知らないと数万円損する?auひかりに乗り換える際のサポートは?

auひかり 乗り換えサポート

今契約しているインターネット回線を解約してauひかりの乗り換えを検討している方。

auひかりには乗り換えサポートがあり、今契約しているインターネット回線の解約金をauひかりが負担してくれる制度です。

インターネット回線の解約金は数万円取られるケースも多く、新しく契約しようとしているauひかりが負担してくれるのであれば、この上なくありがたいですよね。

今回はauひかりに乗り換えるサポートについて徹底的に解説していきます。

公式ページよりも高額なキャッシュバックが受け取れる優良なページも紹介仕手いるので合わせてご覧ください。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • auひかりは他のインターネット回線からの乗り換えでキャッシュバックをしてくれる
  • 現在解約を考えているインターネット回線の解約金が発生しない場合には受け取れない
  • auひかりの乗り換えサポートには条件がある
  • 代理店によっては最大55,000円現在契約しているインターネット回線の解約金を負担してくれる
  • 一番優良な代理店はNNコミュニケーションズ
auひかりはキャッシュバックがかなり高額
  • auひかりは独自回線を使用しているため通信速度が期待できる!
  • キャッシュバックが他の光回線に比べてかなり高額!
  • 他社の光回線を解約したときの違約金も負担してくれる!
  • できるだけ高額ですぐにキャッシュバックを受け取れるページから契約しよう!

auひかり デメリット

\最大107,000円キャッシュバックを受け取る/

auひかりはこちら

auひかり乗り換えサポートの新スタートサポートとは?

auひかり乗り換えサポートの新スタートサポートとは?

auひかりを乗り換える際に新スタートサポートというものが受けられます。

これは他社の固定インターネットか他社モバイルデータ通信端末の解約金をauひかりを契約することで還元する仕組みで、乗り換えの際のみに発生するキャッシュバックです。

金額は最大で30,000円となっており、auひかりで使うプロバイダによって変動します。

また、新スタートサポートは戸建てで契約するかマンションで契約するかで金額や形態が変わってきます。

新スタートサポートを戸建てで適応させる場合

戸建ての還元額は以下のようになっています。

対象プロバイダ

au WALLET 残高へ
キャッシュバック(チャージ)
または郵便為替

合計

au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net

最大30,000円

最大30,000円

Asahi Net、DTI

最大15,000円

最大15,000円

※auひかりページ参照

例えば、フレッツ光を解約してその際の解約料が4万円、auひかりの乗り換え先のプロバイダがSo-netとした場合、そのうちの3万円をauひかりが乗り換えサポートでキャッシュバックしてくれるということです。

プロバイダがDTIだった場合は15,000円の負担となります。

auひかり公式ではこのくらいのキャッシュバック金額となっていますが、代理店を通すことでさらに乗り換えキャッシュバックが上乗せされたり、逆に乗り換え時のキャッシュバックがなかったりするところもあるので、注意して選んでください。

新スタートサポートをマンションで適応させる場合

マンションの還元額は以下のようになっています。

対象プロバイダ

au WALLET 残高へ
キャッシュバック(チャージ)
または郵便為替

月額利用料から
差し引いて還元

合計

au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net、Asahi Net、DTI

最大10,000円

最大20,000円
(1,000円/月×最大20カ月)

最大30,000円

※auひかりページ参照

戸建てと違うところはプロバイダで金額が変わることがなく、一律で最大30,000円となっています。

また、一括現金でキャッシュバックされる仕組みではなく、10,000円は戸建ての場合と同じくau WALLET残高か郵便為替で受け取ることができますが、残りの20,000円は月額料金から差し引いて還元されます。

金額的には戸建てと同じですが、月額料金から差し引かれるので最初に一括でもらえるわけではないということを理解しておく必要があります。

新スタートサポートで負担してくれる解約金の種類

解約金にもいろいろ種類があります。

具体的に現在契約している解約金のうち、どの費用をauひかりの乗り換えサポートで負担してくれるのか確認しましょう。

  • 他社の年間契約途中の解約料
  • 工事費用の残り費用
  • モバイルルーターの残り費用

以上が今回のauひかり乗り換えサポートで受ける解約料です。

今回のauひかり乗り換えサポート対象外となっている光回線もありますので以下から確認してください。

auひかり新スタートサポート対象外 事業者・サービス

新スタートサポートの還元時期と受け取り方法

auひかり公式の乗り換えサポート還元時期については以下のようになっています。

au WALLET 残高

申請受付から約1カ月後

郵便為替

申請受付から約1.5~2カ月後

※auひかりページ参照

いずれにしてもauひかりに乗り換えてから2か月以内には振り込まれます。

auひかりの乗り換えサポートを使う際の注意点

auひかりの乗り換えサポートを使う際の注意点

auひかりの乗り換えサポートを使うにはいくつか条件があります。

使う予定だったのに条件が合わずに使えないなんてことになれば、数万円損をしてしまうケースもあるので、よく確認しておいてください。

オプションの加入が必須

auひかりの公式ページを見ると以下のように記載があります。

「ずっとギガ得プラン(注4)」+「電話」+「電話オプションパックEX」に新規お申し込みかつ36カ月以上継続利用のお約束

上記は戸建てタイプの場合ですが、新スタートサポートの受け取り条件として、ひかり電話と電話のオプションの加入が必須条件となっています。

マンションの場合も同様のオプションの加入が必須です。

違うところはオプションの継続期間の部分で、戸建ては36か月以上、マンションは24か月以上の継続となっているところです。

固定電話を置かなくなった現代、ネットのみしか使わないという方も多いと思います。

仮にこの新スタートサポートを受けるとして、不要なひかり電話と電話オプションパックを契約した際のシミュレーションをしてみましょう。

不要なオプションを追加してお金を支払っても新スタートサポートを受ける必要があるのか、金額で照らし合わせていきましょう。

電話オプションパックEXは月額690円のサービスで、新スタートサポートを受けるにはこの加入が必要です。

auひかりの乗り換えサポートを使う際の注意点

戸建ての場合は36か月以上ですから36か月このオプションを付けたと仮定して計算します。

36か月×690円=24,840円

公式auひかりの新スタートサポートキャッシュバックが最大30,000円ですから、解約金が24,840円以下でおさまる場合には付けない方が良いでしょう。

また、マンションの場合は

24か月×690円=16,560円以下で解約金がおさまるなら付けない方が良いということがわかります。

ひかり電話は使わなければ課金されることはないので、これ以外の料金はかかりません。

電話オプションを付けることでマイナスばかりかと言われればそうではなく、auスマホがお得になる、auスマートバリューの対象になります。

auスマートバリューは世帯のau端末1台につき最大1,000円携帯代から割引される仕組みで、auの携帯を使っている家族ならだいぶお得になります。

ネットのみの契約だとこのauスマートバリューが使えないので、ひかり電話を使わないにしても、オプションだけ付けておくとお得です。

現在契約しているインターネット回線の解約金が発生しない場合には受け取れない

今回のauひかり乗り換えサポートでは、公式の場合は最大30,000円のキャッシュバックが受け取れますが、あくまで現在契約しているインターネット回線の解約金を負担するものです。

そのため、乗り換えたからと言って必ずもらえるものではありません。

現在契約しているインターネット回線の解約金が0円だった場合は、auひかりに乗り換える際には金銭面のサポートが不要なので、1円も新スタートサポートではキャッシュバックが受け取れませんので注意してください。

解約金がかかるかからないに関わらず、新規契約のキャッシュバックは受け取ることができます。

auひかりの乗り換えサポートを適応させる手順

auひかりの乗り換えサポートを適応させる手順

注意点やキャッシュバック金額が受け取れることを確認したら、実際に乗り換えサポートを受け取りましょう。

ここも間違えてしまうと取り返しの付かないことになりかねないので、間違わないように手順について解説します。

手順①代理店からauひかりを契約する

間違いのないように優良な代理店からauひかりを契約しましょう。

ここで公式のauひかりか適当な代理店を選択してしまうと、本来受け取れるキャッシュバックを受け取れないので、間違いのないように選択しましょう。

優良な代理店はこの記事の下、「auひかり公式の乗り換えサポートに上乗せして25,000円もらう方法」で解説しています。

auひかりにはたくさんの代理店があるので、惑わされないように注意しましょう。

手順②現在契約しているインターネット回線の解約金額を確認し解約する

現在契約しているインターネット回線の解約金額を確認して解約をしましょう。

解約の際にはどの項目に解約金がかかった等の記載がある明細が発行されますので、しっかり取っておくようにしましょう。

このとき、一時的に解約金を自分で負担する必要があります。

新スタートサポートのキャッシュバック受け取り期間は記載しましたが、最大でも受け取りまでに2か月はかかります。

手順③auひかりが開通したら新スタートサポートの申請する

auひかりから新スタートサポートの申し込み書が送られてきますので、必要な箇所を記入して解約明細書と共に返送しましょう。

このときにauスマートバリューの申し込みも一緒にできるので、au携帯を持っている場合には一緒に行いましょう。

持っていない場合には空欄で大丈夫です。

手順④KDDIに封書到着後、審査ののちに指定の方法でキャッシュバック

手順③で送った封書と元に、解約したインターネット回線の解約金はauひかりの対象内か否か、いくら負担するべきか等の審査が入ります。

申請書に不備がなければ正常通り審査が完了し、指定のキャッシュバック方法でキャッシュバックがもらえます。

auひかり【辛口】auひかりの口コミからわかった営業が絶対に言わない真実

auひかり公式の乗り換えサポートに上乗せして25,000円もらう方法

auひかり公式の乗り換えサポートに上乗せして25,000円もらう方法

現在契約している光回線の解約金が30,000円以上になることはそこまでないのですが、仮に超えてしまいそうな場合には代理店を通すことでこのauひかり公式の30,000円に上乗せして25,000円もらうことができます。

代理店を通すメリットは他にもあり、auひかり公式では新規契約のキャッシュバック条件として、電話オプションの加入が必須な場合でも、ネットのみでキャッシュバックを受け取ることができたり、公式よりもキャッシュバックの金額が高かったりとメリットが多いです。

また、この新規契約のキャッシュバックは今回紹介している新スタートサポートのキャッシュバックとは別扱いなので、併用ができます。

NNコミュニケーションズ

auひかり公式の乗り換えサポートに上乗せして25,000円もらう方法

新スタートサポートの金額が公式の30,000円に25,000円上乗せされる優良な代理店がこのNNコミュニケーションズ。

新スタートサポートのキャッシュバックとは別に新規契約のキャッシュバックも付いてきて、さらに金額も高いのでおすすめです。

auひかり正規代理店で、KDDIから9年連続で表彰されているKDDI公認なとても優良な代理店です。

こちらはネット+ひかり電話とネットのみの両方に対応しており、公式auひかりがネット+ひかり電話のみのキャンペーン内容に対してネットのみしか使わないユーザーにもおすすめできる代理店です。

CB金額+α CB受け取り期間
戸建てタイプ(ネット+ひかり電話) 52,000円 翌月末
戸建てタイプ(ネットのみ) 45,000円 翌月末
マンションタイプ(ネット+ひかり電話) 47,000円 翌月末
マンションタイプ(ネットのみ) 40,000円 翌月末

マンションタイプの場合は戸建てよりも5,000円金額が下がってしまいますが、それでも高額なのでとてもおすすめできます。

もちろん工事費が実質無料になるauひかり公式のキャンペーンも付属しています。

キャンペーンのもらい忘れの心配もなく、簡単な手続きなので100%のユーザーにお金を受け取ってもらっている実績まで付いています。

これが付くのは代理店としては相当すごいことなので、完璧な優良代理店でしょう。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

NEXT

auひかり公式の乗り換えサポートに上乗せして25,000円もらう方法

auひかり正規代理店のNEXT。

こちらもNNコミュニケーションズ同様のキャンペーン内容となっています。

NNコミュニケーションズと同様にKDDIからこちらも表彰を受けていますが、NNコミュニケーションズが9年連続なのに対し、こちらは5年連続です。

こちらも優良な代理店ということは間違いないのですが、特別な理由がない限りはNNコミュニケーションズでいいでしょう。

CB金額+α CB受け取り期間
戸建てタイプ(ネット+ひかり電話) 52,000円 翌月末
戸建てタイプ(ネットのみ) 45,000円 翌月末
マンションタイプ(ネット+ひかり電話) 47,000円 翌月末
マンションタイプ(ネットのみ) 40,000円 翌月末

キャンペーンの受け取りも翌月末にできるので、こちらももらい忘れはなさそうです。

知らないと数万円損する?auひかりに乗り換える際のサポートは?まとめ

今回はauひかりの乗り換えサポートについて解説していきました。

インターネット回線の解約金は数万円かかるケースもあり、その数万円を負担してくれるのはとてもメリットが大きいです。

光回線の中でも特にauひかりは乗り換えサポートが充実していて、解約にかかったお金をすべて負担してくれたりします。

優良な代理店を通すことで55,000円まで乗り換えをサポートしてくれますし、auひかりにすることで解約金の心配はしなくてもよさそうです。

通信速度も速いと有名で月額料金も安いので、auひかりは乗り換えサポート抜きでもおすすめな光回線となっています。

解約金が多くかかる予定の方、auひかりを検討してみてもいいかと思います。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です