ソフトバンク光を引っ越し先で使うメリットはない?手順を徹底解説

ソフトバンク光 引っ越し

ソフトバンク光を契約しているが引っ越しをすることになり、その場合の手続き方法が知りたい。

光回線は引っ越しをすると一度解約しなければならないことがあります。

ソフトバンク光の場合はどうなるのか、引っ越しをした場合には他の光回線に乗り換えた方がお得になるのか等を解説していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • ソフトバンク光の通信速度に不満がある場合にはNURO光がおすすめ
  • ソフトバンク光には引っ越しキャンペーンというものがある
  • 引っ越しキャンペーンを使うことで引っ越し先でも最低限の負担でソフトバンク光を使うことができる
  • キャッシュバックなどでソフトバンク光を解約した方がお得になることもある
NURO光は通信速度が日本で一番速い
  • NURO光は最大通信速度が下りで2Gbps出る光回線!
  • 通信速度が他の光回線の2倍!
  • キャッシュバックが45,000円ある!
  • オンラインゲームやIT系の仕事をするならもってこいの光回線!
  • Softbankユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される!

ソフトバンク光 引っ越し

\公式ページで45,000円のキャッシュバックを受け取る/

NURO光はこちら

ソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合の手続き手順

ソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合の手続き手順

引っ越しの手続きは5つのステップに分かれていて、申し込み先は3つの中から選ぶ形になっています。

では順に見てみましょう。

事前に準備をする

まずは事前準備として、あらかじめ手続きに必要なことを決め、必要なものを用意します。

引っ越し手続きの申し込み先は「ソフトバンクのショップ」、「電話」、「Web」の3種類の中から選ぶ形になっていて、あらかじめ決めておくことは同じですが、必要なものは少し異なります。

あらかじめ決めておく必要があることは次の通りです。

  • 引っ越し先の住所(郵便番号を含む・集合住宅の場合には建物名や部屋番号も必要)
  • 引っ越し予定日(旧居住先の退去日と新居住先の入居日が必要)
  • 工事立ち合い者名および連絡先

賃貸物件に引っ越す場合、工事の立ち合いは不動産管理会社が行うケースがあります。また、工事内容により物件所有者または不動産管理会社から許可をもらう必要もありますので、これらは事前に確認しておきましょう。

なお、「NTT東日本エリア」と「NTT西日本エリア」をまたいで引っ越しする場合や、ホワイト光電話と光電話(N)を両方利用している場合には、ショップでの手続きができず、電話で行う必要がありますので注意してください。

ショップで申し込む場合

まずソフトバンクのショップで申し込む場合、必要なものは次の通りです。

  • 本人確認ができる書類(運転免許証等)
  • 契約者氏名
  • 契約者の生年月日
  • 連絡先の電話番号

なお契約者以外の人が手続きする場合には委任状が必要です。様式はソフトバンクの公式サイトから印刷できるので、準備しておきましょう。

電話で申し込む場合

電話で申し込む場合には、次のことを準備します。

  • 基本情報(登録の電話番号またはカスタマID)

登録の電話番号またはカスタマIDは、契約書類またはMy SoftBankから確認することができます。

Webで申し込む場合

Webで申し込む場合にはMy SoftBankから手続きを行いますが、次のことが必要です。

  • ログイン情報(S-IDまたはYahoo!JAPAN IDおよびパスワード)

S-IDとそのパスワードは、ソフトバンク光利用開始時に書面またはSMSで送られてきた「ご利用開始のご案内」で確認することができます。

なおパスワードが分からなくなった場合には、再発行の手続きをすることになります。

引っ越しの申し込みをする

次に引っ越しの申し込みをします。

ソフトバンクのショップで申し込む場合

ショップでの申し込みは、ソフトバンクショップの他にワイモバイルショップでも可能です。

店舗の検索は、公式サイトから「最寄りのショップ検索」で行うことができます。この時あらかじめ来店予約もしておくと、待ち時間が少なくなるのでおすすめです。

後は店員から確認されることに答え、手続きを進めれば完了です。

電話で申し込む場合

電話で手続きを行う場合には、ソフトバンク光サポートセンターへ電話をします。
ソフトバンク光サポートセンター:0800-111-2009
※通話料無料・受付時間10:00~19:00、短縮番号3⇒3

電話を掛けると自動音声ガイダンスが流れますので、短縮番号を3⇒3と押します。すると窓口のオペレーターにつながりますので、後は聞かれた内容に答えていけば完了します。

Webで申し込む場合

Webで手続きする場合には、次の手順で手続きを行います。

まずMy SoftBankにログインします。

ソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合の手続き手順

次に「ホーム」画面から「お引越しのお手続き」をクリックします。

ソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合の手続き手順注意事項を確認後、承諾ボタンをクリックし、後は画面に沿って必要事項の入力、確認等をすれば完了です。

ソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合の手続き手順Webから引越しの手続きをすると、今なら抽選で100名にJCB商品券10,000円分がプレゼントされる「SoftBank 光/Airお引っ越しウェブ手続き特典2020」キャンペーンが行われています。

手続きも簡単なので、できればWebで手続きをするようにしましょう。

ソフトバンク光の撤去工事・開通工事を受ける

続いて撤去工事と開通工事を受けます。

撤去工事は必須ではなく、住んでいた建物の状況により必要かそうでないかが決まり、開通工事は必須ですが、これも建物の状況によって立ち合いが必要かそうでないかが変わります。

例えばすでに宅内までの配線が終わっている物件に引っ越す場合には立ち合いの必要がなく作業員も来ずに業者側の作業のみとなり、費用も安くなります。

工事日時や工事立ち合いの必要の有無などは、引っ越しの3日前までにSMSまたは書面で案内されます。連絡の見逃しがないよう注意しましょう。

NTT機器を返却する・ソフトバンク機器を引っ越しする

ソフトバンク光を利用するために必要な機器には、NTTのものとソフトバンクのものの2種類があります。

それぞれロゴが入っているのでどちらのものかは一目で分かりますが、これまで使っていた機器をどうすればいいのかはそれぞれ違います。

まずNTTの機器の変更が必要な場合、新しい機器は立ち合い工事の際に担当者が持ってきて、古い機器を回収していきます。そして立ち合い工事が不要の場合には、新しい機器は送り届けられ、古い機器は引越し先へ送られてきた回収キットを使用して返す必要があります。

もし返却をしなかった場合には、機器損害金を請求されてしまいます。必ず返却するようにしましょう。

反対にソフトバンクの機器は引っ越し後も継続して使います。ですから引っ越しの際にはソフトバンクのロゴが付いた機器を外して引っ越し先に持っていきましょう。

機器の設定、接続を行い利用開始

最後に機器の設定、接続を行えば使い始めることができます。

機器の設定は作業員が自宅を訪問する「派遣工事」であれば、作業の中で設定まで行ってくれますので自分でする必要がありませんが、作業員が自宅を訪問しない「無派遣工事」であれば、設定は自分で行わなければなりません。

設定は主に「接続機器」と「無線LAN」の2種類があります。

接続機器の設定

ホームゲートウェイONU一体型などのNTT由来の機器とコードは、新しいものが引っ越し先に送られてきます。

光コンセントとONUを光コードでつなぎ、LANケーブルでONUとパソコンを接続し、ONUの電源アダプタをコンセントに差し込めば完了です。

無線LANの設定

パソコンやスマホなどの端末を無線環境で利用したい場合には、無線接続の設定が必要です。

まずは端末のWi-Fi画面を開き、ルーターに書かれているSSIDとセキュリティーキーを入力すれば完了です。

なおルーターには2.4GHz用と5GHz用の2種類のSSIDとセキュリティーキーが書かれていますが、一般的に5GHzの方が通信速度が速いので、特に事情がなければ5GHzのほうで設定しましょう。

設定に困った場合

設定・接続作業は苦手意識のある方もいるかもしれませんが、ソフトバンクの公式サイトで分かりやすい解説がされています。

このページを参考に作業をすれば簡単に設定ができますので、参考にしてください。
機器の設定・接続方法はこちら

ソフトバンク光を引っ越し先で利用する際にかかる費用

ソフトバンク光を引っ越し先で利用する際にかかる費用

次にソフトバンク光の引っ越しに掛かる費用を確認してみましょう。

引っ越しに掛かる費用には必ず掛かる「開通工事費」と、引越しエリアや利用状況によって掛かる場合がある「手数料」や「光電話」、「光テレビ」の費用があります。

ではそれぞれ見てみましょう。

開通工事費

まずはソフトバンク光の引っ越しに伴う開通工事費からです。

開通工事費は引越し先の建物の状況によって異なり、次の通りです。

派遣工事あり
(既存設備・光コンセントなしの場合)
派遣工事あり
(既存設備・光コンセントありの場合)
派遣工事なし
開通工事費 24,000円 9,600円 2,000円

例えば引っ越し先の建物にまだ光ケーブルの配線がされておらず、宅内に光コンセントがない場合には、派遣工事ありの24,000円になります。

また、建物にすでに光ケーブルの配線がされていて、宅内に光コンセントがある場合でもNTTで派遣工事の必要があると判断された場合には、派遣工事ありの9,600円になります。

そして設備がすでにあり、派遣工事も必要ないとなった場合には、派遣工事なしの2,000円となります。

どの工事になるかは回線事業者であるNTTの判断で、利用者側で選ぶことはできません。また、どの工事になるかのお知らせは、引っ越し申し込み時点では分からず、後でお知らせされます。

しかしソフトバンク光では、現在キャンペーンで「SoftBank 光 新生活応援キャッシュバック/割引キャンペーン」を行っており、最大24,000円のキャッシュバックか、1,000円×24ヶ月間の割引を受けることができます。

このキャンペーンは、開通工事費が掛かる場合のみ適用可能で、キャンペーン金額の詳細は次の通りです。

回線工事の種類 回線工事の費用 特典1 特典2
派遣工事あり
(引っ越し先に既存設備と光コンセントなし)
24,000円 1,000円×24ヶ月間の割引 24,000円のキャッシュバック
(普通為替)
派遣工事あり
(引っ越し先に既存設備と光コンセントあり)
9,600円 1,000円×10か月間の割引 10,000円のキャッシュバック
(普通為替)
派遣工事なし 2,000円 1,000円×10か月間の割引 10,000円のキャッシュバック
(普通為替)

派遣工事ありの場合は、ほぼ工事費と同額がキャンペーンでもらえる金額になり、派遣工事なしの場合は8,000円得をします。

ですからソフトバンク光の引っ越しに掛かる開通工事費は、実質無料もしくは少し得をするということです。

なお、土日休日に工事をする場合には追加で3,000円が掛かりますので注意しましょう。

手数料

ソフトバンク光の引っ越し手続きでは基本的に手数料はかかりませんが、「NTTの設定しているエリアをまたぐ場合」には手数料が掛かります。

エリアは「東日本エリア」と「西日本エリア」に分かれており、これはNTTが東日本と西日本に分かれていることが関係します。

なお、エリア分けの詳細は次の通りです。

東日本エリア 西日本エリア
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

そしてこのエリアをまたいで引っ越しをする場合には、手数料として次の金額が別途掛かります。

引っ越しがエリアをまたぐ場合の手数料
3,000円

引っ越しの際にはこのエリアも意識するようにしましょう。

光電話の継続利用に必要な費用

引っ越し先でインターネットと合わせて光電話を継続して利用したい場合には、次の料金が別途発生します。

ホワイト光電話の場合

電話番号変更の有無 番号ポータビリティ解除の有無 費用
あり あり 3,000円
あり なし 3,000円
なし 1,000円

ひかり電話(N)の場合

基本工事費
最大3,500円

ひかり電話の継続利用には別途費用が発生することも覚えておきましょう。

光テレビ継続利用の費用

また、引っ越し先で光テレビを利用したい場合にも、別途次の費用が発生します。

テレビの台数 費用
1台 12,000円
2~3台 24,000円
4台以降1台プラスごとに +5,000円

なお東西のエリアをまたいだ場合には、テレビ視聴サービス登録料としてさらに2,800円が追加で掛かります。

正確な費用は確認を!

このようにソフトバンク光の引っ越しには、開通工事費と手数料、光電話と光テレビで費用が掛かってきますが、開通工事費はキャンペーン適用で無料、もしくは少し得をします。

しかしケースによって金額が異なるため、正確な金額を引っ越し手続きの際に確認するようにしましょう。なお、Web手続きを選択してその場で確認できない場合には、サポートセンターへ電話すれば確認することができますよ。

ソフトバンク光引っ越しに関する注意点

ソフトバンク光引っ越しに関する注意点

最後にソフトバンク光の引っ越しで注意するポイントを4つ紹介します。

引っ越した先のエリアがソフトバンク光に対応しているか確認する

まずは引っ越し先が決まったら、必ず最初にソフトバンク光のエリア確認を行うようにしましょう。

ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用しており、フレッツ光回線はNTT管轄の元、広いエリアで利用できる形となっています。

しかし沖縄県を始めとした数県ではまだ利用できず、また利用可能な県内でも山奥など一部地域では光ファイバーの敷設が済んでいないため利用できないといった場所もあります。そして引っ越し先の建物の状況によっては、エリア内でも利用できないこともあります。

いざ引っ越そうとなってから利用できないと気づくと手遅れになって、インターネットを利用できない期間が出てきてしまう可能性があります。

ですから必ず事前にエリア確認をしておいたほうがいいのです。

エリア確認は回線提供元であるNTT東西のホームページで確認することができます。
エリア確認はこちらから

どちらも郵便番号を入力してエリアを選択すると、利用できるエリアかが分かるようになります。

ただしサイトでの確認はあくまで参考で、これでエリア内だったからといって必ず使えるという保証にはなりません。

ですから最終的にはサポートセンターへ電話をして、引っ越し先の住所、物件でソフトバンク光が利用できるかどうかを確認してください。

引っ越しの手続きは余裕をもって行う

引っ越しには開通工事が必要ですが、工事は繁忙期の2~3月に特に混雑するので、余裕をもって手続きをしましょう。

通常引越しの場合には、2週間程度でインターネットが利用できるようになりますが、この繁忙期には場合によって1ヶ月以上かかることもあるようです。

また、実際に工事を行うのはNTTの工事事業者で、これはフレッツ光や他の光コラボと共通です。つまりソフトバンク光自体が仮に混雑していなくても、他の光コラボが混みあっていれば影響を受けてしまうのです。

そのため引っ越しの手続きは早目に行うのが得策です。

しかし一つ注意したいのは「SoftBank 光 新生活応援キャッシュバック/割引キャンペーン」の適用条件の「申し込んだ日の2ヵ月前の1日から、申し込んだ日の2ヵ月後の末日まで引っ越しをしていること」という点です。

例えば申し込んだ日が12月15日だった場合には、当年の10月1日から翌年の2月末までに引っ越していなければならないのです。

この点を踏まえ、キャンペーンが適用されるよう心がけながら早めに手続きをするようにしましょう。

手続き後のキャンセルには注意する

工事希望日の変更や手続き自体のキャンセルは「引っ越し先の工事日5日前まで可能」ですが、分かった時点で早めに行いましょう。

引っ越し手続き後に引っ越しをしないことになった、別の物件に変わったということもあるでしょう。

しかしキャンセルすることを万が一忘れてしまうと作業員の派遣料を請求されてしまいます。

ですから分かった時点ですぐに連絡するのが一番良いのです。

引っ越しがキャンセルになった場合には、分かった時点で早めにサポートセンターへ電話しましょう。

一旦解約しての新規申し込みは損をする

新規申し込みをするとキャッシュバック等が貰えてお得になるかも?なんて思う方もいるかもしれませんが、これはやらないほうがいいです。

なぜなら同一名義で契約しても、キャンペーンは対象外となるからです。

つまり損はするけど得はしないということで、解約違約金や工事費の残債の請求だけが残り、困ったことになります。

ですから引っ越し先でもソフトバンク光を利用する場合には、素直に引越し手続きをするようにしましょう。

キャンペーンで無料で引っ越せる

ソフトバンク光には引っ越しキャンペーンというものがあり、引っ越し先でもソフトバンク光を使う場合には違約金や回線撤去費用などを含む、すべての費用はかからないようになっています。

ソフトバンク光引っ越しに関する注意点今後もソフトバンク光を使う人にとってはとてもお得なキャンペーンなので、引っ越し先の場所がソフトバンク光に対応している場合にはこちらのキャンペーンを適応させましょう。

仮に他の光回線を引っ越し先でソフトバンク光以外の光回線を使う場合には以下の違約金のみかかります。

・2年自動更新:9,500円
(税込10,450円)
・5年自動更新:15,000円
(税込16,500円)

契約方法によって違約金の種類は2種類ありますので、自身の契約方法によってこの部分は見比べてみてください。

ソフトバンク光は引っ越ししたら他の光回線に移行するのも手段の1つ

ソフトバンク光は引っ越ししたら他の光回線に移行するのも手段の1つ

ソフトバンク光を今まで契約していて、引っ越し先でもソフトバンク光を使う場合にはキャンペーン等もありますので、そこまで負担は大きくなることはありません。

しかし、ソフトバンク光はNTT回線なので通信速度面はそこまで期待できないというのが現状です。

引っ越し先の場所が他の光回線以外に対応している場合には、乗り換えを検討してみてもいいと思います。

地域によって導入できない光回線もありますが、通信速度をもっと向上させたい、キャッシュバックを受け取りたい場合には、お得に他の通信速度の向上が見込める光回線に移行してみましょう。

NURO光:対応エリア内であれば最もおすすめ

ソフトバンク光は引っ越ししたら他の光回線に移行するのも手段の1つ

ソフトバンク光からの乗り換えであればNURO光が最もおすすめです。

ソフトバンク光と同様にSoftbankスマホとのセット割が適応されます。

さらにキャッシュバックの金額も戸建て45,000円、マンション25,000円と光回線の中では高額なので、引っ越しの際にソフトバンク光の更新月が被る場合は検討してみてもいいかもしれません。

NURO光はソフトバンク光と比べて通信速度を2倍に設定されており、NTT回線であるソフトバンク光に対してNURO光は独自回線です。

他の光回線会社がNURO光の回線を使うことがないので実測値も期待できます。

月額料金でも安い価格の光回線なので、当サイトでは一番推していますが、対応エリアがまだまだ狭いことがデメリットとして挙げられます。

ソフトバンク光は引っ越ししたら他の光回線に移行するのも手段の1つ

光回線の中でもNURO光は比較的新しい光回線なので、対応していないエリアも多いです。

もし引っ越し先がNURO光の対応エリアであれば、積極的にNURO光を入れることをおすすめします。

月額料金(マンション) 1,900円~
月額料金(戸建て) 4,743円
通信速度 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 実質無料
契約手数料 3,000円(ご利用開始月にご請求します)
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大45,000円
工事立ち合い 必須

NURO光の評判

ここまでコスパが最強な光回線は他にはないと思っています。

口コミを見ても通信速度は爆速です。

NURO対応エリアならば、NURO光を選択しておいて損になることはないでしょう。

NURO光公式ページ

https://nuro-ac.jp/

auひかり:キャッシュバックの金額が高額でソフトバンク光の違約金も負担してくれる


ソフトバンク光は引っ越ししたら他の光回線に移行するのも手段の1つauひかりも上記で述べたNURO光と同様に独自回線を持っています。

通信速度が期待できる上にauひかりはキャッシュバックがとても充実しています。

ソフトバンク光の違約金や解約金などがかかる場合にはauひかりが55,000円まで負担してくれます。

さすがに違約金などで55,000円かかることは稀なので、満額使うことはないと思いますがこれに加えて新規申込のキャッシュバックも高額なのがこのauひかり。

ネットのみの契約で45,000円の新規申込のキャッシュバックを行ってくれるので、かなり高額なキャッシュバックとなっています。

注意が必要なのはauひかりを契約する際は優良な代理店ページから契約しなければ、この金額のキャッシュバックが受け取れなかったり、余計なオプションをつけなければならなかったりする場合があります。

当サイトではNNコミュニケーションズというKDDIから9年連続で表彰されている優良な代理店を紹介しているので安心です。

auひかりの対応エリアは戸建ての場合は東海、関西エリア以外なら対応していて、マンションの場合は基本的に全国対応ですが、対応していないマンションも多いので実際に入れられる方は限られています。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,100円(1年目)
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 無料
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大107,000円
工事立ち合い 必須

auのスマホを持っている方はセット割が適応され、auのスマホから1,000円の割引を受けることができます。

auひかりの評判

auひかりの通信速度も速いとの口コミが多かった印象です。

料金も安く、auの端末を持っていれば端末代割引が適応されますので、さらに安くで契約ができます。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

ソフトバンク光を引っ越し先で使うメリットはない?手順を徹底解説まとめ

今回はソフトバンク光の引っ越しについての解説になりました。

ソフトバンク光は引っ越しキャンペーンも行っているので、そのままソフトバンク光を継続して使ってもそこまで費用はかかりません。

そのため、ソフトバンク光に不満がなければ他の光回線に乗り換える必要はないのですが、速い通信速度が必要な方やキャッシュバックで少しお小遣いが稼ぎたい方などは乗り換えてみてもいいと思います。

しかし、ソフトバンク光をそのまま引っ越し先で使う場合は、引っ越し先で同じ通信速度が出る保証がないことを理解しておく必要があります。

光回線というものは地域によって速度が少なからず変わるものです。

引っ越し先でソフトバンク光が遅い場合に他の光回線に乗り換えてもいいと思います。

NURO光【辛口】NURO光の口コミは?徹底的にNURO光を調査してみた
当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です