速度を大幅に改善できるソフトバンク光をIPv6に変更する方法

ソフトバンク光 IPv6

IPv4とIPv6という言葉を聞いたことがある人も多いはずです。

詳しい説明は省きますが光回線において、IPv6に対応しているとIPv4に比べてより速い通信環境が期待できます。

ソフトバンク光を何のオプションも付けずに契約すると、IPv4の通信環境で設定がされます。

今回はソフトバンク光でIPv6の高速インターネット通信を行う方法やソフトバンク光のIPv6について解説します。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • ソフトバンク光はIPv6に変更することで大幅に速度の改善が期待できる
  • ソフトバンク光のIPv6を使うには光BBユニットというオプションを付ける必要がある
  • IPv6に変更しても速度が改善されない場合は周辺機器の不具合を疑う
  • それでも速度が改善されない場合は他の光回線も検討する
NURO光は通信速度が日本で一番速い
  • NURO光は最大通信速度が下りで2Gbps出る光回線!
  • 通信速度が他の光回線の2倍!
  • キャッシュバックが45,000円ある!
  • オンラインゲームやIT系の仕事をするならもってこいの光回線!
  • Softbankユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される!

ソフトバンク光 IPv6

\公式ページで45,000円のキャッシュバックを受け取る/

NURO光はこちら

ソフトバンク光でIPv6を使うことで得られる恩恵

ソフトバンク光でIPv6を使うことで得られる恩恵

冒頭でも触れましたがIPv6はIPv4よりも速い通信環境が期待できます。

IPv6とIPv4の違いを簡単に説明します。

まず、IPv6はIPv4の次に誕生したインターネットプロトコルで、IPv4の改良版ともいえるのがIPv6になります。

IPv4だけでは現代のインターネット社会で問題が発生したためにIPv6が誕生しました。

通信速度面の問題としてはIPv4が狭い回線を使っていて、IPv6は広い回線を使えるという違いがあります。

あまり専門用語を使ってもわかりにくいので、こういった表現をしていますが、要は光回線が通る道を広くすることができるインターネットプロトコルを採用しているのがIPv6ということです。

ソフトバンク光でも同様にIPv6を使うことで通常のIPv4よりも通信速度を速めることができます。

ソフトバンク光はNTT回線の光コラボを採用しているので、他の光コラボとの回線と混雑してしまうことが懸念されていました。

しかし、IPv6を使うことで他の光コラボの回線と混雑せずに広い回線が使えるので、結果的に通信速度が速くできるということです。

実際に使っている人も結構速いとTwitterで噂になっていました。

やはりソフトバンク光をIPv6にすることで通信速度の改善が見込めるようです。

信じられないくらい爆速になった人もいて、NTT回線が混雑している地域にお住まいだったのでしょう。

IPv6の効果をしっかり実感できている人も多くいました。

ソフトバンク光でIPv6を使うためのオプション

ソフトバンク光でIPv6を使うには光BBユニットというオプションが必要です。

オプションなので月額467円の追加費用がかかってしまいます。

光BBユニットはソフトバンク光でIPv6環境を利用したい状況において欠かせない機器になります。

しかし、IPv6に対応している市販のルーターもあり、市販のものでもいいのでは?と思い、ソフトバンク光に問い合わせてみました。

IPv6に対応している市販のルーターを入れればソフトバンク光でIPv6環境になるんじゃないの?
いいえ、ソフトバンク光でIPv6をご利用になりたい場合には光BBユニットをオプションで付けていただく必要があります。

ソフトバンク光サポートセンター

なぜ光BBユニットが必要なのか、詳しい説明はオペレーターレベルの人ではわからないと言われましたが、とにかくソフトバンク光でIPv6を使うには光BBユニットが必要らしいです。

ソフトバンク光でIPv6を使うための手順

ソフトバンク光でIPv6を使うための手順

光BBユニットが必要なことはわかったので、次は実際にソフトバンク光でIPv6を使うためにどんな手続きが必要か見ていきましょう。

光BBユニットを申し込む

まず光BBユニットを利用していない場合には始めにユニットのレンタルを申し込む必要があり、「Webで手続きする方法」と「ショップで手続きする方法」、「電話で手続きする方法」のいづれかから行います。

ではそれぞれ見てみましょう。

Webで申し込む場合

Web上での手続きは、My SoftBankから次の手順で行います。

  1. My SoftBankにログイン
  2. 「オプションサービスの手続き」クリック後、「どこでもインターネット」をクリック
  3. 「光BBユニットレンタル」を選択後、「お手続き」をクリック
  4. 「申し込む」をクリックすれば完了

My SoftBankへログインする際にはS-IDとパスワードが必要になります。分からない場合には契約時に送られてきた書類またはSMSで確認しましょう。

そしてそれでも分からなかった時には、ログイン画面上の「S-IDを確認したい方」または「パスワードをお忘れの方」をクリックして、画面の表示に沿って進めば確認することができます。

ショップで申し込む場合

ショップでの手続きはソフトバンクショップの他にワイモバイルショップでも可能です。

ショップで手続きする場合の手順は次の通りです。

  1. 公式サイトから最寄りのショップを探す
  2. 「Webで予約」か「電話で予約」から来店予約を入れる
  3. 運転免許証、パスポートなどの本人確認書類持参のうえ来店する
  4. 指示に従って手続きを行えば完了

始めから来店予定の店舗がある場合には「ショップの検索」は不要です。また、来店予約をすれば来店後の待ち時間が短くなっておすすめですが、必須ではありません。

電話で申し込む場合

電話で申し込む場合には下記へ受付時間内に電話をします。
【各種お手続きお問い合わせ窓口】
TEL:0800-111-2009(通話料無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

電話での申し込み手続きは、次のように行います。

  1. 「登録した電話番号またはカスタマID」を準備する
  2. 窓口に電話を掛ける
  3. オペレーターの指示に従って手続きをすれば完了

カスタマIDもS-IDと同様に、契約時に送られてきた書類またはSMSで確認することができます。そしてもし分からなかった場合にはMy SoftBankのお客様情報でも確認することができます。

光BBユニットを接続する

光BBユニットレンタルの申し込みが終わるとユニット本体が送られてくるので、届いたら次に光BBユニットの接続を行います。

接続は難しくなく、機器や光電話の利用の有無によって手順は多少異なりますが、代表的な手順は次の通りです。

  1. ホームゲートウェイの電源を外す
  2. 壁にある光コンセントとホームゲートウェイを光コードで接続する
  3. ホームゲートウェイのLANポートと光BBユニットのインターネット回線ポートをLANケーブルで接続する
  4. 光BBユニットのパソコンポートとパソコンのLANポートをLANケーブルで接続する
  5. ホームゲートウェイ、光BBユニットの順で電源アダプターを接続すれば完了

ただ配線や機械が苦手と言う人もいると思います。そんな時にはソフトバンク公式サイトにある「らくらく配線ツール」を利用しましょう。

ソフトバンク光でIPv6を使うための手順

このツールはイラストや動画で配線の仕方を確認することができるもので、PC版とスマホ版があります。

どちらも光BBユニットの有無とホームゲートウェイの型番、そして電話サービスを選択するだけで、接続の仕方を分かりやすく確認することができますので利用してみましょう。

IPv6接続方式に変更するための手続きを行う

最後にソフトバンクの公式サイト内にある「接続方式変更のお申込み」ページから、IPv6への接続方式変更の申し込みを行います。

ソフトバンク光でIPv6を使うための手順

申し込み手順は次の通りです。

  1. 接続方式変更のお申込みページにアクセスする
  2. 注意事項確認後、画面下部の「手続き画面へ」をクリックする
  3. My SoftBankへログインする
  4. 接続方式変更画面で「接続方式変更希望日」を入力し「同意する」にチェック後、「確認」ボタンをクリックする
  5. 「申し込む」をクリックすれば完了

一つ注意しなければならないのは「接続方式変更希望日の当日から翌日には光BBユニットをつないでおく必要がある」ことです。このタイミングで接続機器の切り替えが行われますが、つながっていないと自動での切り替えがされないので注意しましょう。

ソフトバンク光でIPv6に変更したにも関わらず遅い理由

ソフトバンク光でIPv6に変更したにも関わらず遅い理由

ソフトバンク光でIPv6にしたら速いという口コミを見て、IPv6に変更したけど遅い!

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

光BBユニットの型式が古い

IPv6方式に変更しても遅い場合には「光BBユニットの型式が古い」可能性があります。

光BBユニットは型式が3種類あり、ユニットの側面にあるラベルで確認することができます。

ラベル表示 型式 最大有線伝送速度 最大無線伝送速度
J18V111.00 E-WMTA2.1 公表なし 公表なし
J18V115.00 E-WMTA2.2 1Gbps 1.3Gbps
J18V150.00 E-WMTA2.3 1Gbps 300Mbps

もっとも古いE-WMTA2.1の最大伝送速度は公表されていませんが、一番新しい型式であるE-WMTA2.3が最も速く、特に無線環境で大きく異なっています。

このことからまずは自宅にある光BBユニットの型番を確認してみましょう。そしてもし光BBユニットの型番がE-WMTA2.3以外だった場合には、光BBユニットの交換をしましょう。

ユニットの交換はソフトバンク光サポートセンターへ電話をし依頼すれば、無償で交換することが可能です。

光BBユニットの初期不良

光BBユニットにかかわらず機器全般にあり得るのが「初期不良」ですが、光BBユニットはリサイクルをして使いまわしをされているため、特に初期不良の報告が多くあるようです。

初期不良かどうかを見分けるには、接続状態が間違っていないことを確認後、それでも「インターネット回線」のランプがオレンジ色か緑色かを確認することです。

この時ランプが緑色であれば接続および機器に問題はありませんが、オレンジ色だった場合で接続方法が間違っていない時には初期不良の可能性があります。

このような場合にはソフトバンク光サポートセンターに電話をし、光BBユニットを交換してもらいましょう。こちらももちろん交換は無償です。

IPv6の接続設定が完了していない

遅いときのもう一つの原因として「IPv6の接続設定が完了していない」ことも考えられます。

ソフトバンク光のIPv6サービスは、前述の通り「接続方式変更の申し込み」を行い、接続方式変更希望日の当日から翌日にかけて光BBユニットを正しく接続していないと、接続の自動切り替えが行われません。

この場合にはまず、ソフトバンク公式サイトの「IPv6接続確認ページ」で接続方式を確認することです。

このページはアクセスするだけで、現在の接続方式を自動で検知し表示してくれます。

もし「お客様はIPv6インターネットで接続しています。」と表示された場合には問題がないのですが、「お客様はIPv4インターネットで接続しています。」と表示された場合には手続きが正しく完了していない可能性があります。

その際にはまずはソフトバンク光サポートセンターへ電話をし、状況を確認後に申し込み手続きや設定の仕方を確認するようにしましょう。

LANケーブルがIPv6通信に対応していない

その他の原因としては「LANケーブルがIPv6通信に対応していない」可能性もあります。

LANケーブルはどれも同じではなく下の表のように「カテゴリー」という規格があり、最大通信速度に違いがあります。

カテゴリー 最大通信速度
CAT5 100Mbps
CAT5e 1Gbps
CAT6 1Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT8 40Gbps

そのためもしLAN接続に古いカテゴリーのケーブルを使用していると、能力が十分に発揮されずに遅くなってしまうのです。

LANケーブルのカテゴリーの確認の仕方は簡単で、ケーブルにいろいろな表記がされてはいますが、「CAT」というところに注目すればカテゴリーの見分けがつけられます。

ただこの時注意しなければならないことの一つは「カテゴリーが高ければ高いほどいいわけではない」ことです。

例えば一番高速なCAT8のLANケーブルを使ったとしても、能力を最大に引き出すためにはパソコンも接続機器も対応のものを用意しなければなりません。

一般的に普及しているのはどの機器も「1Gbps」のものなので、CAT5eもしくはCAT6のLANケーブルで十分ということになり、それ以上のものを用意しても高額になるだけです。

またもう一つ注意しなければならないのは「使うLANケーブル全てでCAT5e以上のものを使うこと」です。

例えば一か所でもCAT5のLANケーブルを使ってしまうとそこで通信が渋滞し、結果的に速度は最大でも100Mbpsまでしか出なくなってしまいます。

そのためすべてのLANケーブルのカテゴリーを確認するようにしましょう。

【辛口】口コミからわかったソフトバンク光を契約する上での全知識

それでもソフトバンク光が遅い場合は乗り換えを検討する

それでもソフトバンク光が遅い場合は乗り換えを検討する

IPv6にすることでソフトバンク光の通信速度の改善が期待できますが、それでもまだソフトバンク光が遅い場合には乗り換えを検討してみてもいいと思います。

これから紹介する光回線はIPv6が標準装備されているので、オプションの加入等が必要ありません。

NURO光:通信速度を求めるSoftbankユーザーにはもってこい

それでもソフトバンク光が遅い場合は乗り換えを検討する

ソフトバンク光にはSoftbank端末とセットで購入することでSoftbank端末1台につき月額1,000円の割引が適応されます。

NURO光も同様にSoftbank端末とのセット割が受けれられます。

NURO光は通信速度が現在の光回線サービスの中で最も速く、最近人気の光回線です。

オンラインゲームをする方やIT系の仕事をしている方などに多く重宝され、通信速度を要する人にはもってこいの光回線となっています。

さらにキャッシュバックの金額も戸建て45,000円、マンション25,000円と光回線の中では高額なので、ソフトバンク光のIPv6を試しても通信速度の改善につながらない方にはおすすめできます。

月額料金も戸建て4,743円、マンション1,900~2,500円と他の光回線に比べても安いので選ばない理由はありません。

NURO光に移行するデメリットとしては新しい光回線のため、まだ対応しているエリアが少ないところです。

それでもソフトバンク光が遅い場合は乗り換えを検討する

上記のエリアにのみ現在は対応しているので、対応エリアにお住まいの方以外はNURO光を契約することができません。

もしお住まいの地域がNURO光の対応エリアであれば、積極的にNURO光を入れることをおすすめします。

月額料金(マンション) 1,900円~
月額料金(戸建て) 4,743円
通信速度 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 実質無料
契約手数料 3,000円(ご利用開始月にご請求します)
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大45,000円
工事立ち合い 必須

NURO光の評判

ここまでコスパが最強な光回線は他にはないと思っています。

口コミを見ても通信速度は爆速です。

NURO対応エリアならば、NURO光を選択しておいて損になることはないでしょう。

NURO光公式ページ

https://nuro-ac.jp/

auひかり:独自回線で通信速度のメリットがある

それでもソフトバンク光が遅い場合は乗り換えを検討するauひかりも上記で述べたNURO光と同様に独自回線を持っています。

光コラボのように他の光回線の影響を受けないので、通信速度が期待できます。

NURO光と異なるところは対応エリアが広い点です。

戸建ては関西、東海地方以外は対応しています。

マンションの場合は全国的に対応していますが、マンションによっては対応していないマンションもあるので、一度お住まいのマンションがauひかりを入れられるのか確認しましょう。

auひかりには他にもメリットがあり、それはキャッシュバックの額がかなり高い点です。

auひかりのキャッシュバックは2種類あり、新規申込と違約金キャッシュバックがあります。

新規申込はネットのみの契約で45,000円の新規申込のキャッシュバックを行ってくれるので、かなり高額なキャッシュバックとなっています。

違約金の負担はソフトバンク光の解約時に発生する違約金をauひかりならば55,000円まで負担してくれます。

新規申込と違約金負担のキャッシュバックは併用できますので、どちらも一緒に受け取ることができます。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,100円(1年目)
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 無料
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大107,000円
工事立ち合い 必須

auのスマホを持っている方はセット割が適応され、auのスマホから1,000円の割引を受けることができます。

auひかりの評判

auひかりの通信速度も速いとの口コミが多かった印象です。

料金も安く、auの端末を持っていれば端末代割引が適応されますので、さらに安くで契約ができます。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

速度を大幅に改善できるソフトバンク光をIPv6に変更する方法まとめ

今回はソフトバンク光のIPv6について解説しました。

IPv4からIPv6に変更するだけでも案外通信速度が改善される人が多いです。

調べてみると、ソフトバンク光は通常の契約であればIPv4で設定されていて、光BBユニットのオプションでIPv6の設定に変えられることがわかりました。

まずはIPv6に変えてみて様子を見てみましょう。

それでも通信速度の改善が見込めないということであれば、お住まいの地域の問題の可能性が高いので、今回紹介した光回線への乗り換えも検討しましょう。

NURO光【辛口】NURO光の口コミは?徹底的にNURO光を調査してみた
当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です