コスパ最強の光回線はどれ?人気な光回線を安い価格で契約する方法

光回線 安い

自宅やオフィスの光回線をできるだけ安くで契約したい。

でもやっぱり月に5000円くらいかかるのが一般的なのではないか?

そう思っている人でも安い価格で光回線を契約することが可能です。

今回は安い光回線を契約する上での注意点やデメリット等、様々な視点から見て徹底的に解説していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • 光回線はスマホとのセット割を使うことで安くなる
  • 光回線の月額料金で判断して安い価格に抑える
  • キャッシュバック金額が高いところを契約する
  • 優良なページで契約することが一番大切

【結果】光回線を安い価格で抑える方法

光回線は様々なオプションやプランが複雑になっていることも珍しくありません。

そのため、どの光回線を選んでいいのかわからない人も多くいます。

当サイトでは光回線のことを詳しく解説していますが、一番光回線を安い価格で抑えるにはスマホとセットで申し込むかキャッシュバックの高いページで申し込むことが重要です。

光回線 安い

当サイトでキャッシュバックの金額が最大で尚且つ口コミの良い光回線を厳選しましたので、是非参考にしていただければと思います。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

光回線を自宅に引いていない場合、大手キャリアなどから提案を受けるケースがありますが、店舗とWebではキャッシュバックの金額が数万円変わることも実際にあるので、Webからの申し込みをおすすめします。

光回線を安い料金で契約する方法

光回線を安い料金で契約する方法

光回線を安い料金で契約するためにはどうすればいいのか?徹底的に下記で比較しています。

スマホと光回線のセットで契約する

一番光回線の金額を下げる方法で有力な方法はスマホとのセット割を活用することです。

大手キャリア(au、docomo、Softbank)のいずれかに加入している場合、それぞれのスマホのキャリアとのセット割が適応できます。

およそ月額1,000円程度の割引になり、同じ世帯に住んでいる人が同じキャリアを使っている場合にはその人のスマホ代も安くなります。

例えば、4人家族で4人ともauを使っていて、auのセット割が効く光回線を契約した場合には1人当たり1,000円安くなりますので、トータルで4,000円安くなることになります。

注意が必要なのは光回線の料金から値引きされるわけではなく、スマホの料金から割引されます。

どちらにせよ1台当たり1,000円安くはなるのでお得に光回線を契約できます。

人気でスマホ割のある光回線を数社まとめました。

光回線 キャリア
NURO光 Softbank
So-net光プラス au
auひかり au
ソフトバンク光 Softbank
ドコモ光 docomo

人気のある光回線はスマホとのセット割が適応できるようになっており、安くで使えるように工夫されています。

光回線のサービスを公開している会社は現在100社以上とも言われていますが、セット割がない光回線も多くあり、通信速度やサービス内容もバラバラです。

上記の人気のある光回線から選ぶことで失敗することはありませんので抑えておくと便利です。

光回線を契約したときにキャッシュバックが多いものを契約する

光回線はキャッシュバックに力を入れている会社が多く、キャッシュバックが多ければ多いほど光回線の金額は実質安くできます。

基本的にこのキャッシュバックは代理店を通すことで価格が変わります。

代理店も様々で中には悪質な代理店も存在するので、当サイトでは優良なページのみを公開しています。

優良なページとはキャッシュバックの金額が高く、受取条件も厳しくなくてさらに受取までの時間が短い代理店を指します。

優良なページのキャッシュバックをそれぞれまとめてみました。

光回線 申し込みページ CB金額 CB条件 CB受取時期 備考
NURO光 公式 45,000
アウンカンパニー 30,000 電話申込で+5,000
スローダイニング 42,000 電話申込で+13,000
Life Bank 3,000 電話申込+紹介必須で120,000まで可
auひかり 公式
NNコミュニケーションズ 45,000 電話申込で+7,000
NEXT 45,000 電話申込で+7,000
GMOとくとくBB 51,000 電話申込で+10,000
So-net光プラス 公式
ネットモバイル 30,000 公式より月額料金+1,500増
ソフトバンク光 公式 24,000
アウンカンパニー 33,000
NEXT 33,000
SRORY 30,000
ドコモ光 公式
DTI 10,000
wiz 6,000 オプションで+15,000まで可
GMOとくとくBB 5,500 オプションで+20,000まで可

比較のために代理店ページも同時に記載しましたが、ひかり電話の申込が必要だったり、友人を紹介してその友人が契約したらキャッシュバックといった、厳しい条件を提示してくる代理店もあるので注意が必要です。

月額料金が安い光回線を選ぶ

光回線を安い価格で使うには月額料金を抑えることも大切です。

人気が高く有名な光回線でも安い価格で使える光回線はたくさんあります。

戸建てタイプとマンションタイプで光回線の契約形態は分かれていますが、基本的にマンションタイプの方が安く契約できることが多いです。

マンションタイプはどの光回線を選ぶかによって金額結構開きが出てきます。

戸建てタイプの場合はそこまで金額は変わらず、月額5,000円程度が相場です。

光回線 戸建てタイプ マンションタイプ
NURO光 4,743円 1,900~2,500円
So-net光プラス 3,980円 2,980円
auひかり 5,100円 4,050円~
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,000円~ 3,800円~

月額料金に割と開きがありますがキャッシュバックがない光回線もあるので、うまく調整されているようです。

戸建てタイプではSo-net光プラスが一番安い価格です。

マンションタイプはNURO光となっていますが、1,900~2,500円と若干月額料金に開きがあります。

これは同じマンションにNURO光を使う人がどのくらいいるのかで料金が変わる仕組みを採用しています。

光回線を安い料金で契約する方法

6人以下の場合は2,500円で1人増えるごとに100円ずつ安くなっていきます。

10人以上いる場合には1,900円で固定です。

また、同じマンションのNURO光を契約している人の合計が8人で、そのうちの1人が解約した場合、解約前までは2,300円だった料金が1人解約したことによって2,400円に上がることになります。

光回線 最安光回線で最安なのはどれ?通信速度が速く人気な光回線を最安で使う方法

光回線を安い価格で抑える際の注意点

光回線を安い価格で抑える際の注意点

光回線の価格を抑えようとして、逆に高くなってしまうケースは実は少なくありません。

注意点を見てしっかり光回線にかかるコストを抑えていきましょう。

マンションタイプは対応していない光回線が意外と多い

上記でNURO光のマンションタイプの料金がかなり安いことに触れましたが、そもそもNURO光は光回線の中では新しい光回線であり、まだ対応していないマンションも多いことが現状です。

そのため、せっかくNURO光の対応エリアだったとしてもマンションが対応していない場合には入れることができません。

NURO光に限った話ではなく、NTT回線のようにたくさんの会社がNTT回線を利用してサービスを提供するスタイルでない場合、同様の事例は頻繁に発生します。

特に古い型のマンションは対応していないケースが多く、比較的新しいマンションで対応が進んでいることが多いです。

お住まいのマンションが対応しているかどうか、一度検討している光回線のページで確認されることをおすすめします。

マンションタイプでは通信速度が遅くなってしまう可能性がある

マンションタイプにすることで光回線の価格は安くなる傾向にあるとお話しましたが、マンションタイプは同じマンションから1本のケーブルで電柱から光回線を引いて、多数の世帯の人とそのケーブルを共有して使うことになります。

そのため、他の世帯の人と使用する時間帯が被ってしまったりするとどうしても通信速度に影響が出てきてしまうケースが多くあります。

安い光回線を契約することは確かに良いことではありますが、このようなデメリットが存在することを把握しておく必要があります。

マンションタイプだとしても戸建てプランで契約できる光回線もありますし、キャッシュバックの金額もマンションよりも戸建ての場合が大きいことが多いので、一概に戸建てタイプを選んだからと言って極端にコストが高くなるわけではありません。

その場合にはマンションに住んでいても戸建てタイプの契約ができ、さらに戸建てでも月額料金が安い光回線を選ぶことをおすすめします。

無駄なオプションを付けない

光回線を安くするためにキャッシュバックを用いる方法を上記で記載しましたが、中にはキャッシュバックの受け取りにオプション加入が必要となるケースがあります。

よくある事例としては、キャッシュバックを受け取るためにひかり電話(月額500円)を申し込んだが、実際にはひかり電話は一切使わず無駄になってしまった。

月額500円ですから年間で6,000円の出費となるわけですが、その光回線を何年使うのかわかりませんし、キャッシュバックの条件には契約を○○年継続することというのが付け加えられていることが多いので、すぐに解約することもできません。

月額たったの500円ですが、塵も積もれば山となるで数年間契約を続けていくと実際にはマイナスになることが多いです。

当サイトではネットのみの契約で、何もオプション加入が必要ではないページを紹介していますが、実際にはオプション加入が必要なページの方が多いことも知っておくべきです。

営業の人から買わない

よくスマホを更新したり契約したりするために携帯ショップに行くと一緒に光回線の契約を勧められるケースがあります。

確かにセット割を行いやすい点ではメリットかもしれませんが、ネットで契約するよりもマイナスになることが多いです。

これはネットで契約するのと人件費を割いて人が営業するのではかかるコストに差があるからです。

基本的に光回線が代理店や携帯ショップに契約の際に出している単価はどこも上限があります。

ネットで契約しようが営業の人から契約しようが、その契約先の人が受け取る報酬額は一定です。

そのため、営業のために人件費を割いてしまうとその分の負担はユーザーにのしかかってきてしまいます。

簡単に言えばキャッシュバック金額に影響が出たり、条件が厳しくなってしまったりするケースが多くなってしまうということです。

ネットで契約すると、ページを用意しておくだけでユーザーが契約してくれます。

つまり、それだけ余計なコストをカットできて、その分ユーザーに還元することができます。

他にも電話での営業や家電を購入した際のセット営業なんかもあります。

営業の人から契約すると得なような気もしますが、よく考えて調べた上で契約に踏み切りましょう。

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

優良な光回線のページを当サイトで調べてまとめました。

調べてみるとわかりますが、悪質なサイトは本当に悪質で1円でも多くユーザーからお金を取ろうとしてきます。

悲しいことに優良なサイトは数えきれるくらいしかありませんでしたが、光回線の契約で失敗しないためにしっかり調査してまとめ上げましたのでご安心ください。

NURO光:戸建て・マンション共に安くキャッシュバック金額が高い

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

NURO光は最近有名になってきた光回線です。

2013年からサービスが開始された比較的新しい光回線なので、キャッシュバックを多めに還元しています。

NURO光の場合は公式サイトが一番多くキャッシュバックを受け取れるので、公式サイトから契約しましょう。

戸建ての場合はネットのみの契約で45,000円のキャッシュバックを受け取れます。

マンションの場合もネットのみで25,000円のキャッシュバックがあります。

月額料金でも安い価格の光回線なので、当サイトでは一番推していますが、対応エリアがまだまだ狭いことがデメリットとして挙げられます。

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

徐々にエリアを広げているので、あなたの地域が対応になるのも時間の問題かもしれません。

この光回線の最大の魅力は安さの他に通信速度の速さにあります。

下り2Gbpsという驚異の通信速度を持っており、この数値は一般的な光回線の2倍に相当します。

金額も他の光回線に比べて安いですし、通信速度も速いのであれば言うことはありません。

オンラインゲームをプレイする人やIT系の職業についている人などから多くの支持を得ています。

月額料金(マンション) 1,900円~
月額料金(戸建て) 4,743円
通信速度 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 40,000円(30ヶ月の分割にてご請求します)
契約手数料 3,000円(ご利用開始月にご請求します)
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大45,000円
工事立ち合い 必須

また、NURO光はSoftbankの端末を持っている場合、セット割で毎月最大1000円割引が適応されるのでSoftbankユーザーにはさらにおすすめできます。

NURO光の評判

ここまでコスパが最強な光回線は他にはないと思っています。

口コミを見ても通信速度は爆速です。

NURO対応エリアならば、NURO光を選択しておいて損になることはないでしょう。

NURO光公式ページ

https://nuro-ac.jp/

auひかり:キャッシュバックの金額が半端なく大きい


光回線をできるだけ安くで契約できるページ

キャッシュバックを多く受け取りたいのであればこのauひかり。

月額料金は平均的なこのauひかりですが、キャッシュバックにとても力を入れています。

NNコミュニケーションズとNEXTという代理店が良く、ネットのみで45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

さらに、代理店を通すとauひかりに乗り換える際に前の光回線の解約金を55,000円まで負担してくれます。

この代理店の金額は公式のauひかりよりも多い金額で、公式が30,000円なのに対し、25,000円も上乗せされています。

NNコミュニケーションズはKDDIから9年連続で表彰を受けている優良な代理店であり、とても信用できます。

乗り換えで違約金が55,000円以上かかる場合だと、最大で107,000円のキャッシュバックになります。

月額料金が少し高くともトータルでみたら相当安い光回線になるのでおすすめです。

特に今まで使っていた光回線の違約金が多額になる方にはうってつけの光回線でしょう。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,100円(1年目)
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 無料
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大107,000円
工事立ち合い 必須

auのスマホを持っている方はセット割が適応され、auのスマホから1,000円の割引を受けることができます。

auひかりの評判

auひかりの通信速度も速いとの口コミが多かった印象です。

料金も安く、auの端末を持っていれば端末代割引が適応されますので、さらに安くで契約ができます。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス:月額料金がかなり安い

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

月額料金を抑えて光回線を安くしたい方にはSo-net光プラスがおすすめです。

マンションで2,980円、戸建てでも3,980円という破格な料金形態を実現しています。

さらにSo-net光プラスを運営しているSo-netのプロバイダも付属しているので、月額料金はこれのみになります。

このSo-net光プラスにはキャッシュバックがないので、その分が月額料金に反映されているのだと思います。

つまり、継続して使う場合にはとても安い光回線になります。

キャッシュバックはあくまで一時的なバックなので、月額料金が高い光回線はそれなりの期間で解約しなければトータルコストは高くなってしまいます。

長期で契約を考えているのであれば月額料金の安い光回線を契約すると効果的です。

So-net光プラスはその条件を満たしている光回線と言えるでしょう。

NTT回線なので基本的に日本全国に対応しており、通信速度も速いです。

月額料金(マンション) 2,980円
月額料金(戸建て) 3,980円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 500円×48カ月(合計24,000円)
契約手数料 3,000円
契約期間 3年間の継続契約
契約解除料 20,000円
キャッシュバック
工事立ち合い 必須

月額料金から工事費は分割で支払うことになりますが、工事費用も込みでこの月額料金です。

公式ページから契約するのであれば相当安いですよね。

フレッツ光の回線ですが、auスマートバリューが受けられるので、最大1,000円のスマホ代の割引があります。

So-net光プラスの評判

流石のNTT回線であるフレッツ光を引いているだけのことはあり、通信速度の口コミは半端ないですね。

プロバイダ経由で契約することで高パフォーマンスな光回線を最安で手に入れることができるので、筆者からもおすすめできる光回線になります。

So-net光プラス公式ページ

https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光:NURO光エリア外でSoftbankとのセット割を使いたい方におすすめ

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

NURO光の対応エリア外でスマホセット割を使うのであればSoftbank光がおすすめです。

月額料金はそこまで安くはありませんが、セット割を使うのであればそこそこの安さになります。

キャッシュバックは新規キャッシュバックが代理店を通すことで公式サイトで20,000円だったものが33,000円になります。

通信速度も速く、Softbankスマホユーザーであれば月額1,000円、端末代金割引が適応されます。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,200円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 乗り換えで申し込み・引っ越しで申し込みの場合無料
工事必須の場合:24,000円
工事不要の場合:2,000円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円(2年プランの場合)
キャッシュバック 最大33,000円
工事立ち合い 必須

フレッツ光からの乗り換えなら転用という形で扱われますので、工事が不要になります。

Softbank光の評判

Softbankでも通信速度が速いとの口コミがありました。

キャッシュバックもしっかり受け取れるので安心できますね。

ソフトバンク光優良代理店ページ

https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光:docomoスマホを使っているならばこれ一択

光回線をできるだけ安くで契約できるページ

docomoスマホとのセット割はドコモ光以外にはありません。

NTT回線を使用しており、全国的に対応している光回線です。

毎月100~3,500円のセット割があり、適応させることでスマホ代が3,500円安くなります。

契約する代理店ページですが、ひかり電話やテレビ等のオプションを付けるのであれば、GMOとくとくBBやwizと言った代理店を使うのもありですが、キャッシュバックを最大金額もらうには様々なオプションへの加入が必要なので、ドコモ光の場合はキャッシュバック金額はそれほど見込めない印象です。

ネットのみの場合は唯一DTIのみが20,000円になり、他のページでは数千円程度でした。

月額料金(マンション) 4,000円
月額料金(戸建て) 5,200円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用(マンション) 15,000円
工事費用(戸建て) 18,000円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料(マンション) 8,000円
契約解除料(戸建て) 13,000円
キャッシュバック(代理店経由) 最大20,000円
工事立ち合い 必須

工事費用は一括払いの他に、分割払いが12回~60回の間で自分で設定できます。

ドコモ光の特徴として、戸建てとマンションでは若干価格帯が違うことが挙げられます。

ドコモ光の評判

口コミを見てもドコモ光も結構速いと評判でした。

コスパ最強の光回線はどれ?人気な光回線を安い価格で契約する方法まとめ

今回はできるだけ安い光回線を契約する方法について解説していきました。

月額料金やキャッシュバックで判断すると光回線は安い金額で契約することができます。

今回は安い光回線の中でも人気が高く、通信速度も速い光回線を紹介しています。

スマホとのセット割を使っても実質的に安くできるので、家計にも優しくてうまく使っていくとお得に契約ができます。

自分に合った光回線を選らんでコストダウンを図りましょう。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です