ドコモ光の解約は超簡単!違約金を0円にする方法も徹底解説

ドコモ光を解約したいが解約の方法がわからない。

ドコモ光の解約金っていくらかかるの?

今回はそんな疑問を持っている方にドコモ光の解約の解説をします。

ドコモ光の解約金をタダにする方法も解説していますので、是非最後まで読んでお得に解約をしてみてください。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • ドコモ光は電話かドコモショップで解約する
  • ドコモ光を解約すると多額の解約金を請求される場合がある
  • ドコモ光の解約金は乗り換える光回線次第で無料にすることができる
  • プロバイダの解約忘れに注意

\ドコモ光の解約金をタダにする!

ソフトバンク光はこちら

ドコモ光解約の手順と必要なもの

ドコモ光解約の手順と必要なもの

ドコモ光の解約の手順を紹介します。

手順は「必要な情報を用意する」「解約の手続きをする」「撤去工事と機器の返却」という3つの手順になります。

それでは詳しく見ていきましょう。

手順① 必要な情報を用意する

まずはドコモ光を解約するために必要な情報を用意します。

ドコモの携帯を利用している方であれば、ネットワーク暗証番号がわかる状態にしておきましょう。

ネットワーク暗証番号とは、ドコモの契約をするときに決めた4桁の数字のことです。

生年月日など、他人にバレてしまいやすい数字は指定できないようになっています。

ご自身で設定した番号を思い出しておきましょう。

ネットワーク暗証番号はドコモショップに行ったり、ドコモのインフォメーションセンターに問い合わせたりすると聞かれる暗証番号なので、忘れにくい数字で設定している方が多いです。

ドコモの携帯を持っていないという方は、ドコモ光を契約した時の契約ID(お客様ID)を準備しましょう。

契約IDと言われても、それって何ですか?という人がほとんどだと思います。

契約IDは普段使うことがないので、覚えている人は少ないのです。

契約IDはドコモ光を契約した時の書類に記載されているので、契約IDがわからない方はドコモ光を契約した時の書類を探してみましょう。

解約に必要な情報はネットワーク暗証番号や契約IDなので、運転免許証などの本人確認書類は不要で解約できます。

「必要な情報が無い!わからない!」という場合は、必要な情報がわからないということをオペレーターの方に相談して、どうしたらいいか解決策を提案してもらいましょう。

手順② 解約の手続きをする

手順①で必要な情報を用意した状態で解約の手続きを行います。

ドコモ光には解約の方法が2つあります。

1つは「ドコモ インフォメーションセンター」に電話をかけて解約するという方法です。

ドコモの携帯電話から電話をかけるのであれば「151」の番号に電話をしましょう。

ドコモ以外の電話の場合「0120-800-000」へ電話をかけましょう。

営業時間は9時~20時までで、年中無休で営業しています。

分かりやすいようにドコモ インフォメーションセンターの電話番号を表にして紹介しておきますね。

問合せ先
ドコモの携帯電話から 151
ドコモ以外の電話から 0120-800-000
受付時間 9時~20時(年中無休)

もう1つの解約方法はドコモショップに行き、店頭で解約するという方法です。

電話での解約に不安がある方や、対面で手続きしたいという方はドコモショップで解約の手続きを行いましょう。

ドコモショップに足を運んだ結果、必要な情報がわからないということで解約できないと大変なので、念のためドコモ光を契約した時に届いた書類をもってドコモショップに行くことをおすすめします。

解約というシンプルな手続きなので、電話で解約できそうであれば電話で解約し、電話ではよく分からなかった時に初めてショップを利用するっという優先順位で解約について考えると良いかと思います。

ドコモ光の解約のタイミングは即日解約が可能です。

急いで解約したいという方には非常に嬉しいことです。

さらに、月末に解約したいけれど、解約の連絡が月初にしかできないなど、即日解約では都合が悪いという方は、解約日を予約する形での解約もできます。

解約手続きをした日から翌月の末日までで解約の予約ができるので、希望の解約日を指定しましょう。

どうしても急いで解約しないといけない理由が無ければ、月末の解約がおすすめですよ。

手順③ 撤去工事と機器の返却

ドコモ光を解約する際、光回線の撤去工事やレンタル機器の返却は必要になるのでしょうか?

出来れば光回線の撤去工事やレンタル機器の返却は無い方が嬉しいんですが…。

残念ながら、ドコモ光を解約すると、光ケーブルを撤去する工事もレンタル機器の返却も必要になります。

ただし、光ケーブルの撤去工事は、撤去が必要であれば行う工事なので、必ず必要な工事というわけではありません。

例えばマンションで契約していた場合、マンションの管理者が撤去して欲しいということであれば撤去の必要が出てきますが、撤去しなくていいといいうケースも多いので、マンションの管理者によって撤去工事の有無が変わります。

ただ、マンションでの契約でファミリータイプを契約している際は、多くの場合撤去工事が必要になります。

撤去工事が必要であれば立ち合いが必要になるケースもあるので、マンション契約でファミリーワイプの方は注意しましょう。

レンタル機器の返却については、NTTから機器を返却するための返却キットが届くので、モデムやルーターなどの利用していた機器を入れて返却しましょう。

何を返却したらいいのか不安に思うかもしれませんが、返却する機器は返却キットに書いてあるので、記載されている内容にそって返却を行いましょう。

基本的にはモデムやルーター、そしてそれぞれのACアダプタなどを返却することになります。

返却しないと賠償金が請求されてしまうので、必ず返却するようにしましょう。

返却なんて面倒なのでは?と思うかもしれませんが、コンビニや郵便局に返却キットを持っていき、郵送してもらえば返却完了です。

簡単なことなので、面倒がらずに返却しましょう。

ドコモ光の解約にかかる際の料金4つ

ドコモ光の解約にかかる際の料金4つ

ドコモ光を解約する際に必要になる料金にはどのようなものがあるのでしょうか?

解約してみたものの、あとになって必要な料金が出てくると残念な気持ちになってしまうので、あらかじめ必要な料金は把握しておきたいところです。

この項目では、ドコモ光の解約時に発生する料金として「違約金解除費用」「分割工事費の残高」「解約月の月額料金」「レンタル機器を返却しなかった場合の違約金」という4つの料金について解説していきます。

それでは詳しく見ていきましょう。

違約金解除費用

「定期契約あり」でドコモ光を契約している場合、解約期間内に解約をすると解約金がかかります。

解約金は戸建てプラン/ドコモ光ミニの場合13,000円が発生し、マンションプランの場合は8,000円が必要になります。

戸建て、マンション共に1万円前後の解約金が発生することになりますが、解約金が必ず発生するのかというと、そうではありません。

更新月に解約することで、この解約金は免除されます。

ドコモ光の更新月は契約満了の当月(24ヶ月目)~翌々月(26ヶ月目)の間です。

更新月の期間の間であれば解約金が発生しないので、解約する時はこの更新月の間で解約しましょう。

「自分は定期契約ありで契約しているのかな?」と疑問に思う方もいると思います。

「定期契約あり」で契約することで月額が1,000円ほど割り引かれるので、ほとんどの場合「定期契約あり」で契約しているかと思います。

ドコモ光の解約にかかる際の料金4つ

そのため、覚えていなくても定期契約で契約している可能性が高いので、定期契約をしている前提で解約について考えたほうが無難です。

もしも定期契約になっていない方は、解約金のことは気にぜずに解約しましょう。

分割工事費の残債

みなさんはドコモ光の工事費を一括で支払っていますか?それとも分割で支払っていますか?

ドコモ光を解約する場合、分割払いになっている開通工事費にも注意が必要です。

契約するときに工事費を12回払い~60回払いの分割払いにしている方は多いです。

工事費を一括払いで支払っていると19,800円(税込)の支払いになるので、なかなか一括払いを行っている人は少ないようです。

そのため、多くの方は分割払いで、とくに次月の負担額が少なくなる60回の分割払いで工事費を支払っているケースが多いので、解約の際には分割工事費の残りがあるのかないのかも確認しましょう。

ドコモ光の解約にかかる際の料金4つ

※250円~はマンションタイプの方の場合です。戸建ての方は330円~となります※

ただ、解約するころには工事費を分割にしていることを忘れている方も多いので、解約のタイミングによっては分割工事費があることに驚く人も多いでしょう。

分割工事費の残債がある場合、残債を一括で支払うことになるので注意しましょう。

余談ですが、解約のタイミングに関わらず、最終的に工事費は全て支払うことになるので、残債を一括で払うことになっても損するわけではありませんからご安心ください。

解約月の月額料金

ドコモ光を解約する月の料金は日割りになるのでしょうか?

月の途中で解約する際は、できれば日割りにして欲しいという声は非常に多いです。

ドコモ光は、解約した月の料金は日割り計算されずに全額請求されます。

そのため、解約の日にちに関係なく1ヶ月分の月額を支払うことになります。

月の初めや中盤に解約してしまうと、なんだか損した気分になってしまいそうです。

ということは、できるだけ月末に解約した方がお得ということになります。

解約の手続きをした日が月の後半であったり、すぐに解約したい事情があればそのまま解約でも良いです。

ただし、急いで解約したい理由が無い時や、解約の手続きを月初に行う時などは、月末に解約できるように予約することをおすすめします。

解約の予約ができないサービスもある中で、解約の予約ができるのはとても嬉しいポイントです。

せっかくなので解約の予約を利用して解約することをおすすめします。

レンタル機器を返却しなかった場合の違約金

ドコモ光からレンタルしている機器は返却する必要があるのでしょうか?

答えとしては、レンタル機器は返却しなければいけません。

ドコモ光のレンタル機器を返却し忘れてしまうと、電話や督促状によって返却するようにと連絡が来ます。

ドコモ光の解約にかかる際の料金4つ

返却の連絡を無視していると、返却の意思がない、未返却だと判断されてしまい、レンタル機器の賠償金が発生します。

機器を返却しないならお金を支払ってくださいということです。

賠償金は「機器相当額のお支払い」と明記されているので、返却しなかったレンタル機器によって金額が変わります。

高額な賠償金を請求されないためにも、レンタル機器は必ず返却するようにしましょう。

ドコモ光の解約金を負担してくれるおすすめの光回線

ドコモ光の解約金を負担してくれるおすすめの光回線

光回線によってはドコモ光を解約した際に出る解約金を負担してくれるところがあります。

これから光回線をどれにするか迷っている場合は以下から選ぶとお得です。

ソフトバンク光:解約金の負担が最大10万円で光コラボ事業者

ドコモ光の解約金を負担してくれるおすすめの光回線

ソフトバンク光はドコモ光の解約金を最大10万円まで負担してくれるとても優秀な光回線です。

ドコモ光の解約金は10万円を超えることは滅多にありませんので、実質全額負担ということになります。

また、ソフトバンク光はドコモ光と同じく光コラボ事業者なので、ソフトバンク光に乗り換えた際の工事費が無料になる可能性もあります。

工事費はお住まいの建物によって異なるので、一度確認されることをおすすめします。

ソフトバンク光の公式ページで契約すると新規申込のキャッシュバックが20,000円までしか出ませんが、代理店ページを通すことで33,000円のキャッシュバックが解約金負担にプラスしてもらうことができますので、新規申込のみでも十分にメリットとなります。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,200円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 乗り換えで申し込み・引っ越しで申し込みの場合無料
工事必須の場合:24,000円
工事不要の場合:2,000円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円(2年プランの場合)
キャッシュバック 最大33,000円
工事立ち合い 必須

Softbank光の評判

ソフトバンク光でも通信速度が速いとの口コミがありました。

キャッシュバックもしっかり受け取れるので安心できますね。

ソフトバンク光優良代理店ページ

https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

NURO光:解約金の負担はないが独自回線で最も通信速度に期待ができる光回線

ドコモ光の解約金を負担してくれるおすすめの光回線

NURO光は今一番人気のある光回線です。

その理由は圧倒的な通信速度の速さにあります。

通常の光回線は最大通信速度が1Gbpsなのに対し、NURO光は下りの最大通信速度が2Gbpsと倍になっています。

また、ドコモ光の場合は光コラボで多数の人がNTT回線を使っており、通信速度が分散してしまうのに対しNURO光は独自回線です。

そのため、すぐに通信速度の速さを実感することができるでしょう。

NURO光はドコモ光の解約金負担はありませんが、新規申込のキャッシュバックが高額な光回線で、戸建ての場合45,000円、マンションで25,000円のキャッシュバックが受け取れます。

額料金でも安い価格の光回線なので、当サイトでは一番推していますが、対応エリアがまだまだ狭いことがデメリットとして挙げられます。

ドコモ光の解約金を負担してくれるおすすめの光回線

徐々にエリアを広げているので、あなたの地域が対応になるのも時間の問題かもしれません。

オンラインゲームをプレイする人やIT系の職業についている人などから多くの支持を得ています。

月額料金(マンション) 1,900円~
月額料金(戸建て) 4,743円
通信速度 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 40,000円(30ヶ月の分割にてご請求します)
契約手数料 3,000円(ご利用開始月にご請求します)
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大45,000円
工事立ち合い 必須

NURO光の評判

ここまでコスパが最強な光回線は他にはないと思っています。

口コミを見ても通信速度は爆速です。

NURO対応エリアならば、NURO光を選択しておいて損になることはないでしょう。

NURO光公式ページ

https://nuro-ac.jp/

auひかり:独自回線でドコモ光からの解約金負担もある


ドコモ光の解約金を負担してくれるおすすめの光回線

auひかりはNURO光と同じく独自回線で、最大通信速度が1Gbpsです。

ドコモ光と最大通信速度は同じですが、独自回線ということもあり実測値ではドコモ光よりも期待ができる光回線です。

また、ドコモ光の解約金を公式ページだと30,000円、優良代理店のNNコミュニケーションズだと55,000円まで負担してくれます。

さらに新規申込のキャッシュバックも40,000円~52,000円ついてくるので、最大107,000円キャッシュバックを受け取ることができます。

戸建てタイプは関西、東海エリア以外であれば対応していて、マンションは全国的に対応しています。

ただ、マンションによっては対応していないところもまだ多いので、以下のページから確認することをおすすめします。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,100円(1年目)
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 無料
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大107,000円
工事立ち合い 必須

auのスマホを持っている方はセット割が適応され、auのスマホから1,000円の割引を受けることができます。

auひかりの評判

auひかりの通信速度も速いとの口コミが多かった印象です。

料金も安く、auの端末を持っていれば端末代割引が適応されますので、さらに安くで契約ができます。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

ドコモ光解約に関するQ&A

ドコモ光解約に関するQ&A

ここからは、ドコモ光の解約に関するQ&Aを紹介していきます。

解約する際にありがちなトラブルについてや、解約月の調べ方、他にも解約したいのに解約の電話がつながらない時の対処方法について紹介していきます。

ドコモ光を解約する際にトラブルが起こるケースがある?

ドコモ光を解約する際に、トラブルが起こるケースがあるのでしょうか?

ドコモ光を解約する際にありがちなトラブルは、プロバイダの解約し忘れです。

ドコモ光にはプロバイダがセットになっているプラン「タイプA、タイプBなど)があり、一般的にはプロバイダがセットになっているプランを選ぶ人が多いです。

しかし、プロバイダを別で契約するプラン(単独タイプ)を契約している場合は、ドコモ光の解約と同時にプロバイダへの解約手続きも必要になります。

プロバイダと言えば、ぷららやニフティなどが有名です。

ドコモ光解約に関するQ&A

プロバイダの解約を忘れていると、毎月数百円ずつ謎の支払いがあるなんてことになってしまうので、単独タイプで契約している方は必ずプロバイダの解約手続きも行いましょう。

他にも、ドコモ光からの乗り換えで、乗り換え先に解約金を負担してもらうために、ドコモ光の解約証明書が必要になる場合があります。

解約証明書がないからということで、乗り換え先の特典が受けられなければ大きく損をしてしまうことになります。

そのため、ドコモ光を解約する際はドコモ光の解約証明書を取得しておきましょう。

他にも、ドコモ光を利用していた時のプロバイダのメールアドレスを使っていた場合、プロバイダを解約してしまうとそのアドレスが使えなくなってしまうというデメリットが発生します。

プロバイダのアドレスを継続して使いたいという方は、アドレスだけ残す方法があるのかをプロバイダに確認して、残せるようであればそのための手続きを行いましょう。

多くの場合、月々数百円程度を支払うことでアドレスを残せますよ。

ドコモ光の解約月はどうやって調べるのでしょうか?

ドコモ光の解約月を調べようと思った時に、解約月の調べ方がわからない人は多いです。

ドコモ光の解約月はMy docomoから確認できます。

ドコモ光解約に関するQ&A

解約月を確認する流れとしては、My docomoの「ご契約内容の確認・変更」を選択し、「ご契約内容ページの2」を選択すると「契約満了月」が表示されます。

ドコモ光の場合、契約満了月と翌月、さらに翌々月までが解約金が発生しないタイミングなので覚えておきましょう。

My docomoなど、Webの操作は苦手という方は、サポートセンターへ問い合わせる形で解約できる月を確認しましょう。

電話がつながるまでの待ち時間があったり、24時間対応ではないという点は不便ですが、オペレーターに聞けるという安心感は大きいです。

自分だけで操作するのは不安という方や、操作してみたもののよく分からなかったという方は、遠慮なくオペレーターの方にサポートしてもらいましょう。

問合せ先
ドコモの携帯電話から 151
ドコモ以外の電話から 0120-800-000
受付時間 9時~20時(年中無休)

ドコモ光を解約したいのですが電話がつながりません。対処法はありますか?

ドコモ光を解約するために電話をすると、なかなか電話がつながらないということがあります。

そんな時は、繋ごうとしている窓口と違う電話窓口にかけなおしてみましょう。

例えば音声ガイダンスに従って「解約」の手続きの窓口に電話をしていて繋がらない場合は、「その他」の手続きに関する問い合わせ窓口につないでみるという方法です。

電話をしていたタイミングで解約の窓口が込み合っていたという場合でも、その他の窓口はすいているというケースはあります。

逆に「その他」の窓口につなごうとしていて込み合っている場合は「解約」の窓口にかけてみるというのも一つの手です。

また、電話がどうしてもつながらないという場合は、メールやチャットを使って問い合わせるということも検討しましょう。

メールの場合、問い合わせをしてから回答をもらえるまでに数日かかることもありますが、繋がらない電話を待ち続けるよりはストレスにならないというメリットがあります。

ドコモ光では「おたすけロボット」というチャットを使っての問い合わせも利用できます。

ドコモ光解約に関するQ&A

「おたすけロボット」ではロボットが回答してくれるので、返ってくる答えはシンプルなものになりますが、気軽にサクッと問い合わせてみたいという時は活用しましょう。

他にも、LINEを使っている方であれば、LINEからの問い合わせも可能になっています。

ドコモ光解約に関するQ&A

LINEでの問い合わせの場合、個人情報が含まれるような内容には回答できないようですが、解約方法について知りたいなどのシンプルな内容であれば質問してみましょう。

ドコモ光の解約は超簡単!違約金を0円にする方法も徹底解説まとめ

今回はドコモ光の解約に関する解説になりました。

ドコモ光の解約に必要なものや手順、違約金をまとめました。

ドコモ光はドコモスマホを使う人にとっては、セット割もあるので良い光回線であると言えます。

しかし、それ以外の部分に不満がある場合には上記で解説した光回線を選んでみてもお得になります。

特に通信速度の速さに不満をもっている人は解約後の乗り換えを検討してもいいと思います。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です