知らないと損!?ソフトバンク光の割引、おうち割光セットを徹底解説

ソフトバンク光 割引

ソフトバンク光を契約する際におうち割光セットというスマホとセットで契約すると割引が適応されるサービスをご存じでしょうか。

光回線にはスマホとセットで契約することで月額料金からセット割が受けられる制度が設けられているところも少なくありません。

今回はソフトバンク光を契約する上で割引となる、おうち割光セットについて詳しく解説していきます。

スマホ1台あたり毎月1,000円安くなるので、うまく使うことでかなりお得にソフトバンク光が契約できます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • ソフトバンク光の割引はおうち割光セットを適応させることでかなり安くできる
  • スマホ1台当たりで割引が適応されるので家族で契約するとお得
  • ソフトバンク光以外でも割引が適応される
  • 契約するページを間違えると数万円損してしまうことがある
ソフトバンク光を導入する人へのメリット
  • ソフトバンク光は他社の違約金を最大10万円負担してくれる!
  • 違約金と同時に新規申込のキャッシュバックも受け取れる!
  • 優良代理店ページからの契約で公式ページよりもキャッシュバック金額や受取期間等でメリットが多数ある!
  • NTT回線なので全国的に対応している!
  • Softbankユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される!

auひかり 解約

\現在契約している光回線の違約金を0円にしてキャッシュバックを受取る

ソフトバンク光はこちら

ソフトバンク光の割引【おうち割光セット】とは

ソフトバンク光の割引【おうち割光セット】とは

ソフトバンク光を利用することで適用できる割引サービス「おうち割光セット」。おうち割光セットとは、ソフトバンク光を始めとした対象のインターネットなどのサービスを利用しつつ、ソフトバンクのスマホやケータイを利用すると、1電話回線あたり毎月最大1,000円割引されるキャンペーンのことです。

ソフトバンク光の割引【おうち割光セット】とは

しかも適用範囲は自分だけでなく家族まで。もし自分も家族もソフトバンクのスマホを使っていたなら、毎月とってもお得になるのです。

このように絶対利用したいおうち割光セットの、まずは対象になる固定通信(主にインターネット)サービスと機種、範囲や申し込み方法を確認しましょう。

おうち割光セットの対象固定通信サービスは?

対象固定通信サービスとは、おうち割光セットの対象になるインターネットサービスやIP電話サービスのことです。対象になるサービスにはソフトバンク光やソフトバンクエアーだけでなく実はたくさんあり、サービスによって割引期間も異なります。

対象固定通信サービス 割引期間
ソフトバンク光(インターネット) 永年
ソフトバンク光 ファミリー・ライト(インターネット) 永年
ソフトバンクエアー(インターネット) 永年
Yahoo! BB ADSL(インターネット) 永年
ソフトバンク ブロードバンド ADSL(インターネット) 永年
ケーブルライン(IP電話) 永年
ひかりdeトークS(IP電話) 永年
NURO 光 でんわ(IP電話) 永年
Yahoo! BB 光シティ(インターネット) 永年
ホワイトBB(IP電話) 2年間
Yahoo! BB バリュープラン(インターネット) 2年間

つまりおうち割光セットはソフトバンク光やソフトバンクエアーだけでなく、Yahoo!BBや、NURO光 でんわなどの色々なインターネットサービス・IP電話サービスを利用していれば、適用できる可能性があるのです。

そして割引期間はIP電話サービスの「ホワイトBB」と、インターネットADSLサービスの「Yahoo! BB バリュープラン」のみが2年間となっていて、その他は永久となっています。

おうち割光セットの対象機種は?

対象機種とはソフトバンク回線を利用した端末のことで、スマホやケータイの他にも該当するものがあります。

対象機種
iPhone
スマートフォン
ケータイ
iPad(4G LTE対応のものに限る)
タブレット
Wi-Fiルーター
モバイルシアター

※dynapocket X02T、X01SC、HTC Desire X06HT、TOUCH DIAMOND X04HT、TOUCH PRO X05HT、X01T、X03HT、X02K、X02HTを除く。

iPhoneとスマートフォンが分かれていますが、iPhoneもスマホの一部なので、スマホ全般が該当になるということです。これはiPadとタブレットも同じです。

Wi-Fiルーターとは、ソフトバンクが提供する自宅で無線通信が利用できる専用機器のことで、今であれば「FON2601E」という機種が提供されています。

そしてモバイルシアターとは、Androidを搭載したLTE対応のプロジェクターのことで、ネット通信が利用可能です。モバイルシアターは本体に表示されたスマホと同じような画面をタッチ操作することで動作し、その様子がプロジェクターで大画面表示されます。

これら7機種をソフトバンク回線で利用していれば、おうち割光セットが利用できるということです。

おうち割光セットの対象範囲と最大回線数は?

おうち割光セットはCMなどで「家族みんなのスマホ料金がお得に!」と宣伝していますが、実際には誰が対象になるのでしょうか?

おうち割光セットの対象範囲は「家族(血縁・婚姻)、または同住所の人」です。つまり血縁関係または婚姻関係の家族(同性のパートナー含む)であれば遠い親戚でも住所が同じでなくてもOK、そして家族でなくても同住所であれば同居中の恋人でもシェアハウスの同居人もOKとなります。

ソフトバンク光の割引【おうち割光セット】とは

例えば親と離れて暮らしていて、恋人がいて同居している場合には、親と恋人の両方が対象になります。適用範囲が広くてうれしいですね。

そして適用できる回線数は「最大10回線」です。

つまり、家族や同居人の最大10人までおうち割光セットを適用させることができるので、最大毎月10,000円がお得になるのです。

おうち割光セットの申し込み方法

続いておうち割光セットの手続き方法ですが、3ステップに分かれています。

STEP1:固定通信サービス(ソフトバンク光など)を申し込む
STEP2:おうち割光セットを申し込む
STEP3:適用が開始される

まず、おうち割光セットはソフトバンク光を申し込んでも自動で適用されるものではないことがポイントで、自分で所定の手続きをする必要があります

そして流れとしてソフトバンク光などの固定通信サービスを申し込んでからおうち割光セットの手続きをするのですが、その手続き方法は2種類あります。それはMy SoftBankからネットで行う方法と、ソフトバンクの店舗で行う方法です。

もちろんMy SoftBankから行う方が手続きが簡単で時間も掛かりませんが、My SoftBankから行えるのは「固定通信サービスの契約者と同一名義の人だけ」です。例えば自分と妻の2人家族だった場合おうち割光セットの手続きは、自分の分はMy SoftBankから行えますが、妻の分は固定通信サービスの契約者名と氏名が違うため行えません。

つまり家族や同居人の分の手続きをするためには、ソフトバンクの店舗に行く必要があるのです。

そして手続きには必要なものがあり、それは次の通りです。

  • 全ての人の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • クレジットカード、キャッシュカードなどの支払い手続きに必要なもの
  • 申し込み印
  • ソフトバンクの携帯電話番号
  • 固定通信サービスのサービス契約者名
  • 専用同意書(サービス契約者が同行できない場合)
  • 固定通信サービスの申込番号/カスタマーID/固定電話番号のどれか一つ

また家族や同居人分の手続きには、家族であることや同じ住所であることを、書類を提出することで「全員分」証明する必要があるため、上記以外に次のようなものを求められる可能性があります。

  • サービス契約者と家族の両方の氏名が記載されている住民票記載事項証明書の原本
  • 発行日から3ヵ月以内の、同性とのパートナーシップを証明する書類
  • 電気やガス、水道、NHK受信料などの公共料金領収書、または官公庁発行の印刷物
  • 発行日から3ヵ月以内の、ソフトバンク発行の請求書や領収書

また、固定通信サービスの契約者や同行することも必要で、もし同行できない場合にはソフトバンクの公式サイトから入手できる専用の同意書を持参する必要があります。

このように家族分まで適用させようとすると手続きがとても面倒なおうち割光セットですが、割引額が大きい上にそれが毎月差し引かれるので、手続きは必ず行うようにしましょう

ソフトバンク光の割引おうち割光セットを適用させると毎月スマホ代が1,000円安くなる!?

ソフトバンク光の割引おうち割光セットを適用させると毎月スマホ代が1,000円安くなる!?

次におうち割光セットの割引額や適用の確認方法、そして適用開始時期について確認します。

おうち割光セットの割引金額

まずはおうち割光セットで具体的にいくら割引されるのかを見てみましょう。

おうち割光セットの割引額は対象機種の料金プランで変わり、次の通りです。

プランの種類 対象料金サービス 割引月額
基本プラン(音声)/基本プラン(データ) データプラン50GB+/データプランミニ 1,000円/月
通話基本プラン データ定額 50GBプラス/ミニモンスター【新規受付終了】 1,000円/月
スマ放題/スマ放題ライト データ定額 50GB/20GB/5GB【新規受付終了】 1,000円/月
スマ放題/スマ放題ライト データ定額(おてがるプラン専用)【受付終了】
データ定額ミニ 2GB/1GB【新規受付終了】
データ定額(3Gケータイ)【新規受付終了】
500円/月
その他料金プラン パケットし放題フラット for 4G LTE【新規受付終了】
パケットし放題フラット for 4G【新規受付終了】
パケットし放題フラット for スマートフォン【新規受付終了】
パケットし放題MAX for スマートフォン【新規受付終了】
4G/LTEデータし放題フラット【受付終了】
4Gデータし放題フラット+【受付終了】
1,000円/月
その他料金プラン パケットし放題フラット for シンプルスマホ【新規受付終了】
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE【受付終了】
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G【受付終了】
500円/月

まず割引料金は毎月500円か1,000円の2種類になっています。後は自分や家族がどのプランを利用しているかによりますが、500円割引のプランは少ないので、多くのケースで毎月1,000円の割引が受けられるでしょう。

おうち割光セット適用の確認方法

よくある間違いですが、おうち割光セットの割引はソフトバンク光などの固定通信サービスの明細には記載されません。割引は電話回線の料金から行われるからです。

せっかくおうち割光セットを適用したのに割引されていないと思った時には、My SoftBankから確認してみましょう

My SoftBankから見るにはログイン画面からログインし、「キャンペーン」にある「特典の適用・発送状況」から「特典の適用状況」の「確認する」をクリックすれば、おうち割光セットが適用されているかどうかを簡単に確認することができます。

おうち割光セットの適用開始時期

続いておうち割光セットの適用開始時期ですが、一律ではありません。おうち割光セットの適用開始時期は請求締め日によって変わり、次の通りになっています。

請求締め日 適用開始日
10日締め 申し込み当月11日から
20日締め 申し込み当月21日から
末日締め 申し込み翌月1日から

ですからこの点を踏まえて適用開始日が過ぎたらおうち割光セットがきちんと適用されているか、My SoftBankなどで確認するようにしましょう。

実はおうち割光セットは毎月1,000円割引ではない

多くのケースで1電話回線あたり毎月1,000円の割引を受けることができるおうち割光セットですが、実はお得になる金額は1,000円ではなくもっと少なくなってしまいます。

なぜならおうち割光セットの適用条件は、次の通りだからです。

  1. 対象機種を対象の料金サービスで利用中であること
  2. 本人または家族が対象固定通信サービスの契約者で指定オプション等を利用中、または申し込みがされていること

特に注意したいのは2の中の「指定オプション等を利用中、または申し込みがされている」という点で、ソフトバンク光(ファミリー・ライト含む)を利用している場合、おうち割光セットの適用を受けるためには「指定オプションへの加入」が必須なのです。

その指定オプションとは次の3つです。

  1. 光BBユニットレンタル
  2. Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパック
  3. ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン

これらのオプションは利用するのに月額で料金が掛かり、「3つセットで月額いくら」という形になっています。そして料金の違いは「3のプランをどれにするか?」で変わってきます。

ではオプションの内容を含めてそれぞれ確認してみましょう。

光BBユニットレンタルとは?

光BBユニットとは、ソフトバンクが提供するサービスである「BBフォン」や「Wi-Fiマルチパック」、「光電話機能」や「ひかり電話機能」を利用する際に必要となるブロードバンドルータのことです。

例えばBBフォンはBBフォン同士の通話料が無料になり、ソフトバンク携帯電話との通話料もお得になります。

また、Wi-Fiマルチパックは指定オプションの2にもなっていますが、自宅で無線通信環境を構築する際に必要なオプションになっています。

そして光電話機能やひかり電話機能は、基本料金や通話料がお得な固定電話サービスです。

これらのオプションを利用するために必要なのが、光BBユニットなのです。

Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパックとは?

Wi-Fiマルチパックをオプションで利用すると、自宅でパソコンやスマホ、ゲーム機などを無線環境で利用することができるようになります。逆に言うとこのような状態にするにはこのオプションを利用するとともに、先ほどの光BBユニットをレンタルする必要があります。

また、同時にBBモバイルポイント用の公衆無線LAN IDを貰えるため、マクドナルドを始めとした全国5,000ヵ所の飲食店、駅、ホテルなどの外出先でインターネットが利用できるようになります

Wi-Fi地デジパックは先ほどのWi-Fiマルチパックと地デジチューナーがセットになったオプションですが、料金はWi-Fiマルチパックと同額です。つまり無線環境を利用できるようになりつつ、地デジもパソコンやスマホ、タブレットなどで見られるようになるのです。

ただしWi-Fi地デジパックの解約には解除料が発生する場合があり、契約期間満了となる月以外の解約では5,000円の解除料が発生します。

つまりただで地デジも見られるのではなく、解除料という落とし穴があるのです。

ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンとは?

まずこれらは全てIP電話サービスが利用できるようになるオプションです。なおIP電話サービスとは、電話をするのに電話回線ではなくインターネット回線を使って通話をするサービスのことです。

これらの違いは主に「提供元」や「電話番号」、「110番や119番などの緊急通報ができるか?」、そして「基本料」です。

提供元の違い

これらサービスは提供元が違い、ホワイト光電話とBBフォンがソフトバンク、光電話(N)がNTTとなっています。

電話番号の違い

ホワイト光電話と光電話(N)の電話番号は03-~のような「市外局番」ですが、BBフォンのみ050から始まる電話番号になっています。

また、ホワイト光電話と光電話(N)はNTT発番の電話番号を引き継いで利用することができますが、BBフォンはできません。

ただし光電話(N)+BBフォンの場合には、NTTの電話番号と並行して利用することができます。

緊急通報の違い

緊急通報とは110番や119番などのことですが、ホワイト光電話と光電話(N)は利用でき、BBフォンは利用できません。

基本料の違い

前述しましたが、おうち割光セット適用に必要な指定オプションの月額料金は、このIP電話サービスの内でどのプランにするかによって変わってきて次の通りです。

サービスの種類 プラン名 オプション月額料金
ホワイト光電話 基本プラン 500円/月
ホワイト光電話 基本プランα 1,000円/月
ホワイト光電話 だれとでも定額for 光電話 1,500円/月
光電話(N) 基本プラン(N) 500円/月
光電話(N) スマート基本プラン(N) 1,500円/月
BBフォン BBフォン 500円/月

念のためですが、オプション月額料金はIP電話サービスのみの金額ではなく、光BBユニットレンタルやWi-Fiマルチパックも含めてのものになっていますので注意してください。

そして種類ごとのプランの違いは通話料で、掛ける先によって単価は細分化されていますが、どのプランも月額料金が高いほど通話料は安くなっています。なお、ホワイト光電話と光電話(N)では、ホワイト光電話のほうが通話料が安くなっています。

どのオプションプランにするかはどうやって決める?

このようにおうち割光セットの適用を受けるために加入しなければならないオプションの月額料金は、IP電話サービスをどのプランにするかによって変わってきます。

そしてIP電話サービスのどのプランにするかは「電話番号」、「110番や119番などの緊急通報ができるか?」、「基本料」のそれぞれで、どれが自分に合っているかによって決まります。

例えばただおうち割光セットを適用したいから、という場合にはどれでも月額500円のIP電話プランを選ぶといいですし、その中でもNTTから引き継いだ市外局番の電話番号を通話料を安く使いたい場合には、ホワイト光電話の基本プランとなるでしょう。

このようにおうち割光セットを適用するには最低月額500円が掛かるため、1電話回線のみを適用する場合には実質お得になるのは500円ということになるのです。

家族分のスマホ代もおうち割光セットで割引される

家族分のスマホ代もおうち割光セットで割引される

では次におうち割光セットは実際にどのくらいお得になるのか、2年間での実質割引額をケース別に見てみましょう。

4人家族で4人ともSoftbankスマホを持っている場合

例えばソフトバンク光を利用しており、4人家族で4人ともソフトバンクスマホのウルトラモンスタープラスだった場合からです。なお、指定オプションはBBフォンプランとします。

まずおうち割光セットによる割引額は次の通りです。

1,000円/月×24ヵ月×4人分=96,000円/2年間

次に2年間で掛かるオプション料の合計は次の通りです。

500円×24ヵ月=12,000円/2年間

つまり割引額引くオプション料の実質割引額は次の通りです。

96,000円/2年間-12,000円/2年間=84,000円/2年間

このケースではおうち割光セットを適用しない場合と比べて、2年間で84,000円も得をしました

同じ世帯にいない家族がSoftbankスマホを使っている場合

次にソフトバンク光を利用しており、別居の2人家族で1人はソフトバンクスマホのウルトラモンスタープラス、もう一人はソフトバンクケータイのスマホライト(3Gケータイ)だった場合です。なお、指定オプションはBBフォンプランとします。

まずおうち割光セットによる割引額は次の通りです。

(1,000円/月+500円/月)×24ヵ月=36,000円/2年間

次に2年間で掛かるオプション料の合計は次の通りです。

500円×24ヵ月=12,000円/2年間

つまり割引額引くオプション料の実質割引額は次の通りです。

36,000円/2年間-12,000円/2年間=24,000円/2年間

このケースではおうち割光セットを適用しない場合と比べて、2年間で24,000円も得をしました

おうち割光セットは適用できる回線が増えれば増えるほどお得

2つのケースを見てみましたが、条件は少し違うとはいえ実質割引額に大きな差がありました。

割引額の少なかった方は1人がガラケーだったということもありますが、差が開いた何よりの要因は「適用した家族の多さ」です。

最大10回線まで適用できるおうち割光セットは、当然といえば当然ですが、最大回線数まで近づけば近づくほど割引額もどんどん大きくなります。

申込み時の手続きはちょっと面倒ですが、おうち割光セットを申し込む際にはできる限り多くの電話回線で適用が受けられるよう、極端に言えばスマホをソフトバンクに乗り換えるなども含めて検討しましょう。

ソフトバンク光 キャンペーン【絶対に失敗しない】ソフトバンク光でキャンペーンを受け取る全知識

ソフトバンク光で失敗しない契約先

ソフトバンク光で失敗しない契約先

ソフトバンク光はおうち割を使うことでだいぶ安く契約できることがわかりました。

実際に契約する場合にはページを選ぶ必要があります。

基本的に光回線は代理店ページから契約することでキャッシュバックが多くもらえたりするので、代理店からの契約をおすすめしています。

しかし、中には悪質な代理店もありますのでしっかりと優良なページを選びましょう。

アウンカンパニー:ソフトバンク光の代理店では一番優良な代理店

公式ページよりもキャッシュバックの金額が高く、受け取りも素早くできる優良なページであるアウンカンパニー。

ソフトバンク光を契約するのであればここを選んでおいて間違いないでしょう。

ソフトバンク光の公式のキャッシュバックだと新規申込で24,000円のキャッシュバックキャンペーンがありますが、アウンカンパニーではキャッシュバック金額が33,000円受けられます。

さらに受取期間も公式が6か月かかるのに対し、アウンカンパニーでは2か月で受け取れます。

また、キャッシュバックの受け取り方法ですが、公式の場合だと郵便為替なのに対し、アウンカンパニーでは現金振り込みとなっています。

今まで使っていた光回線の違約金がある場合には乗り換え割が適応され、最大10万円まで負担してくれます。

アウアカンパニーのページ

https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

NEXT:アウンカンパニーと同じく優良な代理店



上記で説明したアウンカンパニーと同じく優良な代理店です。

ほとんどアウンカンパニーと同じ内容なのですが、違うところと言えば無線LANと28,000円のキャンペーンを選んだ際の無線LANが違います。

アウンカンパニーでは2種類からルーターが選べますが、こちらは1種類です。

高速回線に対応しているルーターなので、どちらでもいいとは思いますが、こだわりがある場合はこの部分で使い分けをおすすめします。

S&Nパートナー:キャッシュバックキャンペーンの金額が最大



最後におすすめするのがこのS&Nパートナー。

契約から2か月後に必ず34,000円のキャッシュバックをしてくれる優良な代理店です。

上記2社の代理店と違うところは金額。

1,000円高い金額をキャッシュバックしてくれますが、注意が必要な部分があります。

アウンカンパニーとNEXTは何もオプション加入が必要ではありませんが、こちらの代理店は光BBユニットという無線LANの月額契約が必要になります。

レンタルの月額費用は467円と安いですが、これがプラスされるならば、自分で無線LANを用意した方がいいのではないかと個人的には思います。

S&Nパートナーのページ

https://hikarikaisen-snp.com/

知らないと損!?ソフトバンク光の割引、おうち割光セットを徹底解説まとめ

今回はソフトバンク光の割引について解説していきました。

ソフトバンク光でなくても、最近流行っているNURO光などの他の光回線でもおうち割光セットが適応されるということで、セット割を使う人は案外多い印象でした。

せっかくSoftbankのスマホを契約しているのであれば、セット割を使わない手はありません。

最後にソフトバンク光を契約する上で失敗しないためのページも記載しましたので、この記事を参考にした方はソフトバンク光の契約をスムーズにコスパよく行うことができるでしょう。

他の光回線についても解説しているので、ソフトバンク光以外の光回線を契約したい方はそちらの記事も参考にしてみてください。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です