
NTT東西提供の電話番号利用の場合 3,000円
新しい電話番号取得の場合 1,000円

次にソフトバンク光テレビの場合です。

費用名 1台 2~3台 4台以上
テレビ視聴サービス登録料 2,800円 2,800円 2,800円
工事費 12,000円 24,000円 1台ごとに5,000円追加

電話サービスや光テレビの視聴サービスを利用することでも工事費等が掛かることを押さえておきましょう。

契約解除料(解約違約金)

続いて契約期間内に解約した場合に発生する契約解除料(解約違約金)についてです。

契約解除料は契約年数によって異なり、次の通りです。

契約期間 契約解除料(ソフトバンク光分のみ) 契約解除料(オプション分も含めた上限)
2年 9,500円 10,000円
5年 15,000円

契約解除料は契約期間が長い5年プランの方が5,500円高くなっています。

また、ソフトバンク光のオプションサービスには契約解除料が発生するものもあるのですが、2年プランにはオプションの契約解除料も含めた上限が設定されており、ソフトバンク光自体のものも含めた合計が10,000円以上になった場合には10,000円の請求となります。ちなみにこの上限設定は5年プランにはありません。

契約事務手数料

次に初期費用の一つであるソフトバンク光の契約事務手数料は、次の通りです。

利用状況 契約事務手数料
ソフトバンク光を新規で申し込み 3,000円
Yahoo!BBからのサービス変更 3,000円
エリアをまたぐ引っ越し 3,000円

契約事務手数料はソフトバンク光を新規で申し込んだ場合、Yahoo!BBからサービス変更した場合、ソフトバンク光利用後エリアをまたぐ引っ越しをした場合に、いづれも3,000円掛かります。

オプション

そしてオプション料金についてです。オプションサービスはたくさんあり、それぞれの概要と料金は次の通りです。

オプション名 概要 料金
ホワイト光電話 固定電話サービス 基本プラン:467円/月
基本プランα:943円/月
だれとでも定額:1,410円/月
BBフォン IP電話サービス 通話料のみ(別途「BBユニットレンタル」が必要)
ホワイトコール24 ソフトバンク携帯電話/ホワイト光電話/BBフォンとの通話代無料 0円/月
光電話(N) 固定電話サービス(NTT提供) 基本プラン(N):500円/月
スマート基本プラン(N):1,500円/月
光電話機能 BBフォンと光電話(N)を同時利用できるサービス 372円/月
光BBユニットレンタル Wi-Fi機能やBBフォン、ひかり電話/光電話(N)利用時に必要な機器 467円/月
Wi-Fiマルチパック 自宅や外出先で無線環境が利用できるようになるサービス 990円/月
公衆無線LAN 外出先でもBBモバイルポイントでインターネットを利用できるサービス 290円/月
モバイル接続サービス 携帯電話・PHSを利用してインターネットに接続できるサービス 200円/月
海外ローミング 海外からインターネットに接続できるサービス 0円(利用時に接続料が時間で掛かる)
ダイヤルアップサービス 電話回線を利用してインターネット接続するサービス 0円(利用時に通話料が時間で掛かる)
ホームゲートウェイ(N)/無線LAN(N) 光電話(N)・無線LAN(N)利用で必要となるブロードバンドルータのレンタルサービスと、ホームゲートウェイ(N)を使って自宅で無線環境を利用できるサービス ホームゲートウェイ(N):0円または450円/月
無線LAN(N):100円/月または300円/月
ソフトバンク光テレビ スカパーJSAT(株)提供の「テレビ視聴サービス」との同時契約で、地上/BSデジタル放送が受信できるようになるサービス テレビ伝送サービス利用料:450円/月
テレビ視聴サービス利用料:300円/月
愛媛CATV&SoftBank 光 (株)愛媛CATV提供の「愛媛CATVケーブルテレビサービス」との同時契約で、地上/BSデジタル放送/地域情報チャンネル/専門チャンネル(CS)が受信できるようになるサービス テレビ伝送サービス利用料:450円/月
地デジチューナー(R) 自宅でも外出先でもスマホやタブレット、パソコンで地デジが見られるサービス 934円(別途Wi-F-マルチパックと光BBユニットレンタルが必要)
ひかりTV 最新の海外ドラマや映画、アニメをはじめとした80ch以上を視聴できるサービス お値うちプラン:3,500円
テレビおすすめプラン:2,500円
ビデオざんまいプラン:2,500円
Netfix オンラインストリーミングが利用できるサービス ベーシックプラン:800円
スタンダードプラン:1,200円
プレミアムプラン:1,800円
BBセキュリティ マカフィーやシマンテックなどのセキュリティソフトを利用できるサービス 1ライセンス300円/月~570円/月
BBサポートワイドサービス 電話やリモート、訪問でサポートを受けることができるサービス BBサポートワイドプラス会員:500円/月
BBサポートワイド会員:300円/月
BBお掃除&レスキュー お掃除出張作業料が一律30%割引、水漏れ等の緊急駆けつけ出張作業費が無料になるサービス 458円/月
BBライフホームドクター 専門医監修のもと、健康管理の24時間サポートを受けられるサービス 500円/月
リモートサポートサービス(N) パソコンなどの困りごと・相談をリモートなどでサポートするサービス 500円/月
Yahoo! BB基本サービス Yahoo!メール、Yahoo!ウォレットなどを利用できるサービス プレミアム:550円/月
スタンダード:300円/月
とく放題(B) 食料品等の割引や商品の抽選、レジャー施設優待を受けるとともに、カード保険に入れるサービス 500円/月
BBマルシェ by 大地を守る会 安心食材13,000品目をウェブで注文、配送できるサービス 458円/月
BBソフト Microsoft Officeと互換性のあるソフト「WPS Office」が使えるサービス 1ライセンス300円/月
24時間出張修理オプション(N) ソフトバンク光のトラブルに24時間・365日、故障修理などの保守対応を受けられるサービス ファミリータイプ:3,000円
マンションタイプ:2,000円
請求明細発行サービス 利用料金請求明細を郵送するサービス 200円/通

オプションにはインターネット回線サービスで定番の光電話サービスからセキュリティサービス、保守対応サービスをはじめとして、たくさんの種類があります。

それぞれ基本的に月額料金が掛かるので、加入しているが使っていないものがないか、都度確認することをおすすめします。

キャッシュバック

ソフトバンク光の公式サイトでは現在2種類のキャッシュバックキャンペーンを行っており、それぞれの概要と特典内容、適用条件は次の通りです。

キャンペーン名 概要 特典内容 注意事項
SoftBank 光 新生活応援キャッシュバック/割引キャンペーン 引っ越し先で新しくソフトバンク光を使う場合にキャッシュバックまたは一定期間割引 回線工事費24,000円:1,000円×24ヶ月割引or24,000円キャッシュバック
回線工事費9,600円/2,000円:1,000円×10ヶ月割引or10,000円キャッシュバック
回線工事費が発生しない場合には対象外
SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/
割引きキャンペーン
他社からの乗り換え新規でキャッシュバックまたは一定期間割引 回線工事費24,000円:1,000円×24ヶ月割引or24,000円キャッシュバック
回線工事費9,600円/2,000円:1,000円×10ヶ月割引or10,000円キャッシュバック
回線工事費が発生しない場合には対象外

どちらもキャッシュバックまたは一定期間の割引を受けられるサービスで、違いは「引っ越しによる」か「他社からの乗り換えによる」かとなっています。

ただしどちらも回線工事費が発生しない場合には対象外となり、キャッシュバック金額も回線工事費に応じた額となっています。

つまりこのキャンペーンは実質他社の「工事費無料キャンペーン」とほぼ同じものということで、純粋なキャッシュバックキャンペーンではないことに注意が必要です。

【辛口】口コミからわかったソフトバンク光を契約する上での全知識

ソフトバンク光の料金がおかしい?高いと感じるときの確認方法と対策方法

ソフトバンク光の料金がおかしい?高いと感じるときの確認方法と対策方法

ソフトバンク光からの請求金額を見て「なんかおかしい?なんか高いな??」と感じる時はありませんか?

ここではそんな時に覚えておきたい、または確認しておきたいことを4つ紹介します。

初月は契約事務手数料が月額料金にプラスされる

まず利用開始初月の請求料金が高いと感じた時には、「契約事務手数料がプラスされている」ことが原因ではないか確認しましょう。

契約事務手数料はソフトバンク光を契約した際に必ず掛かるもので、初月に1回払いで請求されます。

金額は3,000円ですが、これが原因で初月が高い場合には間違いや過剰請求ではありません。

不要なオプションに加入していないか確認する

毎月の請求額が高いと感じる時には、不要なオプションに加入していないか確認しましょう。

オプションサービスは前述のようにたくさんありますが、いつも使う必要なものは限られてくるでしょう。もし使わないのにオプションに加入していると、ただただ毎月余計な費用を支払って損をしていることになります。

そのようなことがないよう無駄なオプションに加入していないか確認することが必要で、確認にはMy SoftBankの利用がおすすめです。

ログイン画面からログインし、お客様情報を選択することでオプションの加入状況を確認することができます。

毎月請求が高いなと感じた場合には試してみましょう。

セット割はソフトバンク光からではなく、スマホの月額料金から割引される

スマホとのセット割「おうち割光セット」は、1電話回線当たり毎月最大1,000円の割引をしてくれる強力なサービスです。

しかしこの割引サービス、ソフトバンク光の請求料金からではなく、スマホの月額料金から差し引かれるので注意が必要です。

「適用されたはずなのに割り引かれていない、高い!」と感じた場合には、スマホの請求明細を確認するようにしましょう。

工事費用が分割で加算されている場合がある

請求額が高いなと感じた場合には、工事費用が加算されていないかも確認しましょう。

開通工事費の支払いは一括払いと分割払いから選ぶことができますが、分割払いを選択した場合には以後一定期間、月額料金に合算されて請求されることになります。

分割払いは24回、36回、48回、60回の中から選べ、分割回数が少ないほど一回当たりの請求額はより高くなります。

工事費用についても要注意です。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーで料金が安いのはどっち?

ソフトバンクのインターネット回線サービスには、ソフトバンク光の他に「ソフトバンクエアー」というものもあります。

ソフトバンク光の料金がおかしい?高いと感じるときの確認方法と対策方法

ソフトバンクエアーとは置き型のホームルーターのことで、回線開通工事不要、LANケーブル接続不要でインターネットが利用できるため、工事を待たずに申し込みから素早く利用開始することができ、配線も少なくすっきりと使えるインターネット回線サービスになっています。

そんなメリットのあるソフトバンクエアーですが、ソフトバンク光とどちらを使えばよいのでしょう?

ここではソフトバンクエアーの料金を確認するとともに、ソフトバンク光との使い分けについても見てみましょう。

ソフトバンクエアーの料金

まずはソフトバンクエアーの月額料金や初期費用、Airターミナルの契約方法と割引・キャンペーン特典について確認します。

月額利用料金

ソフトバンクエアーの月額利用料金はプランが分かれておらず1種類で、次の通りです。

基本料金
4,880円/月

ソフトバンク光と比べると、戸建ての2年契約(5,200円/月)よりは安いですが、5年契約(4,700円/月)やマンションタイプ(3,800円/月)よりは高くなっています。

初期費用

ソフトバンクエアーも契約時には初期費用が掛かり、次の通りです。

契約事務手数料
3,000円

これはソフトバンク光と同じですね。

Airターミナルの契約方法

Airターミナルの契約方法とは、ソフトバンクエアーを利用するために必要なホームルーターである「Airターミナル」を購入するかレンタルにするかということで、それぞれ費用は次の通りです。

購入 レンタル
1,650円/月(36回払い) 490円/月

購入の場合には36回払いなので計59,400円となっており、レンタルは月額が安いのですが、長く使えば使う分だけ購入した時より高くなります。

ソフトバンク光では機器の購入は必要ないのですが、工事費があります。工事費は24,000円なので、比べるとソフトバンク光の方が安くなっていますね。

割引・キャンペーン特典

ソフトバンクエアーには、利用し始めると適用できる割引・キャンペーンが2つあり、それぞれ次の通りです。

SoftBank Airスタート割 ソフトバンクまたはワイモバイル携帯利用中:-580円/月
ソフトバンクまたはワイモバイル携帯利用なし:-1,080円/月
月月割 -1,650円/月

適用期間はSoftBank Airスタート割が12ヶ月間、月月割が36ヶ月間となっており、特に月月割はAirターミナルを分割購入した際に適用できるため、実質Airターミナル代無料のキャンペーンとなっています。

ソフトバンク光と比べると月額料金が高かったソフトバンクエアーですが、これらの割引を適用すると、スタート割適用期間の12ヶ月間はソフトバンク光戸建ての5年契約プランよりも月額料金が安くなります。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーはどちらを選ぶべき?

では、ソフトバンク光とソフトバンクエアーはどちらを選ぶべきでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを整理すると、次のようになります。

メリット デメリット
ソフトバンク光 通信速度が速い
通信速度が安定する
月額料金が安い
開通工事が必要
利用開始まで遅い
配線が多い
ソフトバンクエアー 開通工事がいらない
利用開始まで早い
配線が少ない
通信速度が遅い
通信速度が安定しない
月額料金が高い

つまりどちらにするかは、ユーザーの利用の仕方によって変わってくるこということです。

例えばオンラインゲームやデイトレーディングをする人は、通信速度が速く安定していることが重要なので、ソフトバンク光のほうがよいことになります。反対に借家なので工事ができない、早く使い始めたいといった人はソフトバンクエアーのほうがよいことになります。

しかしどちらでもいいといった場合には、インターネットを利用する上で一般的に重要な「速度」と「月額料金」の面からソフトバンク光の方がよいでしょう。

ソフトバンク光の料金をできるだけ抑えるための契約ページ

ソフトバンク光の料金をできるだけ抑えるための契約ページ

ソフトバンク光には代理店が多数存在し、公式ページで契約を進めるよりもお得に契約ができます。

キャッシュバックや受取までの日数が少ないこともメリットなので、ソフトバンク光の場合には代理店を選んで契約することをおすすめします。

アウンカンパニー:ソフトバンク光の料金一番抑えられてお得

ソフトバンク光の料金をできるだけ抑えるための契約ページ

ソフトバンク光の月額料金自体は変わりませんが、キャッシュバックの料金が大幅に変わる代理店としてアウンカンパニーは一番おすすめです。

公式の新規申込の場合は24,000円のキャッシュバックなのに対し、こちらのアウンカンパニーは33,000円も受け取ることができます。

さらに公式の場合は受取までに4か月かかるのですが、アウンカンパニーは2か月で受け取れます。

そこまで差は感じられないかもしれませんが、一番確実に多くの金額を受け取ることができる優良代理店です。

乗り換えの場合でもソフトバンク光公式のキャンペーンとして乗り換えキャッシュバックも当然ついてきますので、アウンカンパニー以外から契約する必要はないでしょう。

また、キャッシュバックの受け取り方法ですが、公式の場合だと郵便為替なのに対し、アウンカンパニーでは現金振り込みとなっています。

アウアカンパニーのページ

https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

NEXT:アウンカンパニーと同じく優良な代理店



上記で説明したアウンカンパニーと同じく優良な代理店です。

ほとんどアウンカンパニーと同じ内容なのですが、違うところと言えば無線LANと28,000円のキャンペーンを選んだ際の無線LANが違います。

アウンカンパニーでは2種類からルーターが選べますが、こちらは1種類です。

高速回線に対応しているルーターなので、どちらでもいいとは思いますが、こだわりがある場合はこの部分で使い分けをおすすめします。

S&Nパートナー:キャッシュバックの料金が高いが光BBユニットの契約が必要


こちらの代理店はキャッシュバックの金額が他の代理店よりも高額ですが、光BBユニットという無線LANの契約が必要です。

光BBユニットはソフトバンク光でIPv6の高速インターネット回線を使う際に必要なオプションで、元々入れる予定だった方にはおすすめできる代理店となっています。

光BBユニットを契約しない方は上記2つの代理店から契約しましょう。

ソフトバンク光のIPv6通信で必須な光BBユニットの料金は、月額467円となっております。

こちらも契約から2か月後に必ず34,000円のキャッシュバックをしてくれる優良な代理店なのでオプションを付けるならおすすめです。

S&Nパートナーのページ

https://hikarikaisen-snp.com/

ソフトバンク光の料金はバカ高い?料金を削減する方法と契約ページまとめ

今回はソフトバンク光の料金に関する解説を行いました。

ソフトバンク光はスマホとの端末セット割も付いているので、通常の月額料金から世帯で契約しているスマホ1台につき1,000円程度安くで契約できることもあります。

もし同じ世帯に住んでいる人がSoftbankスマホを持っているのであれば、さらにお得に契約ができるのでおすすめです。

他にもオプションの料金も詳しく解説していますので、自分が加入したいオプションと照らし合わせて考えてみてもいいと思います。

最後にソフトバンク光の料金を抑えるための契約ページも用意しているので、そこから契約するとさらにお得になります。

是非参考にしてみてください。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です