ソフトバンク光の違約金負担はいつ還元されるのか?徹底的に解説

ソフトバンク光 違約金負担

以前契約していた光回線を解約し、ソフトバンク光に乗り換えたが違約金の負担はいつ還元されるのか?

ソフトバンク光には乗り換えの際に以前契約していた光回線の違約金を負担してくれるサービスがあります。

ソフトバンク光の違約金負担はとても高額で、違約金負担に対応している光回線のほとんどの違約金を負担してくれます。

ソフトバンク光には契約する際に代理店ページも存在しますが、違約金負担に関してはどのページからでも条件は同じとされています。

今回はソフトバンク光の違約金負担について徹底的に解説していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • ソフトバンク光の違約金負担は6か月後に還元される
  • ソフトバンク光の違約金負担は他の光回線と比べてもかなり額が多い
  • ソフトバンク光の違約金負担を受け取るには以前契約していた違約金の証明書が必要
  • ソフトバンク光の違約金負担が適応されない光回線もある
ソフトバンク光を導入する人へのメリット
  • ソフトバンク光は他社の違約金を最大10万円負担してくれる!
  • 違約金と同時に新規申込のキャッシュバックも受け取れる!
  • 優良代理店ページからの契約で公式ページよりもキャッシュバック金額や受取期間等でメリットが多数ある!
  • NTT回線なので全国的に対応している!
  • Softbankユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される!

auひかり 解約

\現在契約している光回線の違約金を0円にしてキャッシュバックを受取る

ソフトバンク光はこちら

ソフトバンク光の違約金負担は絶対に利用するべき

ソフトバンク光の違約金負担は絶対に利用するべき

結論から述べると、ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンは「絶対に利用するべき」です。

なぜならこのキャンペーンを利用すれば、ソフトバンク光への乗り換えに伴う出費がかなり抑えられるからです。

しかもこのキャンペーン、還元してくれる金額の上限が大きいこともさることながら、適用条件は厳しくなく、さらに還元対象の範囲も広くて手続きも簡単と、言うことなしなのです。

そんなソフトバンク光の違約金負担サービス「あんしん乗り換えキャンペーン」の、まずは概要や還元対象、還元金額の詳細や適用条件、そして手続き方法を確認してみましょう。

安心乗り換えキャンペーンの概要

安心乗り換えキャンペーンとは「他社から新たにソフトバンク光、またはソフトバンクエアーを申し込んだ場合に、他社への違約金・撤去工事費を満額還元」してくれるキャンペーンのことです。

ソフトバンク光の違約金負担は絶対に利用するべき

乗り換え時に掛かる費用の中でどんなものがこのキャンペーンの対象となっているかは後で解説しますが、ざっくりというと違約金や撤去工事費の他に、開通工事費の割賦残債やモバイルルーターの端末代なども含まれます。

例えばauひかりから他社に契約期間中に乗り換えようとした場合、戸建ての2年契約プランだとauに支払う解約費用は次の金額が掛かります。

解約違約金9,500円+開通工事費残債 最大37,500円+撤去工事費28,800円=75,800円

総額75,800円は結構負担が大きいですよね。でもソフトバンク光に乗り換えてこの「あんしん乗り換えキャンペーン」を利用すれば、この75,800円が全て後で返ってくるのです。

つまり、ソフトバンク光への乗り換えを大いに後押ししてくれるキャンペーンと言えます。

あんしん乗り換えキャンペーンの還元対象

あんしん乗り換えキャンペーンの還元対象は他社サービス解約時の「違約金」や「撤去工事費」などになっていますが、実はこの他解約時に発生する様々な費用がこのキャンペーンの対象に含まれています。

反対に、解約時に掛かる費用であっても還元対象とならないものもあります。

そこであんしん乗り換えキャンペーンの還元対象になる費用、還元対象にならない費用をそれぞれ整理してみました。

還元対象の費用 還元対象外の費用
回線撤去費用または解約違約金 回線解約のないテレビやオプションの解約料金
長期割引解約金または解除料金 携帯電話の違約金(セット割含む)
電話撤去費用・アナログ電話復活工事費用 プラン変更手数料
フレッツ光以外の工事費の残債 転用時のフレッツ光工事費の残債
モバイルブロードバンド回線の解除料金(※) ソフトバンクグループ・Y!mobile提供のモバイルブロードバンド端末の割賦残債
モバイルブロードバンド端末の割賦残債 ソフトバンクグループ・Y!mobile提供のモバイルブロードバンド解除料金
転用時のプロバイダ解除料金(※) オプションとして割賦または分割で購入したPC・タブレット等機器の残債
テレビ撤去費用または解除料金
事業者変更承諾番号発行手数料

※ソフトバンクグループ・Y!mobile提供のものを除く

解約違約金

解約違約金とは、インターネット回線サービスを契約期間に定めのあるプランで契約し、契約期間中に解約した場合に発生する費用です。

あんしん乗り換えキャンペーンではこの解約違約金支払い分を還元してくれ、例えばauひかりから乗り換える、NURO光から乗り換えるといった場合に発生する解約違約金が対象となります。

ただしフレッツ光や光コラボからの乗り換えの場合には、契約期間内の乗り換えでも「転用」という形になって、そもそも解約違約金が発生しません。ですから光コラボはあんしん乗り換えキャンペーンの対象外ではないのですが、解約違約金の部分では関係がないことになります。

撤去工事費用

撤去工事費用は、他社サービス解約時に回線の撤去工事の必要がある場合に発生します。

例えばauひかりの戸建てプランは解約時に撤去工事が必須ですし、JCOMも同様です。その他他社のサービスでも、撤去工事費を請求されるケースがあると思います。

このような撤去工事費用もあんしん乗り換えキャンペーンの対象となります。

長期割引解約金

他社のサービスによっては、長期割引を受けられる代わりに解約で違約金が発生してしまうものがあります。

例えばフレッツ光の「光もっともっと割」や「光はじめ割」がそれにあたり、光もっともっと割は戸建てタイプで5,500円~33,000円、マンションタイプで3,850円~11,550円の違約金が、光はじめ割は戸建てタイプで11,000円、マンションタイプで7,700円の違約金が発生してしまいます。

あんしん乗り換えキャンペーンではこのような長期割引解約金も対象となり、かかった金額を還元してくれます。

工事費の残債

他社サービス利用開始時に開通工事で費用が発生し、その支払いを割賦払いにした場合には、解約時に残債が残っていることがあります。つまり分割払いをすべて支払い終わっていない状態のことです。

あんしん乗り換えキャンペーンではこの開通工事費の残債も対象となり、例えば工事費実質無料キャンペーンも指定期間を超えずに解約すると工事費の残債が発生しますが、このような場合でも還元してもらえるのです。

ただ一つ注意しなければならないのは、フレッツ光の工事費残債は対象外ということです。この分はソフトバンク光へ乗り換えした後も、引き続き支払わなければならないので覚えておきましょう。

モバイルブロードバンド回線の解除料金

あんしん乗り換えキャンペーンでは、光回線の他にWiMAXなどのモバイルブロードバンド回線も対象となります。

しかも解約違約金の他に端末代の割賦残債も対象になるのでお得です。

プロバイダ解除料金

プロバイダ解除料金は、プロバイダの解約で発生する場合があります。

あんしん乗り換えキャンペーンでは、回線の解約を伴うプロバイダの解約解除料も対象で、例えばフレッツ光や光コラボからの乗り換え自体に解約違約金は発生しませんが、この時プロバイダを乗り換え、解除料金が発生する場合、この部分はキャンペーンの対象となります。

あんしん乗り換えキャンペーンの還元金額

あんしん乗り換えキャンペーンは公式サイトで「満額還元」と書かれていますが、これには注意書きがあって、最大は10万円となっています。

ただし、モバイルブロードバンド端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は42,000円が上限となっています。あくまで端末代のみの上限ですが、念のため覚えておきましょう。

そして還元される金額は「違約金や撤去工事費等対象費用の合計」ですが、金額は丸められます。

具体的には合計金額が10万円未満の場合には1,000円以下切り上げとなり、例えば12,001円の場合には13,000円が、35,999円の場合には36,000円が還元される金額となります。

切り上げなのでこの分でも少しですが得をしますね。

あんしん乗り換えキャンペーンの適用条件

あんしん乗り換えキャンペーンには適用条件は、たくさんありますがどれもクリアするのは難しくありません。個人的には念のため載せているといった印象です。

適用条件の内容は次の通りです。

  • 2018年7月2日以降に新たに「ソフトバンク光」または「ソフトバンクエアー」に申し込み、ソフトバンク光は申し込みから180日以内、ソフトバンクエアーは申し込みから90日以内に課金を開始していること
  • ソフトバンク光またはソフトバンクエアー申し込み時に、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線を利用していること(ただしソフトバンク提携のケーブルライン取り扱いCATV事業者のインターネット回線は対象外)
  • 課金開始月を1ヵ月目とした5ヵ月目の末日を「特典適用確定日」とし、この日までに以下の条件をすべて満たすこと
  • 違約金や撤去費用、モバイルブロードバンド端末代金の残債の金額が確認できる証明書を、特典適用確定日必着、証明書の不備なく、指定の方法で提出している
  • 証明書に記載されている契約者の氏名は、キャンペーン申し込み者本人または同一苗字の家族である
  • ソフトバンク光またはソフトバンクエアーを利用中である
  • 「ソフトバンクまたはワイモバイル携帯合算」、「クレジットカード」、「口座振替」のいずれかで支払い方法登録を完了している
  • 毎月の利用料金を支払期日までに入金している

たくさんのことが書かれていますがまとめると「ソフトバンク光を新規で申し込んで使い始めている」こと、「申し込みの時に他社サービスを利用していた」こと、「解約金等の支払い証明書を提出している」こと、「支払い方法を3つのいづれかで登録している」こと、「毎月ちゃんと払っている」ことの、大きく5つができていればOKというものです。

ソフトバンク光を使い始めていることや、毎月ちゃんと支払っていることなどは当然のことですし、その他難しい条件は一つもないと言えます。

あんしん乗り換えキャンペーンの手続き方法

あんしん乗り換えキャンペーンの手続きはとても簡単で、次のように全部で5STEPに分かれています。

ソフトバンク光の違約金負担は絶対に利用するべきでは順番に見ていきましょう。

STEP1 ソフトバンク光への申し込み

まずはソフトバンク光に申し込みをします。WEB上から申し込んでも店舗で申し込んでも、どちらでもOKです。

一応ですが、あんしん乗り換えキャンペーンの期間中であることは当然必要です。

STEP2 契約成立/課金開始

あんしん乗り換えキャンペーンは、申し込んだだけでなくソフトバンク光を使い始めなければ適用されません。

申し込みから課金開始までにはソフトバンク光で180日以内、ソフトバンクエアーで90日以内となっていますので、超えないようにしましょう。

STEP3 証明書の提出

続いて違約金の請求書、撤去工事費用の請求書など、所定の証明書を提出します。

提出の仕方は2通りあり、「専用ウェブページからのアップロード」か「証明書貼り付けシートの返送」です。

専用ウェブページからのアップロードの場合には、My SoftBankにログインして書類の写真を撮り、そのまま送信すればOKです。

また書類を郵送で送る場合には、専用の台紙や封筒を公式サイトからダウンロードして印刷し使用します。

証明書は不備があると、場合によってあんしん乗り換えキャンペーンの適用を受けることができなくなってしまいます。

書類を提出すると後日SMSで審査完了のお知らせが届いてMy SoftBankから結果を確認することができるようになります。

キャンペーンの手続き状況で受付結果が「証明書確認済」になっているとOKで、反対に「証明書再提出待ち」になっていると書類に不備があったということになります。

必ず確認して、万が一不備があった場合にはすぐにトライするようにしましょう。

STEP4 特典適用確定

キャンペーンの適用条件の全てを満たすと特典適用が確定します。適用が確定する時期は、課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までです。

確定したかどうかはMy SoftBankから確認でき、キャンペーンステータスが「特典適用確定」になっていればOKです。

こちらも時期が来たら確認してみましょう。

STEP5 普通為替受け取り

課金開始月を1ヵ月目として6ヵ月目に還元額分の普通為替が届きます。

普通為替とはゆうちょ銀行で換金できる金券のことで、自宅に届いた「普通為替証書」をゆうちょ銀行に持っていき、証書と引き換えに現金を受け取れるものになっています。

詳細は後で解説しますが、普通為替には有効期限がありますので注意しましょう。

まとめ

このようにあんしん乗り換えキャンペーンの手続きは利用者側で行うことが少なく、主にソフトバンク光を使い始めて、かつ証明書の提出をすれば完了です。簡単にもかかわらずメリットが大きいのはうれしいですね。

【辛口】口コミからわかったソフトバンク光を契約する上での全知識

ソフトバンク光の違約金負担が適応されない光回線

ソフトバンク光の違約金負担が適応されない光回線

あんしん乗り換えキャンペーンにある「他社」の範囲はどこまでなのでしょう?対象になる他社のサービスは「固定ブロードバンド回線」または「モバイルブロードバンド回線」で、簡単に言うとauひかりやNURO光などの光回線サービス、WiMAXなどのモバイルWi-Fiサービスなどが該当します。

反対に対象にならないサービスは、ソフトバンクグループやY!mobile提供の固定回線やモバイルブロードバンド回線、ケーブルライン取り扱いCATV事業者が該当します。

これらを表にまとめると次の通りです。

適用されるサービス 適用されないサービス
フレッツ光(他社プロバイダに限る) ソフトバンク光からソフトバンクエアーへの変更
他社光コラボ ソフトバンクエアーからソフトバンク光への変更
auひかり Y!mobileのADSLサービス
NURO光 Y!mobileのPocket WiFiサービス
ケーブルテレビ 日本中央テレビ株式会社や仙台CATV株式会社などを始めとした、ケーブルライン取り扱いCATV事業者提供のサービス
電力系光回線
他社ADSL

つまり、「ソフトバンク系列やソフトバンクと提携していることろからの乗り換えは対象外」と覚えておけば間違いがないでしょう。

ソフトバンク光の違約金負担の還元はいつなのか?

ソフトバンク光の違約金負担の還元はいつなのか?

このように還元額が大きく、適用条件も厳しくないあんしん乗り換えキャンペーンですが、還元されるのはいつ頃なのでしょうか?

還元されるのは「課金開始月を1ヵ月目として6ヵ月目」です。

つまりソフトバンク光を利用し始めて月額料金等を支払い始めてから6か月目に貰えるということです。

このことからも分かる通り、あんしん乗り換えキャンペーンを適用しても違約金や工事費残債、撤去工事費用などは「一度立て替えなければなりません」

なぜならこれらの請求の方が還元時期よりも早いからです。

つまりソフトバンク光に乗り換えてあんしん乗り換えキャンペーンを適用する場合でも、違約金等の支払いができるくらい余裕をもって乗り換えをする必要があるということです。

ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンを利用する際の注意点

ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンを利用する際の注意点

最後にあんしん乗り換えキャンペーンの注意点をいくつか見てみましょう。

還元は普通為替での受け取り

まずあんしん乗り換えキャンペーンによる還元は、口座振り込みではなく普通為替での受け取りになるのですが、普通為替で一つ注意しなければならないのは「有効期限がある」ことです。

普通為替証書の有効期限は「発行日から6ヶ月間」となっており、これを過ぎると証書の再発行が必要になってきます。

ですから普通為替が届いたら、有効期限内に速やかに換金するようにしましょう。

普通為替はキャンペーン適用確定月時点の登録住所へ送られる

次に注意したいのは、「普通為替はキャンペーン適用確定月時点での登録住所(送付物受取住所)に送られる」ことです。

キャンペーン適用の確定は「課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日まで」に行われます。

あまりないケースかもしれませんが、この間に普段居る場所が変わってしまっていると、気づかず受け取れないことがあるかもしれません。

送付物受取住所はMy SoftBankから簡単に変更することができますので、常に最新のものにしておきましょう。

受取の権利があるのは得点適用確定日から4か月後の末日まで

先ほどの話と関連しますが、利用者側の都合で普通為替証書が受け取れなかった場合、権利は「特典適用確定日から4ヵ月後の末日」で消滅してしまうことにも注意しましょう。

「後から思い出したけど手遅れだった」ということにならないようにしてください。

証明書に不備がある場合には受け取れない可能性も

あんしん乗り換えキャンペーンの適用には「違約金や撤去工事費の請求書」など証明書の提出が必要ですが、これらに不備があると還元を受けられない可能性があることにも注意が必要です。

提出する証明書には「契約者の氏名が分かること」、「他社サービス名やプロバイダ名が分かること」、「契約者名がソフトバンク光契約者名と一致すること」、「項目名と金額が分かること」が必要です。

証明書がこれらを満たさない場合には書類に不備があるとみなされ、あんしん乗り換えキャンペーンの適用を受けることができません。

提出した証明書に問題がないかはMy SoftBankから確認することができ、審査の完了はSMSで届きますので、しっかりと確認しておきましょう。

ソフトバンク光の違約金負担はいつ還元されるのか?徹底的に解説まとめ

今回はソフトバンク光の違約金負担の解説を行いました。

光回線の中には違約金の負担に対応していない光回線もありますので、自分が今契約している光回線が対応しているのか確認した上で受けるようにしてください。

また、負担された金額は6か月後に受け取ることができることもわかり、まだ受取が完了していない人には安心できる内容でした。

現在他の光回線を契約していて、違約金がかなりかかるようであれば、負担してくれるソフトバンク光を選ぶのも良い選択だと思います。

自分にとって適切な光回線を選ぶことで数万円程度は簡単に削減できますので、当サイトを参考にしてみてください。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です